研究者
J-GLOBAL ID:201501006443689537   更新日: 2019年04月15日

松下 紘資

Matsushita Hiroshi
研究分野 (1件): 水工学
研究キーワード (3件): 消波ブロック ,  海洋構造物 ,  海岸工学
論文 (25件):
  • 大熊康平, 安田誠宏, 安冨翔哉, 松下紘資, 伴登昭夫, 中西敬. 人工リーフにおける中空立方体ブロックの不規則波に対する安定性実験. 土木学会論文集B3(海洋開発). 2018. Vol.74. No.2
  • Naozumi Yoshizuka, Hiroshi Matsushita, Takashi Nakanishi, Hirokazu Nishimura, Kouhei Oguma. Disaster Prevention Facilities and Marine Environment Improvement Effect. Proceedings of the 34th PIANC-World Congress. 2018
  • Kouhei Oguma, Hiroshi Matsushita, Ryoukei Azuma, Takashi Nakanishi, Hajime Mase, Tetsuya Hiraishi. Experimental Study of Wave-Dissipating Block Shape’s Effects on Flow Characteristics Around the Block. Proceedings of the 28th International Ocean and Polar Engineering Conference(ISOPE). 2018. 1245-1250
  • 松下紘資, 大熊康平, 平山隆幸, 河村裕之, 安田誠宏, 間瀬肇. 越波実験による消波ブロック粗度係数の算定. 土木学会論文集B2(海岸工学). 2018. 74. 2. I_1021-I_1026
  • 松下 紘資, 東 良慶, 大熊 康平, 中西 敬, 間瀬 肇, 平石 哲也. 消波ブロック形状の違いが 流況特性に及ぼす影響に関する実験的研究. 土木学会論文集B2(海岸工学). 2017. Vol.73. No.2
もっと見る
MISC (11件):
  • 松下紘資, 大熊康平, 平石哲也. 継続して作用する津波波力に対するカウンターウェイトブロックの性能評価実験. 土木学会年次学術講演会概要集. 2018. 73. II. 419-420
  • 松下紘資, 大熊康平, 平山隆幸, 河村裕之, 安田誠宏. 捨石式傾斜堤を被覆した消波ブロックの粗度係数の越波実験による検討. 土木学会年次学術講演会概要集. 2018. 73. II. 417-418
  • 飯干富広, 大熊康平, 松下紘資. ハニカム構造被覆ブロックの継続した津波越流に対する安定性能に関する実験. 土木学会年次学術講演会概要集. 2018. 73. II. 407-408
  • 松下紘資, 大熊康平. 有孔平型被覆ブロックの特殊仕様における耐波安定性. 土木学会西部支部研究発表会講演概要集. 2018. 62. II. 127-128
  • 松下紘資, 平石哲也. 防波堤補強に用いるカウンターウェイトブロックの耐波安定性. 土木学会年次学術講演会講演概要集. 2017. 72. II-213. 425-426
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 2014 京都大学大学院 工学研究科
  • - 2004 長崎大学大学院 工学研究科
  • - 2002 長崎大学 社会開発工学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (京都大学)
経歴 (1件):
  • 2004/04 - 現在 日建工学株式会社
受賞 (1件):
  • 2013/01 - PIANC(国際航路協会) De-Paepe Willems Award(最優秀若手論文賞) Breakwater Reinforcement Method against Large Tsunamis
所属学会 (2件):
国際航路協会 ,  土木学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る