{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201402260222334415   整理番号:14A1352842

コークス炉排煙装置の性能向上に関する研究

Performance improvement of the smoke ejector of a coke furnace
著者 (3件):
資料名:
号: 46  ページ: 9-14  発行年: 2014年03月28日
JST資料番号: S0861A  ISSN: 0286-6110  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
石川工業高等専門学校の機械実習工場(鍛造ショップ)の排煙装置は構造上多くの欠陥を抱えており,本来の排煙装置として十分な役目が果たされていない状況にあった。この問題を実験と解析の両面からアプローチし,性能向上と安全性確保を目指して,排煙装置の改善に取り組むことが本研究の目的である。まず,当初煙を全く吸い込むことができなかった装置の流路抵抗に着目し,エジェクタ構造を一から見直して,基本となる構造を試作した。次に,流れのシミュレーションを行い,吸込流をより多く発生させるとともに,混合流の温度も低減させる管路設計を行った。さらに,作業の障害となっていたフードについては,より小さくして高い位置に移動させることで,観察を容易にし,作業性を向上させた。併せて,管路への伝熱を抑制し,フードの断熱性も高めることで,配管やフードへの接触による火傷の危険性を低減させた。これら総合的な改善により,「機械実習工場内のコークス炉排煙装置の性能を向上し,問題点を改善して,学生が安全かつ快適に作業できる環境を整えることができた。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (3件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
各種コークス,コークス製造  ,  排ガス処理法  ,  建築環境一般 
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る