研究者
J-GLOBAL ID:201501003343436993   更新日: 2024年02月27日

島村 孝平

シマムラ コウヘイ | Shimamura Kohei
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (2件): 生物物理、化学物理、ソフトマターの物理 ,  数理物理、物性基礎
研究キーワード (4件): 生命の起源 ,  人工ニューラルネットワーク原子間ポテンシャル ,  第一原理分子動力学シミュレーション ,  分子動力学シミュレーション
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2022 - 2025 多元素不規則系物質に対する機械学習分子動力学法を用いた熱伝導度計算法の開発と応用
  • 2021 - 2025 機能性ナノ構造物質における非断熱・非平衡現象の第一原理的解明
  • 2019 - 2022 ニューラルネットワークを利用した高速な第一原理分子動力学法の生命起源研究への適用
  • 2016 - 2019 隕石衝突による生命の起源分子生成過程の第一原理的研究
  • 2015 - 2016 太陽光による非断熱・非平衡反応過程の第一原理的研究
論文 (70件):
  • Kohei Shimamura, Akihide Koura, Fuyuki Shimojo. Construction of machine-learning interatomic potential under heat flux regularization and its application to power spectrum analysis for silver chalcogenides. Computer Physics Communications. 2024. 294. 108920
  • Thomas M. Linker, Ken-ichi Nomura, Shogo Fukushima, Rajiv K. Kalia, Aravind Krishnamoorthy, Aiichiro Nakano, Kohei Shimamura, Fuyuki Shimojo, Priya Vashishta. Induction and Ferroelectric Switching of Flux Closure Domains in Strained PbTiO3 with Neural Network Quantum Molecular Dynamics. NANO LETTERS. 2023
  • Daisuke Wakabayashi, Kohei Shimamura, Akihide Koura, Fuyuki Shimojo. Large-scale Molecular-dynamics Simulations of SiO2 Melt under High Pressure with Robust Machine-learning Interatomic Potentials. Journal of the Physical Society of Japan. 2023
  • Shogo Fukushima, Kohei Shimamura, Akihide Koura, Fuyuki Shimojo. Efficient Training of the Machine-Learning Interatomic Potential Based on an Artificial Neural Network for Estimating the Helmholtz Free Energy of Alkali Metals. JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN. 2023. 92. 5
  • Thomas Linker, Ken-Ichi Nomura, Shogo Fukushima, Rajiv K Kalia, Aravind Krishnamoorthy, Aiichiro Nakano, Kohei Shimamura, Fuyuki Shimojo, Priya Vashishta. Squishing Skyrmions: Symmetry-Guided Dynamic Transformation of Polar Topologies Under Compression. The journal of physical chemistry letters. 2022. 13. 48. 11335-11345
もっと見る
MISC (20件):
  • 圓谷貴夫, 島村孝平, 高良明英, 西本宗矢, 下條冬樹, 河村能人. 第一原理分子動力学法によるLPSO型Mg-Zn-Y合金の溶融および過冷却液体状態における粘性とIcosahedralクラスタ形成機構の解明. 軽金属学会大会講演概要. 2023. 144th
  • 圓谷貴夫, 島村孝平, 高良明英, 西本宗矢, 下條冬樹, 河村能人. 第一原理MD計算とGreen-久保公式に基づくMg-Zn-Y合金の過冷却液体状態における粘性と原子ダイナミクスの解明. 日本金属学会講演大会(Web). 2023. 173rd
  • Aiichiro Nakano, Rajiv Kalia, Ken-ichi Nomura, Kohei Shimamura, Fuyuki Shimojo, Priya Vashishta. Large spatiotemporal-scale quantum molecular dynamics simulations: A divide-conquerrecombine approach. ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY. 2015. 249
  • ARIFIN Rizal, SHIBUTA Yasushi, SHIMAMURA Kohei, SHIMOJO Fuyuki, YAMAGUCHI Shu. 9pPSA-128 Ab initio Study of Methane Reaction on Nickel (111) Surface. 日本物理学会講演概要集. 2014. 69. 2. 667-667
  • 島村 孝平, 三澤 賢明, 下條 冬樹, Nakano Aiichiro, Kalia Rajiv K., Vashiahta Priya. 9pPSA-125 第一原理分子動力学法による単層MoS_2と水との反応過程(9pPSA 領域9ポスターセッション,領域9(表面・界面,結晶成長)). 日本物理学会講演概要集. 2014. 69. 2. 667-667
もっと見る
講演・口頭発表等 (22件):
  • Molecular Dynamics Simulation with Machine-Learning Interatomic Potential and Its Applications to Computing Free Energy and Thermal Conductivity
    (日本地球惑星科学連合2023年大会 2023)
  • 機械学習原子間ポテンシャルの訓練方法の検討及び分子動力学法への応用
    (物性研究所スパコン共同利用・CCMS合同研究会「計算の時代における物性科学」 2023)
  • 熱流束の正則化を用いた機械学習ポテンシャルの訓練法と熱伝導度計算への効果
    (日本物理学会2023年春季大会 2023)
  • Refinement of Training Schemes for Machine-Learning Interatomic Potentials and Its Applications
    (APS March Meeting 2023 2023)
  • 熱伝導度計算に有効な人工ニューラルネットワークに基づく 原子間ポテンシャル構築方法の検討IV
    (日本物理学会 第77回年次大会(2022年) 2022)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 2015 熊本大学 大学院自然科学研究科博士後期課程修了
学位 (2件):
  • 修士(理学) (熊本大学)
  • 博士(理学) (熊本大学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る