{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201402212085390600   整理番号:14A1234719

励起反応場を用いた多次元金属ナノ・マイクロ構造創成 単一粒子による励起反応場を利用したハイブリッドナノ材料の創成

著者 (2件):
資料名:
巻: 84  号: 11  ページ: 859-864  発行年: 2014年11月01日
JST資料番号: F0157A  ISSN: 0368-6337  CODEN: KNZKA  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
単一イオンにより付与されたエネルギー場を反応場として利用し,高分子の1次元ナノ構造体を作製する手法は,単一粒子ナノ加工法と呼ばれる。本稿では,単一粒子ナノ加工法に基づく,高分子と金属ナノ粒子からなるハイブリッド材料の作製手法について紹介した。具体的には,高分子と無機粒子前駆体(金属塩や金属アルコキシド)を溶解した溶液から作製した有機・無機複合薄膜に,単一粒子ナノ加工法を適用し,無機粒子を内包したハイブリッド材料を作製する手法と,単一粒子ナノ加工法により形成したナノワイヤーを,金属塩を含む溶液中に浸し,光,熱を加えて還元反応を誘起することで,ナノワイヤー表面に粒子を析出させてハイブリッド材料を作製する2種類手法を紹介した。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
固体デバイス製造技術一般 

前のページに戻る