研究者
J-GLOBAL ID:201501011166209852   更新日: 2020年10月14日

灰谷 和代

ハイタニ カズヨ | HAITANI Kazuyo
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (3件): 子ども学、保育学 ,  社会福祉学 ,  社会福祉学
研究キーワード (13件): 子ども家庭アセスメント ,  保育・教育現場 ,  連携・協働 ,  市区町村 ,  児童虐待対応 ,  DV対応 ,  IPW ,  IPE ,  保育ソーシャルワーク ,  リスクマネジメント ,  コラボレーション ,  子育て支援 ,  子どもの居場所づくり
論文 (5件):
  • 灰谷和代. 保育現場におけるIPW(専門職連携)の実際 -児童虐待対応を中心に-. 社会福祉科学研究. 2018. 7. 229-235
  • 灰谷和代. 保育現場における児童虐待対応に関する研究. 人間発達学研究. 2018. 9. 65-74
  • 灰谷和代. 保育現場における児童虐待アセスメントシート作成の試み -他機関との連携を意識して-. 保育ソーシャルワーク学研究. 2017. 3. 5-20
  • 灰谷和代. 保育現場における児童虐待対応とソーシャルワーク・アセスメントの必要性. 保育ソーシャルワーク学研究. 2015. 1. 71-83
  • 灰谷和代. 保育現場における児童虐待対応の現状と課題. 聖隷社会福祉研究. 2015. 7. 49-62
MISC (5件):
  • 保育者を対象とした子ども家庭アセスメント研修の効果-研修後のアンケート調査の結果から-. 東北公益文科大学総合研究論集. 2020. 38. 83-99
  • 望月彰, 山本理絵, 三山岳, 瀬野由衣, 渡邉眞依子, 近藤みえ子, 灰谷和代. 自治体の子育て支援における教育と福祉の連携. 生涯発達研究. 2018. 10. 41-50
  • 灰谷和代. 2016年児童福祉法の改正と家庭児童相談室の役割. 日本学論叢. 2018. 8. 283-294
  • 灰谷和代. 保育現場における児童虐待の発見と発信 -福祉行政報告例のデータから-. 生涯発達研究. 2017. 9. 115-120
  • 灰谷和代. 三重県思春期ピアサポーター養成事業実践報告. 日本学論叢. 2017. 7. 273-283
書籍 (4件):
  • 保育ソーシャルワーク学研究叢書 全3巻
    晃洋書房 2018
  • 教育と福祉の基本問題-人間と社会の明日を展望するー
    晃洋書房 2018
  • 社会福祉の制度と課題
    学文社 2015
  • 保育ソーシャルワークの世界-理論と実践-
    晃洋書房 2014
講演・口頭発表等 (20件):
  • オンライン活用によるソーシャルワーク実習プログラムの検討
    (日本社会福祉学会 第68回秋季大会 2020)
  • 市町村と保育現場の共通アセスメントツールの活用と普及をめざして- 志摩市の実践からの考察 -
    (日本子ども虐待防止学会 第25回学術集会ひょうご大会 2019)
  • 保育者を対象とした子ども家庭アセスメント研修の効果
    (日本子ども家庭福祉学会 第20回全国大会 2019)
  • こどもの居場所(こども食堂)のモデル開催からの考察
    (日本保育ソーシャルワーク学会 第5回研究大会 2018)
  • 大学生による世代間交流実践がもたらす子育て支援の効果
    (日本保育学会 第71回大会 2018)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 2016 - 2019 愛知県立大学大学院 博士後期課程(単位修得満期退学)
学位 (1件):
  • 修士(社会福祉学)
経歴 (19件):
  • 2020/04 - 現在 東北公益文科大学 公益学部 地域福祉コース 准教授
  • 2019/04 - 現在 愛知県立大学 客員共同研究員
  • 2019/04 - 2020/03 鈴鹿医療科学大学 非常勤講師
  • 2015/04 - 2020/03 皇學館大学 現代日本社会学部 助教
  • 2016/04 - 2018/03 豊岡短期大学通信教育部 非常勤講師
全件表示
委員歴 (5件):
  • 2017/06 - 現在 社会福祉法人 明照浄済会 監事
  • 2017/04 - 現在 日本保育ソーシャルワーク学会 紀要委員
  • 2017/04 - 現在 日本保育ソーシャルワーク学会 理事
  • 2017/10 - 2018/03 松阪市 こども医療費負担軽減対策検討委員会 委員長
  • 2015/09 - 2017/05 社会福祉法人 明照浄済会 理事
所属学会 (7件):
日本保健医療福祉連携教育学会 ,  日本ソーシャルワーク学会 ,  日本保育ソーシャルワーク学会 ,  日本子ども家庭福祉学会 ,  日本子ども虐待防止学会 ,  日本社会福祉学会 ,  日本保育学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る