{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201402245514465724   整理番号:14A1214047

赤潮の被害低減に向けた観測システムにおける漂流ブイの適用とデータの可視化

DEVELOPMENT OF THE RED TIDE MONITORING SYSTEM USING DRIFTING BUOY AND WIRELESS NETWORKS
著者 (6件):
資料名:
巻: 70  号:ページ: I.564-I.569 (J-STAGE)  発行年: 2014年
JST資料番号: U0288A  ISSN: 2185-4688  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
瀬戸内海や九州を中心とした日本の沿岸海域において発生する赤潮は毎年甚大な被害をもたらしている.赤潮による被害を最小限に抑えるために,赤潮の分布や移動状況,海水温などのデータをモニタリングし,時々刻々と変化する赤潮を監視することが重要である.本研究では,赤潮による漁業被害を最小限に抑えるために,赤潮が発生した際にその位置や移動状況などをリアルタイムにモニタリングする赤潮観測システムを開発した.本システムは,無線ネットワークに接続した漂流ブイを赤潮と共に漂流させることで,漂流している位置,海水温,照度の各データをリアルタイムに取得する.本論では,漂流ブイによるモニタリングに対する漂流ブイの適用とシステムの概要,および観測データの可視化について述べる.さらに,赤潮が頻繁に発生する実際の海域においてシステムを使用した観測結果について述べる.(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
海洋物理学一般  ,  海洋汚濁 
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る