{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年04月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201402245569343911   整理番号:14A0161167

雑音環境における最適音量のモデル化を利用した音量可視化テレプレゼンスシステム

Volume Adaptation and Visualization by Modeling the Volume Level in Actual Noise Environment for Telepresence System
著者 (4件):
資料名:
巻: 113  号: 372(CNR2013 21-28)  ページ: 35-40  発行年: 2013年12月13日
JST資料番号: S0532B  ISSN: 0913-5685  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
雑音が大きくなると,話者の音量もそれに応じて大きくなるロンバート効果(Lombard effect)という現象が存在する,遠隔コミュニケーションでは,ロンバート効果により,遠隔地の相手話者に対して必要以上に大きな声で話してしまう問題がある。本稿では,実環境下での移動型のテレプレゼンスロボットを介した遠隔コミュニケーションでの操作者の音量を自動で調節する際に必要となるモデルの設計および,モデルを搭載した最適音量調整システムLOMBOTを開発した。実験の結果,遠隔地の騒音に対して音量が適切に調節されていることを確認した。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
ロボットの設計・製造・構造要素  ,  テレビジョン応用 
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る