{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201402293593609005   整理番号:14A0418644

瀬戸内地域のダイズ栽培における播種前の地下水位制御による雑草制御の検討

著者 (3件):
資料名:
号: 23  ページ: 3-8  発行年: 2013年09月30日
JST資料番号: S0040B  ISSN: 1347-6238  CODEN: KCSNAH  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
瀬戸内地域のダイズ栽培において,FOEASを利用して,ダイズ播種前に圃場の含水比を高めることで雑草の発生を促進し,播種時の除草剤の効果を高めることを検討した。2009年では播種前の地下水位処理期間中の降水量が平年比25%と少なかったため,播種前高水位制御区では無制御区,一定制御区に比べて,雑草の出芽深度の地表から5cm以内の土壌の含水比は高く,雑草の発生に促進が認められた。しかし,降水量が平年比94%の2011年や平年比152%の2012年では,降雨によって雑草の出芽深度の土壌の含水比は高く,処理間で含水比はほとんど変わらず,播種前の雑草の発生を促進することは難しかった。瀬戸内地域では麦作の有無に関わらず,ダイズ播種前においてFOEASによって雑草の発生を促進することは,降水量の極めて少ない年を除いては,困難と考えられる。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
豆類  ,  土壌物理 
引用文献 (11件):
もっと見る

前のページに戻る