{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201402253988508419   整理番号:14A1384912

合成梁理論に基づいて決定した遮熱コーティングのYoung率の精度評価

Evaluation of the Accuracy of Young’s Moduli of Thermal Barrier Coatings Determined on the Basis of Composite Beam Theory
著者 (6件):
資料名:
巻: 23  号:ページ: 1291-1301  発行年: 2014年12月
JST資料番号: W0482A  ISSN: 1059-9630  CODEN: JTTEE5  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
遮熱コーティング(TBC)のYoung率はTBC系材料力学パラメータを算出するために必要とされる重要な機械的特性である。本研究では,合成梁理論を用いて計算したTBCのYoung率の精度を調べた。一般的に,Young率とTBCの厚さはいずれも基材のそれよりも約1桁小さい。従って,合成梁理論に基づいて計算したTBCのYoung率は実験誤差に非常に敏感である。合成梁法の精度を向上させるため,コーティングの歪み,基材の歪み又は撓みを用いた方法を比較した。実験誤差に対して低感度な方法を感度分析により決定した。また,低感度な方法の有効性を実験的に確認した。Copyright 2014 ASM International Translated from English into Japanese by JST.
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (3件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
金属材料へのセラミック被覆  ,  梁,桁  ,  内燃機関一般 
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る