研究者
J-GLOBAL ID:201501004763990801   更新日: 2024年05月27日

芳賀 早苗

ハガ サナエ | Haga Sanae
ホームページURL (1件): https://kaken.nii.ac.jp/d/r/60706505.ja.html
研究分野 (2件): 分子生物学 ,  消化器外科学
研究キーワード (13件): 脂肪肝 ,  肝再生 ,  肝傷害 ,  生体イメージング ,  光プローブ ,  細胞死 ,  分子制御 ,  ストレス ,  細胞情報伝達 ,  バイオイメージング ,  マウス ,  光イメージング ,  癌細胞機能解析
競争的資金等の研究課題 (37件):
  • 2021 - 2024 異なる特性をもつ二種類の光を利用した生体内深部組織の修復・再生法の開発
  • 2020 - 2024 薬理的神経制御を用いた新たな脳卒中運動療法の開発に対する生体脳イメージングの応用
  • 2020 - 2024 細胞内Ca2+と活性酸素が誘導するプログラム細胞死による肝虚血再灌流傷害の新展開
  • 2019 - 2023 ランタニド・ナノ粒子(LNP)を利用した癌細胞特異的光治療法の開発
  • 2019 - 2023 肝虚血・再灌流傷害における多段階多元的傷害進展のメカニズム解析
全件表示
論文 (62件):
  • Ryo Ikegami, Takahiro Inoue, Yasuyuki Takamatsu, Taichi Nishio, Mamoru Fukuchi, Sanae Haga, Michitaka Ozaki, Hiroshi Maejima. In vivo bioluminescence imaging revealed the change of the time window of BDNF expression in the brain elicited by a single bout of exercise following repeated exercise. Neuroscience Letters. 2024. 137830-137830
  • Takahiro Inoue, Ryo Ikegami, Yasuyuki Takamatsu, Mamoru Fukuchi, Sanae Haga, Michitaka Ozaki, Hiroshi Maejima. Temporal dynamics of brain BDNF expression following a single bout of exercise: A bioluminescence imaging study. Neuroscience letters. 2023. 799. 137120-137120
  • Kotaro Matoba, Manabu Murakami, Emi Fujita, Shigeki Jin, Ryosuke Ogasawara, Tomoko Matoba, Akiko Takeuchi, Sanae Haga, Michitaka Ozaki, Hideki Hyodoh. The usefulness of measuring n-butyric acid concentration as a new indicator of blood decomposition in forensic autopsy. Legal medicine (Tokyo, Japan). 2022. 57. 102071-102071
  • S. Haga, A. Kanno, N. Morita, S. Jin, K. Matoba, T. Ozawa, M. Ozaki. Poly(ADP-ribose) polymerase (PARP) is critically involved in liver ischemia/reperfusion-injury. The Journal of Surgical Research. 2021. 270. 124-138
  • Harumi Kanou, Kouki Nagasawa, Yuki Ishii, Aya Chishima, Juri Hayashi, Sanae Haga, Kenneth Sutherland, Masayori Ishikawa, Michitaka Ozaki, Hiroki Shirato, et al. Period1 gene expression in the olfactory bulb and liver of freely moving streptozotocin-treated diabetic mouse. Biochemical and biophysical research communications. 2021. 560. 14-20
もっと見る
MISC (67件):
もっと見る
講演・口頭発表等 (36件):
  • 光プローブをもちいた肝の酸化ストレスと傷害(プログラム細胞死)の観察と評価
    (第28回肝細胞研究会 2021)
  • 肝虚血再灌流傷害進展における Poly(ADP-ribose)polymerase(PARP)依存性細胞死の解析
    (第27回肝細胞研究会 2020)
  • 様々な様式の細胞死は、慢性脂肪肝における遷延化した組織傷害に関与する可能性がある
    (第93回日本生化学会大会)
  • Fasリガンド/酸化ストレスによって引き起こされるプログラム細胞死の機序解析 Analysis of programmed cell death in hepatocytes induced by Fas ligand and oxidative stress
    (第92回日本生化学会総会 2019)
  • 脂肪肝における易傷害性メカニズム解析の基礎的研究
    (第26回肝細胞研究会 2019)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(医学) (北海道大学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る