{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201402208955136871   整理番号:14A1140276

細菌感染症に対する宿主応答に関する研究 -個体レベルの解析-

Host responses to bacterial infections
著者 (1件):
資料名:
巻: 69  号:ページ: 479-489 (J-STAGE)  発行年: 2014年
JST資料番号: F0920A  ISSN: 0021-4930  CODEN: NSKZA  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
病原性細菌と宿主防御機構は, 両者の攻防の中でお互いの進化を...
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
,...
準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
,...
   続きはJDreamIII(有料)にて  {{ this.onShowAbsJLink("テキストリンク | 文献 | JA | PC", "JDreamIII(抄録)", "http://jdream3.com/lp/jglobal/index.html?docNo=14A1140276&from=J-GLOBAL&jstjournalNo=F0920A") }}
分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
生体防御と免疫系一般  ,  感染症・寄生虫症一般 
引用文献 (70件):
  • 1) Asano, K., Kakizaki, I., Nakane, A. (2012): Interaction of Listeria monocytogenes autolysin amidase with glycosaminoglycans promotes listerial adhesion to mouse hepatocytes. Biochimie 94, 1291-1299.
  • 2) Asano, K., Sashinami, H., Osanai, A., Asano, Y., Nakane, A. (2011): Autolysin amidase of Listeria monocytogenes promotes efficient colonization of mouse hepatocytes and enhances host immune response. Int. J. Med. Microbiol. 301, 480-487.
  • 3) Buchmeier, N.A., Schreiber, R.D. (1985): Requirement of endogenous interferon-γ production for resolution of Listeria monocytogenes infection. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 82, 7404-7408.
  • 4) Chen, Y., Nakane, A., Minagawa, T. (1989): Recombinant murine gamma interferon induces enhanced resistance to Listeria monocytogenes infection in neonatal mice. Infect. Immun. 57, 2345-2349.
  • 5) Gresser, I., Tovey, M.G., Bandu, M.E., Maury, C., Brouty-Boyé, D. (1976): Role of interferon in the pathogenesis of virus disease in mice as demonstrated by the use of anti-interferon serum. I. Rapid evolution of encephalomyocarditis virus infection. J. Exp. Med. 144, 1305-1315.
もっと見る
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る