{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201402287753000851   整理番号:14A0796848

材料戦略講座 先端機能性材料と光技術 XI.不均質ガラスによる光学応用の新展開~アクティブ光ファイバーと光学的ストイキオメトリー~

著者 (5件):
資料名:
巻: 49  号:ページ: 604-607  発行年: 2014年07月01日
JST資料番号: S0291A  ISSN: 0009-031X  CODEN: SERAA7  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ガラス光ファイバーは光信号を遠隔地に低損失で伝搬するパッシブ(受動)用途に用いられている。ところが光スイッチングや光変調のような信号制御も必要であるが,このようなアクティブ(能動)光波制御素子には結晶系材料が使われる。その接続部は数μm単位で位置制御が行われている。このような異種材料の接合を避けるために,著者らは「結晶系機能を有するガラスベース材料・素子の開発」を行ってきた。すなわち,ガラスでありながら結晶性を持たせる不均一性を持ち,かつアクティブ機能を持たせる概念を「光学的ストイキオメトリー」と呼んだ。中心部はガラス,その外側は配向した結晶化ガラス,さらにその外側はガラスの構造をしたアクティブ光ファイバー型素子の開発経緯を説明した。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
ガラスの製造 

前のページに戻る