研究者
J-GLOBAL ID:201501000000397551   更新日: 2021年03月08日

菊地 映輝

Kikuchi Eiki
所属機関・部署:
職名: 研究員・講師
研究分野 (2件): 図書館情報学、人文社会情報学 ,  社会学
研究キーワード (9件): ファシリテーション ,  ポップカルチャー ,  コスプレ ,  コンテンツツーリズム ,  ソーシャルメディア ,  オタク ,  若者文化 ,  東京 ,  サブカルチャー
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2018 - 2018 自然災害の発生による政治・社会構造の変容に関する比較研究
  • 2017 - 2017 複眼的方法論からみる中国における権威主義体制の強靭性
論文 (5件):
  • 山口真一, 谷原吏, 大島英隆, 渡辺智暁, 菊地映輝, 庄司昌彦, 高口鉄平. 消費者による情報銀行への評価決定要因の実証分析. 情報通信政策研究. 2020. 4. 1. III-1-III-20
  • 菊地 映輝. コスプレと普段着を分けるコード. 現代風俗学研究. 2018. 18. 43-54
  • 志塚 昌紀, 菊地 映輝. 街回遊型コスプレイベント(街コス)が地域活性につながる要素~埼玉県宮代町の事例から~. イベント研究. 2018. 9. 68-75
  • 菊地 映輝, 志塚 昌紀. コンテンツツーリズムとしての「街コス」-「ラブコスみやしろ2016」を事例として-. コンテンツツーリズム学会論文集. 2017. 4. 24-34
  • 菊地 映輝. オタク化するお台場--文化装置の集積に注目して. 現代風俗学研究. 2015. 16. 96-107
MISC (4件):
  • 菊地映輝. 情報社会における観光は 「メタ観光」で捉えよう. GLOCOM OPINION PAPER. 2020. 33(20-004). 1-2
  • 菊地映輝. 渋谷ハロウィンへの批判を乗り越え 社会のアップデートの契機にしよう. GLOCOM OPINION PAPER. 2020. 30(20-001). 1-2
  • 菊地 映輝. コンテンツツーリズムの持続可能性を考える. 北海道自治体学会ニュースレター. 2017. No.81. 14-15
  • 山口真一, 渡辺智暁, 庄司昌彦, 菊地映輝, 赤坂良太. ネット上の情報共有・情報発信がもたらす経済効果. Innovation Nippon研究会報告書. 2016
書籍 (2件):
  • 地域は物語で「10倍」人が集まる--コンテンツツーリズム再発見
    生産性出版 2021
  • コンテンツツーリズム研究〔増補改訂版〕--アニメ・マンガ・ゲームと観光・文化・社会
    福村出版 2019 ISBN:9784571410628
講演・口頭発表等 (27件):
  • コンテンツツーリズムと歴史性~世界遺産でのコスプレイベントからの考察~
    (コンテンツ文化史学会2020年度第一回例会 「コンテンツツーリズムを時間と空間から考える」 2020)
  • メタ観光で都市を成長させる
    (GLOCOM六本木会議オンライン #9 2020)
  • 大学生によるソーシャルメディア分析と地域活性化の提案
    (2020PCカンファレンス 2020)
  • メタ観光はナイトタイムエコノミーを再興するか
    (GLOCOM六本木会議オンライン #4 2020)
  • フェイクニュース拡散行動の実証分析:日本におけるフェイクニュースの実態と有効な対策
    (2020年度春季(第42回)情報通信学会大会 2020)
もっと見る
Works (1件):
  • 神田明神資料館特別展示「起源探訪のインターレスト〜シュタインズ・ゲートと秋葉原の歴史展〜」
    菊地 映輝 2018 - 2018
学歴 (2件):
  • 2013 - 2017 慶應義塾大学大学院 後期博士課程
  • 2011 - 2013 慶應義塾大学大学院 修士課程
学位 (2件):
  • 修士(政策・メディア) (慶應義塾大学)
  • 博士(政策・メディア) (慶應義塾大学)
経歴 (16件):
  • 2020/11 - 現在 一般社団法人メタ観光推進機構 理事
  • 2020/09 - 現在 武蔵大学 社会学部 非常勤講師
  • 2020/03 - 現在 東京成徳大学 応用心理学部 健康・スポーツ心理学科 非常勤講師
  • 2019/12 - 現在 国際大学 グローバル・コミュニケーション・センター 研究員・講師
  • 2018/08 - 現在 株式会社Lab.808 代表取締役
全件表示
委員歴 (3件):
  • 2019/12 - 現在 国際公共経済学会 理事
  • 2018/06 - 現在 東京文化資源会議 広域秋葉原作戦会議プロジェクトマネージャー
  • 2017/06 - 現在 コンテンツツーリズム学会 理事
受賞 (4件):
  • 2016/03 - 国土交通省 『日本未来デザインコンテスト ~「対流促進型国土」の形成に向けて~』優秀作品賞
  • 2015/11 - G空間EXPO2015 Geoアクティビティフェスタ奨励賞
  • 2015/02 - アーバンデータチャレンジ2014 アイデア部門金賞
  • 2015/02 - 地理空間情報に関するアプリケーション・サービス普及促進業務:G空間未来 デザイン マーケソン 国土交通省国土政策局長賞
所属学会 (5件):
コンテンツツーリズム学会 ,  社会情報学会 ,  現代風俗研究会 ,  情報社会学会 ,  国際公共経済学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る