研究者
J-GLOBAL ID:201501006916675270   更新日: 2021年02月13日

森 直治

モリ ナオハル | mori naoharu
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 腫瘍診断、治療学
研究キーワード (5件): がん栄養 ,  サルコペニア ,  悪液質 ,  代謝栄養 ,  緩和医療
論文 (70件):
  • Akio Shimizu, Keisuke Maeda, Shinsuke Nagami, Ayano Nagano, Yumi Yamada, Midori Shimizu, Yuria Ishida, Jun Kayashita, Ichiro Fujishima, Naoharu Mori, et al. Low tongue strength is associated with oral and cough-related abnormalities in older inpatients. Nutrition. 2021. 83. 111062-111062
  • Yasuyuki Fukami, Takuya Saito, Takashi Arikawa, Takaaki Osawa, Shunichiro Komatsu, Kenitiro Kaneko, Yuria Ishida, Keisuke Maeda, Naoharu Mori, Tsuyoshi Sano. European Society for Clinical Nutrition and Metabolism (ESPEN) Malnutrition Criteria for Predicting Major Complications After Hepatectomy and Pancreatectomy. World journal of surgery. 2021. 45. 1. 243-251
  • Remi Matsuyama, Keisuke Maeda, Yosuke Yamanaka, Yuria Ishida, Ryoko Kato, Tomoyuki Nonogaki, Akio Shimizu, Junko Ueshima, Yoshiaki Kazaoka, Tomio Hayashi, et al. Assessing skeletal muscle mass based on the cross-sectional area of muscles at the 12th thoracic vertebra level on computed tomography in patients with oral squamous cell carcinoma. Oral oncology. 2020. 113. 105126-105126
  • Akio Shimizu, Keisuke Maeda, Toshiki Honda, Yuria Ishida, Junko Ueshima, Shinsuke Nagami, Ayano Nagano, Tatsuro Inoue, Kenta Murotani, Jun Kayashita, et al. Comparison between the Global Leadership Initiative on Malnutrition and the European Society for Clinical Nutrition and Metabolism definitions for the prevalence of malnutrition in geriatric rehabilitation care. Geriatrics & gerontology international. 2020. 20. 12. 1221-1227
  • Junko Ueshima, Keisuke Maeda, Kenta Murotani, Akio Shimizu, Ayano Nagano, Keisuke Sato, Yuria Ishida, Naoharu Mori, Masaki Suenaga. Estimating appendicular muscle mass in older adults with consideration on paralysis. Geriatrics & gerontology international. 2020. 20. 12. 1145-1150
もっと見る
MISC (45件):
  • 森直治, 森直治. 正しく深く知ってベストな栄養管理を 経腸栄養の迷いどころ15一挙解決!Q15 在宅経腸栄養に移行する際の注意点は何?. Nutrition Care. 2021. 14. 1
  • 森直治, 森直治. 正しく深く知ってベストな栄養管理を 経腸栄養の迷いどころ15一挙解決!Q14 がん終末期の患者への経腸栄養は有用か?. Nutrition Care. 2021. 14. 1
  • 森 直治. 【悪液質-内部障害のリハビリテーション栄養】悪液質に対する緩和ケアとリハビリテーション栄養の役割. リハビリテーション栄養. 2020. 4. 2. 180-185
  • 竹内知子, 前田圭介, 安永ちはる, 近藤美樹, 戸田美佐子, 加藤涼子, 江尻将之, 加藤典子, 森直治. ドリンクタイプONSを混ぜ合わせた風味の受け入れやすさについての検討. 日本サイコオンコロジー学会総会プログラム・抄録集. 2020. 33rd (Web)
  • 前田圭介, 前田圭介, 森直治. 終末期における補液効果の検討. 日本サイコオンコロジー学会総会プログラム・抄録集. 2020. 33rd (Web)
もっと見る
書籍 (2件):
  • 悪液質とは.悪液質とサルコペニア
    医歯薬出版 2014
  • がん緩和医療における栄養管理の位置づけ. がん栄養管理完全ガイド
    文光堂 2014
講演・口頭発表等 (376件):
  • 骨格筋の質とがん患者の予後の検討
    (第23回日本病態栄養学会年次学術集会 2020)
  • Sexual dimorphism in muscle depletion during end of life stage in cancer patients
    (12th International Conference on Cachexia, Sarcopenia & Muscle Wasting Berlin 2019)
  • アナボリックレジスタンスと周術期栄養管理
    (第32回日本外科感染症学会総会学術集会 2019)
  • GLIM基準低栄養は高齢大腿骨近位部骨折患者の不良な機能的帰結を予測する
    (第9回日本リハビリテーション栄養学会学術集会 2019)
  • 低栄養スクリーニングツールとして使用するGNRIのカットオフ値の検討
    (第9回日本リハビリテーション栄養学会学術集会 2019)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 1982 - 1988 東京慈恵会医科大学
学位 (1件):
  • 医学博士 (名古屋大学)
経歴 (10件):
  • 2017/04 - 現在 愛知医科大学 医学部 大学院 医学研究科 緩和・支持医療学 教授
  • 2011/07 - 2017/03 藤田保健衛生大学医学部 外科・緩和医療学講座 准教授
  • 2002/11 - 2011/06 知多市民病院 外科 部長
  • 1999/04 - 2002/10 磐田市立総合病院 外科 科長
  • 1998/05 - 1999/03 名古屋大学 第一外科 医員
全件表示
委員歴 (6件):
  • 2016/08 - 現在 日本緩和医療学会 緩和医療ガイドライン委員会 委員
  • 2014/08 - 2018/07 日本緩和医療学会 緩和医療ガイドライン委員会 輸液ガイドライン英文化WPG WPG員
  • 2012/08 - 2013/07 日本緩和医療学会 緩和医療ガイドライン委員会 輸液ガイドライン改定WPG WPG員
  • 2010/09 - 2012/07 日本緩和医療学会 ニューズレター編集委員会 ニューズレターWPG WPG員
  • 2010/09 - 2012/07 日本緩和医療学会 ニューズレター編集委員会 ニューズレター作業部会 部員
全件表示
受賞 (5件):
  • 2015/06 - 第20回日本緩和医療学会学術大会 優秀演題 「終末期がん患者の経口摂取が臨床症状に及ぼす影響」
  • 2014/09 - 欧州臨床栄養代謝学会 Outstanding Poster 「PROGNOSIS VALUE OF PSOAS MAJOR MUSCLE EVALUATED ON CT SCAN IN TERMINAL ILL CANCER PATIENTS」
  • 2014/06 - 第19回日本緩和医療学会学術大会 優秀演題 「終末期がん患者の経口摂取がQOLに及ぼす影響」
  • 2013/10 - アジア静脈経腸栄養学会 BEST FREE PAPER POSTER PRESENTER 「PROGNOSIS VALUE OF PSOAS MAJOR MUSCLE EVALUATED ON CT SCAN IN COLORECTAL CANCER PATIENTS」
  • 2012/02 - 日本静脈経腸栄養学会 フェローシップ賞 「CTを用いた大腰筋面積測定による癌悪液質評価に非収縮性組織がおよぼす影響」
所属学会 (13件):
Society on Sarcopenia, Cachexia and Wasting Disorders ,  European Society for Clinical Nutrition and Metabolism ,  日本サルコペニア・悪液質・消耗性疾患研究会 ,  日本死の臨床研究会 ,  日本医療マネジメント学会 ,  日本外科代謝栄養学会 ,  日本癌治療学会 ,  日本外科感染症学会 ,  日本静脈経腸栄養学会 ,  日本臨床外科学会 ,  日本消化器外科学会 ,  日本外科学会 ,  日本緩和医療学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る