研究者
J-GLOBAL ID:201501002938439710   更新日: 2020年01月19日

小林 義和

Yoshikazu Kobayashi
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (2件): http://info.fujita-hu.ac.jp/~omfs/http://info.fujita-hu.ac.jp/~omfs/
研究分野 (2件): 病態科学系歯学・歯科放射線学 ,  外科系歯学
研究キーワード (8件): バーチャル内視鏡 ,  鼻咽腔閉鎖機能 ,  顎骨壊死 ,  超高精細CT ,  4D-CT ,  SPECT ,  画像診断 ,  口唇口蓋裂
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2017 - 2019 4D-CTによる口唇口蓋裂患者の鼻咽腔閉鎖機能評価法の開発
論文 (25件):
  • 小林義和, 佐藤公治, 水谷英樹, 金森大輔, 奥井太郎, 相澤貴子, 竹原庸介, 近石壮登, 松尾浩一郎. CT画像を用いた二次的顎裂部骨移植術後の骨架橋容積に関する評価. 日本口腔外科学会雑誌. 2019. 65. 10. 638-644
  • Yoshikazu Kobayashi, Daisuke Kanamori, Naoko Fujii, Yumi Kataoka, Emiko Hirai, Satoshi Yoshioka, Koji Satoh, Hiroshi Toyama, Kensei Naito, Koichiro Matsuo. Velopharyngeal closure analysis using four-dimensional computed tomography: a pilot study of healthy volunteers and adult patients with cleft palate. BMC Medical Imaging. 2019. 19. 1. 54
  • Takako Aizawa, Koji Satoh, Yoshikazu Kobayashi, Taroh Okui, Yohsuke Takehara. Clinical evaluation of postoperative nausea and vomiting after cleft lip and/or palate surgery in pediatric patients. Part 2: evaluation of preventive administration of droperidol in combination with dexamethasone. Fujita Medical Journal. 2019. 5. 2. 53-55
  • Koji Satoh, Takako Aizawa, Yoshikazu Kobayashi, Taroh Okui, Yohsuke Takehara. Clinical study on postoperative nausea and vomiting in pediatric patients with cleft lip and/or palate. Part 1: assessment of incidence and risk factors. Fujita Medical Journal. 2018. 4. 2. 42-44
  • Koji Satoh, TakakoAizawa, Yoshikazu Kobayashi and TarohOkui. Appropriate tongue blade width of the Dingman Mouth Gag for Japanese cleft palate patients with mandibular micrognathia. Dental, Oral and Craniofacial Research. 2017. 3. 4. 1-4
もっと見る
書籍 (1件):
  • 口腔の緩和医療・緩和ケア
    永末書店 2013
講演・口頭発表等 (95件):
  • 上唇に生じた好酸球増多を伴う硬化性粘表皮癌の1例
    (第34回(社)日本口腔外科学会中部地方会 2009)
  • 原発性免疫不全症候群患児に対する全身麻酔経験
    (第41回中部歯科麻酔研究会 2009)
  • 口腔癌患者におけるPET-CTの有用性についての検討
    (第54回日本口腔外科学会学術大会 2009)
  • ICU管理中に生じた口腔粘膜トラブルに対する口腔内保護床の適応に関する臨床的検討
    (第42回中部歯科麻酔研究会 2009)
  • 粘膜下口蓋裂に関する臨床的検討:形態から機能の予測は可能か
    (第64回日本口腔科学会総会 2010)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2002 - 2008 東京医科歯科大学 歯学部 歯学科
  • 2012 - 2016 藤田保健衛生大学 大学院医学研究科
学位 (2件):
  • 学士(歯学) (東京医科歯科大学)
  • 博士(医学) (藤田保健衛生大学)
経歴 (4件):
  • 2008/04 - 2010/03 藤田保健衛生大学病院 研修歯科医
  • 2010/04 - 2012/03 藤田保健衛生大学 助手
  • 2012/04 - 2018/10 藤田保健衛生大学 助教
  • 2018/10 - 現在 藤田医科大学 助教
受賞 (2件):
  • 2017/11 - 第10回中部放射線医療技術学術大会 優秀賞 骨シンチの顎骨SPECT/CTを用いたSUV測定に関する基礎的検討
  • 2017/02 - 第26回一般社団法人日本有病者歯科医療学会総会・学術大会 優秀発表賞 薬剤関連顎骨壊死・放射線性顎骨壊死におけるSPECT-CTの画像所見と病理学的所見の関連性
所属学会 (9件):
AOCMF ,  アジア口腔顎顔面外科学会 ,  日本障害者歯科学会 ,  日本老年歯科医学会 ,  日本有病者歯科医療学会 ,  日本口蓋裂学会 ,  日本口腔科学会 ,  日本歯科麻酔学会 ,  日本口腔外科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る