研究者
J-GLOBAL ID:201501003760637151   更新日: 2019年12月26日

野田 文香

ノダ アヤカ | Ayaka Noda
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): https://kaken.nii.ac.jp/d/r/20513104.ja.html
研究分野 (2件): 教育社会学 ,  教育学
研究キーワード (12件): 国家資格枠組み ,  National Qualifications Frameworks ,  職業と教育 ,  単位制度の実質化 ,  Competency-based education ,  コンピテンス ,  フランス高等教育 ,  Internationalization Evaluation ,  大学評価 ,  Quality Assurance ,  Accreditation and University Evaluation ,  国際化の評価
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2017 - 2020 国家資格枠組み(NQF)の意義と現実-フランスを事例に-
  • 2018 - 2019 Assessment of Learning Outcomes and Internal Quality Assurance Building in Higher Education in Japan and Taiwan: The Role of External Quality Assurance Agencies and Universities.
  • 2013 - 2016 単位制度をめぐる認証評価メカニズムの日米比較研究
論文 (18件):
  • 野田 文香. 日本における国内情報センター(NIC)の設立-学位・資格の承認に関わる今後の展望-. 留学交流12月号. 2019. 105. 29-41
  • 加藤善子・井下千以子・谷川裕稔・野田文香. 学習支援を学修成果に結びつけるための設計と運営. 大学教育学会誌. 2019. 40. 2. 99-102
  • 渋井進・野田文香. 評価書分析による「単位制度の実質化」に係る指標・エビデンスの可視化. 大学評価・学位研究. 2018. 19. 1. 39-55
  • Ayaka Noda, Angela Yung Chi Hou, Susumu Shibui and Hua-Chi Chou. Restructuring quality assurance frameworks: A comparative study between NIAD-QE in Japan and HEEACT in Taiwan. Higher Education Evaluation and Development. 2018. 12. 1. 2-18
  • 野田文香. フランスの高等教育における分野別コンピテンス育成をめぐる国家資格枠組み(NQF)の役割と機能. 大学教育学会誌. 2017. 39. 2. 76-84
もっと見る
MISC (8件):
  • Noda, A. et al. Assessment of Learning Outcomes and Internal Quality Assurance Building in Higher Education in Japan and Taiwan: The Role of External Quality Assurance Agencies and Universities. INQAAHE Funding Scheme Research and Innovation 2018 Final Report. 2018
  • 野田文香. 「フランスの学士課程における分野別参照基準」『我が国における分野別質保証の在り方に関する調査研究』. 平成27年度文部科学省先導的大学改革推進委託事業. 2016. 197-240
  • 野田文香. 「第3章 フランス高等教育におけるプログラム評価」『大学教育における分野別質保証の在り方に関する調査研究』. 平成 26 年度文部科学省先導的大学改革推進委託事業. 2015. 37-106
  • 野田文香. 米国アクレディテーションにおけるメタ評価システム. 大学評価のメタ評価に関する調査研究報告書 大学評価・学位授与機構. 2013. 37-54
  • 野田文香. 教学改善のためのインスティテューショナル・リサーチ. 『教育改革総合指標の開発-FDの包括的評価を目指して-』立命館大学. 2009. 15-28
もっと見る
書籍 (4件):
  • IR実践ハンドブック-大学の意思決定支援-
    玉川大学出版部 2012
  • 大学評価文化の定着:日本の大学は世界で通用するか?
    ぎょうせい 2014
  • アメリカの大学に学ぶ学習支援の手引き: 日本の大学にどう活かすか
    ナカニシヤ出版 2017 ISBN:4779511682
  • 欧州の教育・雇用制度と若者のキャリア形成-国境を越えた人材流動化と国際化への指針
    白桃書房 2019 ISBN:9784561267317
講演・口頭発表等 (35件):
  • Japanese Government Officials’ Professional Development in U.S. Graduate and Professional Schools
    (Education Symposium for Research and Innovation(ESRI) 2007)
  • Continuing Professional Education for Japanese Government Officials in Graduate and Professional Schools in Japan and the U.S.
    (Association for Institutional Research (AIR) 2008)
  • 授業力を高めるTA研修と授業設計
    (大学教育学会第31回 2009)
  • 大学生の『ジェネリックスキル評価』を巡る問題点と今後の課題
    (日本比較教育学会第45回大会 2009)
  • 学生調査とIR:高等教育におけるジェネリックスキルの育成と評価をめぐって
    (日本教育情報学会第25回年会 2009)
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 2009 ジョージワシントン大学 教育大学院博士課程 高等教育専攻修了
  • ジョージワシントン大学 教育大学院修士課程 国際教育専攻修了
  • 慶應義塾大学 文学部 人間関係学科教育学専攻卒業
  • ワシントン大学(慶應義塾大学派遣交換留学1年間)
学位 (1件):
  • 博士(教育学) (ジョージワシントン大学)
経歴 (7件):
  • 2005/05 - 2006/05 ジョージワシントン大学教育大学院, ワシントンD.C. 研究助手
  • 2008/04 - 2010/02 立命館大学 教育開発推進機構 講師
  • 2015/10 - 2016/10 フランス国立社会科学高等研究院(EHESS) パリ 客員研究員
  • 2010/03 - 2018/03 独立行政法人 大学改革支援・学位授与機構 准教授
  • 2018/04 - 2019/08 東北大学 准教授
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2018/08 - 現在 専門職高等教育質保証機構 文部科学省生涯学習政策局委託事業研究委員
  • 2017/03 - 現在 国立大学協会 「高等教育に関する基礎データ等の調査研究グループ」委員
  • 2013/11 - 2014/03 文部科学省先導的大学改革推進委託事業調査研究「学修成果の把握と学修成果の評価についての具体的方策に関する調査研究」有識者委員会委員
  • 2010/08 - 2014/08 高等教育質保証学会 幹事・事務局
受賞 (1件):
  • 2019/08 - Emerald Publishing Emerald Literati Awards, Outstanding Paper 2019 Restructuring quality assurance frameworks: A comparative study between NIAD-QE in Japan and HEEACT in Taiwan
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る