研究者
J-GLOBAL ID:201501006349133690   更新日: 2022年01月10日

大井川 朋彦

オオイガワ トモヒコ | Ooigawa Tomohiko
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (5件): 外国語教育 ,  英語学 ,  言語学 ,  言語学 ,  言語学
研究キーワード (3件): 音韻論 ,  第2言語音声知覚 ,  音声学
論文 (18件):
  • 大井川 朋彦. 音声コーパスを用いた強形のcanに関する研究. 音声コーパスを用いた強形のcanに関する研究. 2021. 41. 13-19
  • 大井川 朋彦. コーパスを用いた米英語のcan及びcan’tの音声的な差異の分析. Sophia Linguistica. 2020. 69. 1-10
  • Tomohiko Ooigawa. Perceptual Learning of Syllable-final Contrast: Perception and Training of Various “can” and “can’t” by Japanese, Chinese and French Listeners. Ph.D. thesis. 2018
  • 大井川朋彦. 日本語母語話者によるフランス語及び英語の流音弁別における刺激提示時間間隔の差異の影響. 青山フランス文学論集. 2016. 25. 20-39
  • Tomohiko Ooigawa. Japanese listeners' perception of American English intervocalic /l/, /r/ and flapped /t. Proceedings of ISAPh2016 (the 1st International Symposium on Applied Phonetics): Diversity in Applied Phonetics. 2016. 104-109
もっと見る
講演・口頭発表等 (19件):
  • 大学・大学院における通訳教育研究プロジェクト中間報告:遠隔授業に関するアンケート
    (日本通訳翻訳学会第22回年次大会 2021)
  • Perceptual Learning of Syllable-Final Contrast: Perception and Training of Various “can” and “can't” by Japanese, Chinese and French Listeners (Sophia University, 2018), PhD Lecture 1
    (Phonology Forum 2021 2021)
  • canとcan’tの発音指導に関して(招待発表)
    (上智大学言語学会第35回年次大会 2021)
  • 通訳遠隔授業に関するアンケート調査結果速報
    (「大学・大学院における通訳教育研究プロジェクト」第1回公開研究会(日本通訳翻訳学会) 2020)
  • オンライン英語音声学(シンポジウム『オンライン授業における語学・発音教育』)
    (音韻論フォーラム 2020 2020)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(言語学) (上智大学)
経歴 (1件):
  • 上智大学 言語科学研究科言語学専攻 研究員
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る