研究者
J-GLOBAL ID:201501003106665180   更新日: 2020年01月04日

荒木泰貴

アラキタイキ | Taiki ARAKI
所属機関・部署:
職名: 講師
論文 (4件):
  • 荒木 泰貴. 財産的情報の移転と2項犯罪. 慶應法学. 2018. 40. 265-291
  • 荒木 泰貴. 詐欺罪における間接的損害について (井田良教授退職記念号). 慶應法学 = Keio law journal. 2017. 37. 419-440
  • 荒木 泰貴. 詐欺罪における処分行為と財産移転との直接性について. 慶應法学 = Keio law journal. 2016. 34. 49-75
  • 荒木 泰貴. 「一連の行為」に関する一考察 : 早すぎた構成要件の実現と量的過剰防衛を素材として. 慶應法学. 2012. 23. 303-375
MISC (3件):
  • 荒木泰貴. 刑事裁判例批評(384)被害者が解放後に借金全額を肩代わりして支払うことに向けられた暴行・脅迫の影響が強盗罪にいう反抗を抑圧するに足りる程度のものとは認められないとされた事例[福岡高裁平成29.9.19判決]. 刑事法ジャーナル. 2019. 61. 142-147
  • シュワルツェネッガー クリスティアン, 薮中 悠, 横濱 和弥, 荒木 泰貴, 山田 雄大, 橋本 広大. 翻訳 スイスの刑事制裁制度. 慶應法学 = Keio law journal. 2016. 36. 181-294
  • シュトレング フランツ, 薮中 悠, 濱田 新, 荒木 泰貴, 山田 雄大, 橋本 広大, 橋本 広大. 翻訳 ドイツにおける刑事制裁 : 経験的視点を交えた概観. 慶應法学 = Keio law journal. 2016. 34. 77-155
書籍 (3件):
  • 刑法各論判例インデックス
    商事法務 2016 ISBN:9784785724719
  • よくわかる刑法
    ミネルヴァ書房 2018 ISBN:9784623083428
  • 刑法総論判例インデックス〔第2版〕
    2019
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る