研究者
J-GLOBAL ID:201501003343436993   更新日: 2021年05月31日

島村 孝平

シマムラ コウヘイ | Shimamura Kohei
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (2件): 生物物理、化学物理、ソフトマターの物理 ,  数理物理、物性基礎
研究キーワード (4件): 生命の起源 ,  人工ニューラルネットワーク原子間ポテンシャル ,  第一原理分子動力学シミュレーション ,  分子動力学シミュレーション
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2019 - 2022 ニューラルネットワークを利用した高速な第一原理分子動力学法の生命起源研究への適用
  • 2016 - 2019 隕石衝突による生命の起源分子生成過程の第一原理的研究
  • 2015 - 2016 太陽光による非断熱・非平衡反応過程の第一原理的研究
論文 (48件):
  • Kohei Shimamura, Yusuke Takeshita, Shogo Fukushima, Akihide Koura, Fuyuki Shimojo. Estimating Thermal Conductivity of α-Ag2Se Using ANN Potential with Chebyshev Descriptor. Chemical Physics Letters. 2021. 778. 138748
  • Aravind Krishnamoorthy, Ken-ichi Nomura, Nitish Baradwaj, Kohei Shimamura, Pankaj Rajak, Ankit Mishra, Shogo Fukushima, Fuyuki Shimojo, Rajiv Kalia, Aiichiro Nakano, et al. Dielectric Constant of Liquid Water Determined with Neural Network Quantum Molecular Dynamics. Physics Review Letters. 2021. 126. 216403
  • Kohei Shimamura, Yusuke Takeshita, Shogo Fukushima, Akihide Koura, Fuyuki Shimojo. Computational and training requirements for interatomic potential based on artificial neural network for estimating low thermal conductivity of silver chalcogenides. JOURNAL OF CHEMICAL PHYSICS. 2020. 153. 23
  • Thomas Linker, Subodh Tiwari, Shogo Fukushima, Rajiv K. Kalia, Aravind Krishnamoorthy, Aiichiro Nakano, Ken-ichi Nomura, Kohei Shimamura, Fuyuki Shimojo, Priya Vashishta. Optically Induced Three-Stage Picosecond Amorphization in Low-Temperature SrTiO3. JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY LETTERS. 2020. 11. 22. 9605-9612
  • Shusuke Tokutomi, Kohei Shimamura, Kaori Fukuzawa, Shigenori Tanaka. Machine learning prediction of inter-fragment interaction energies between ligand and amino-acid residues on the fragment molecular orbital calculations for Janus kinase - inhibitor complex. CHEMICAL PHYSICS LETTERS. 2020. 757
もっと見る
MISC (2件):
講演・口頭発表等 (16件):
  • 熱伝導度計算に有効な人工ニューラルネットワークに基づく 原子間ポテンシャル構築方法の検討II
    (日本物理学会 第76回年次大会(2021年) 2021)
  • 計算機シミュレーションを用いた生命起源研究
    (CBI学会2020オンライン大会 FS-02生命の起源:化学反応と情報 2020)
  • 熱伝導度計算に有効な人工ニューラルネットワークに基づく 原子間ポテンシャル構築方法の検討
    (日本物理学会 2020年秋季大会 2020)
  • 夾雑系理解のための分子動力学手法の開発とその応用
    (新学術領域「分子夾雑の生命化学」第2回関西地区シンポジウム 2019)
  • 生命の起源問題に対する計算科学からの試み
    (研究会「計算生命科学~多体問題から生命システムへ」 2019)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 2015 熊本大学 大学院自然科学研究科博士後期課程修了
学位 (2件):
  • 修士(理学) (熊本大学)
  • 博士(理学) (熊本大学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る