{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201402231138910583   整理番号:14A1472846

ポリプロピレン/モンモリロナイト複合材料の力学特性に及ぼす炭酸カルシウム微粒子分散の影響

Effect of calcium carbonate particle dispersion on the mechanical properties of polypropylene/montmorillonite composites
著者 (4件):
資料名:
巻: 80  号: 819  ページ: SMM0311 (WEB ONLY)  発行年: 2014年
JST資料番号: U0182B  ISSN: 2187-9761  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ポリプロピレン(PP)系ナノコンポジットのナノ粒子の分散性および力学特性についてはすでに種々の報告があるが,溶融混練法で作製した試料についてはナノコンポジット特有の高機能性を発現したという報告はほとんどない。これは粒子のナノ分散を達成するために低分子量成分を添加していることが原因と考えられる。本研究ではPP/モンモリロナイト(MMT)複合材料のMMTの分散性および複合材料の引張特性および耐衝撃性に及ぼす炭酸カルシウム(CaCO3)粒子分散の影響について調べた。有機修飾したMMTとCaCO3を混合してPP中に分散させることで,従来のPP/MMTと同等の引張弾性率で,300%以上の破断伸びを有するPP系ナノコンポジットとなることが明らかとなった。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (4件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
ゴム・プラスチック材料  ,  材料試験  ,  機械的性質  ,  ポリオレフィン 

前のページに戻る