{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201402299530430836   整理番号:14A0466928

膜透過性活性に対するセレコキシブ及びロフェコキシブの構造活性相関

Structure-activity relationship of celecoxib and rofecoxib for the membrane permeabilizing activity
著者 (9件):
資料名:
巻: 22  号:ページ: 2529-2534  発行年: 2014年04月15日
JST資料番号: W0556A  ISSN: 0968-0896  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
非ステロイド系消炎薬(NSAIDs)は,シクロオキシゲナーゼを阻害することによりそれらの抗炎症作用を達成する。著者らは既に,胃粘膜でのシクロオキシゲナーゼ阻害に加えて,NSAID誘導の胃粘膜細胞死はin vivoでNSAID誘導の胃損傷の形成を必要とすることを示唆した。著者らは,セレコキシブが試験したNSAIDs間で最も強力な膜透過性活性を発揮することを示した。一方,著者らはNSAIDのロフェコキシブが非常に弱い膜透過性活性をもつことを見出した。それらの構造活性相関に関してのコキシブ類の膜透過性活性を理解するために,著者らはセレコキシブ及びロフェコキシブの構造を3つの部分に分け,部分の各々の置換によりハイブリッド化合物を合成し,これらハイブリッドの膜透過性活性を調べた。結果は,セレコキシブのスルホンアミドフェニル部分群又はロフェコキシブのメタンスルホニルフェニル部分群が,それぞれそれらの強い又は弱い膜透過性活性に重要であることを示唆する。これらの所見は,より低い膜透過性活性をもつ新しいコキシブ類のデザイン及び合成のための重要な情報を提供する。Copyright 2014 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
消炎薬の基礎研究  ,  細胞膜の輸送 
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る