研究者
J-GLOBAL ID:201501003769160994   更新日: 2021年09月03日

上山 浩次郎

Kojiro Ueyama
研究分野 (1件): 教育社会学
論文 (31件):
  • 上山 浩次郎. 教育機会の不平等における地域と社会階層の関連構造 : 高等教育進学に注目して. 北海道大学大学院教育学研究院紀要. 2021. 138. 138. 195-209
  • 上山浩次郎. 戦後におけるアイヌ文化の変遷. 現代社会学研究. 2021. 34. 21-37
  • 上山 浩次郎. 北海道内の高等教育機会の地域間格差. 教育学の研究と実践. 2020. 15. 51-62
  • 上山 浩次郎. 旭川市におけるアイヌ文化の動態. 旭川市におけるアイヌ民族の現状と地域住民. 2019. 89-106
  • 上山 浩次郎. 帯広市におけるアイヌ文化. 帯広市におけるアイヌ民族の現状と地域住民. 2018. 73-91
もっと見る
MISC (6件):
  • 上山 浩次郎. 1. 高卒時進路選択に伴う地域移動(I-10部会 地域社会と教育(1),研究発表I). 日本教育社会学会大会発表要旨集録. 2013. 65. 88-89
  • 上山 浩次郎. 1. 「大学立地政策」の「規制緩和」のインパクト(II-5部会 【一般部会】高等教育II(存立基盤),研究発表II). 日本教育社会学会大会発表要旨集録. 2012. 64. 132-133
  • 上山 浩次郎. 3. ユニバーサル化の供給構造(IV-2部会 【一般部会】大学教育の変容,研究発表IV,一般研究報告). 日本教育社会学会大会発表要旨集録. 2011. 63. 244-245
  • 上山 浩次郎. 1. 大学収容率が持つ影響力の都道府県相違とその背景(IV-10部会 大学教育,研究発表IV,一般研究報告). 日本教育社会学会大会発表要旨集録. 2010. 62. 388-389
  • 上山 浩次郎. 大学教育の供給構造と進学(I-10部会 高等教育財政,研究発表I,一般研究報告). 日本教育社会学会大会発表要旨集録. 2009. 61. 79-80
もっと見る
書籍 (5件):
  • 中村高康・三輪哲・石田浩編『少子高齢社会の階層構造1 人生初期の階層構造
    東京大学出版会 2021
  • 北海道大学教育学部ほか編著『ともに生きるための教育学へのレッスン40:明日を切り拓く教養』
    2019
  • 小内透編著『先住民族の社会学 第2巻 現代アイヌの生活と地域住民』
    東信堂 2018
  • 小内透編著『先住民族の社会学 第1巻 北欧サーミの復権と現状』
    東信堂 2018
  • 小内透編著『在日ブラジル人の教育と保育 講座トランスナショナルな移動と定住:定住化する在日ブラジル人と地域社会 第2巻』
    2009
講演・口頭発表等 (14件):
  • 戦後におけるアイヌ文化の変遷
    (第68回北海道社会学会大会 2020)
  • 公立学校における在日ブラジル人児童生徒の学びを支える家庭-学校関係
    (日本教育社会学会第70回大会 2018)
  • 公立保育所における在日ブラジル人児童生徒の育ちを支える家庭ー保育所関係
    (日本教育社会学会第70回大会 2018)
  • ブラジル人学校における在日ブラジル人児童生徒の学びを支える家庭ー学校関係
    (日本教育社会学会第70回大会 2018)
  • 現在におけるアイヌ文化実践の内実
    (第64回 北海道社会学会大会 2016)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(教育学) (北海道大学)
委員歴 (3件):
  • 2021/06 - 現在 北海道社会学会 編集委員会委員
  • 2019/06 - 2021/06 北海道社会学会 理事(庶務担当)
  • 2017/06 - 2019/05 北海道社会学会 編集委員会委員
所属学会 (7件):
北海道教育学会 ,  地域社会学会 ,  日本行動計量学会 ,  数理社会学会 ,  日本社会学会 ,  北海道社会学会 ,  日本教育社会学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る