{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201402249894202548   整理番号:14A1229521

コンカナバリンA内壁による蛋白質ナノチューブに負荷のサイズ依存デキストラン

Size-dependent dextran loading in protein nanotube with an interior wall of concanavalin A
著者 (5件):
資料名:
巻: 25  号: 11  ページ: 1247-1251  発行年: 2014年11月
JST資料番号: W0503A  ISSN: 1042-7147  CODEN: PADTE5  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
本稿は,レクチン内表面および水媒体中にてサイズ依存デキストラン負荷能力を持つ,蛋白質ナノチューブ(NT)の合成および構造について述べる。このNTは,最終層としてコンカナバリンA(ConA)を被覆の,トラックエッチングポリカルボナート(PC)膜(細孔径400nm)に,ポリ-L-アルギニン(PLA)とヒト血清アルブミン(HSA)を交互にLBL積層集合し,調製された。そのPCテンプレートの溶解は,(PLA/HSA)2PLA/ConAのNTを生成し,これは,外径419±14nmおよび壁厚50±7nmを有した。2-[4-(2-ヒドロキシエチル)-1-ピペラジニル]エタンスルホン酸(HEPES)緩衝溶液中にて,そのNTは,その細孔にフルオレセインイソチオシアナート(FITC)標識のデキストラン[分子量4kDa,FITC-Dex(4k)]を,効率的に捕獲した。その境界FITC-Dex(4kDa)/ConAの比率は,2.1(mol/mol)であると推定された。その壁上のConAの4つのグルコシル残結合サイトの内2つは,そのチューブの水性内相に,多分面しているであろう,そしてそれらは,FITC-Dex(4k)と結合することができる。そのデキストランの分子量が20kDaより大きい時,ひとつの手の上に,僅か半量のFITC-Dexが,そのチャネルに負荷される。小角X線散乱測定は,そのFITC-Dex(4k)の慣性半径(Rg)が,1.45nm(5.0mg/ml)であることを明らかにした。それは,ConAの各結合サイトが,独立して相互作用するのに十分に小さい。対照的に,FITC-Dex(20k)およびFITC-Dex(40k)は,それぞれ3.75nm(5.0mg/ml)および6.62nm(4.0mg/ml)であった。これらの大きなデキストランは,そのチューブ壁上にてConAと当量複合体を,多分形成するのであろう。Copyright 2014 Wiley Publishing Japan K.K. All Rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
医用素材  ,  高分子固体のその他の性質 

前のページに戻る