{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201402273517726123   整理番号:14A1309643

リスク情報処理過程における「情報ニーズ」の理論的基盤の構築

著者 (2件):
資料名:
巻: 43  号:ページ: 60-69  発行年: 2014年10月27日
JST資料番号: S0805A  ISSN: 0389-6633  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
本報告では,コミュニケーション論もしくは情報探索行動理論に基づく情報ニーズに関する既往研究をレビューすることにより,リスク情報処理過程における“情報ニーズ”の理論的基盤を構築することを目的とする。結果として,情報ニーズを,情報利用者が「問題解決を行うときの目的達成のために必要となる情報が不足している認知状態によるもの」と定義した。さらに,1)情報利用者は多段階の問題解決過程をとること,および2)情報利用者が十分であると認識した状態で目的が達成されることを組み入れた「情報ニーズを考慮した個人のリスク情報処理過程モデル」を提示した。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
情報工学一般 
引用文献 (30件):
もっと見る

前のページに戻る