研究者
J-GLOBAL ID:201501011877600040   更新日: 2021年06月07日

青田 庄真

アオタ ショウマ | Aota Shoma
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (4件): 教科教育学、初等中等教育学 ,  教育社会学 ,  外国語教育 ,  教育学
研究キーワード (8件): 教育制度 ,  教育課程 ,  教育委員会 ,  教育行政 ,  教育史 ,  教育政策 ,  英語教育 ,  教育学
競争的資金等の研究課題 (13件):
  • 2021 - 2024 地方創生を目指した自治体発の英語教育カリキュラム開発
  • 2020 - 2023 昭和20年代中学就学者への調査に基づく継続的外国語学習を促進する教授法・教材開発
  • 2019 - 2021 自治体が独自に作成している外国語教材の収集とその内容の分析
  • 2018 - 2021 ICTを用いた英語協働学習のタスクと評価のための指標開発と展開
  • 2018 - 2020 グローバルリーダー育成に向けた外国語教育政策の効果検証
全件表示
論文 (20件):
  • 青田庄真, 酒井秀翔. 日本の地方政府における外国語教育政策の波及:1970年代以降の各都道府県の「研究テーマ」を手がかりとして. Language Education and Technology. 2021. 58
  • 青田庄真. 都道府県および政令指定都市における外国語教育政策:アクター・独自施策・効果性に着目して. Journal of Japan Society of Directories. 2021. 19. 26-35
  • 青田庄真. 必修化以前にみる小学校英語教育の波及:地方分権化時代の自治体における教育内容・条件整備. Language Education and Technology. 2019. 56. 211-240
  • 青田庄真. 日本の市区町村における教育課程行政:外国語教育政策の効果およびアクターに関する全国調査をもとに. 比較文化研究. 2019. 136. 329-339
  • Aota Shoma. Continuity of English Language Education Policy Between the Central and Local Governments in Japan: Achievement Targets of Basic Plan for the Promotion of Education. Journal of Japan Society of Directories. 2019. 17. 124-133
もっと見る
MISC (10件):
  • 青田庄真. 自治体が作成している英語ご当地教材にはどのようなものがあるか. 大修館書店『英語教育』. 2019. 増刊号. 30-31
  • 青田庄真. 自治体が作成している外国語教育のための独自教材:教材の種類・作成者・効果. 中央教育研究所『教科書フォーラム』. 2019. 20. 2-13
  • Sato, T, Ogura, M, Aota, S, Burden, T. Does an Automated Translation Bot Support or Hinder L2 Collaborative Interaction?: In Terms of L2 Production and Motivation. Social CALL Proceedings, 2019. 2019. 235-239
  • Ono, Y, Kato, T, Aota, S, Takebayashi, N, Toyono, Y. A Pilot Study of the Relationship Between Automatic Analytic Scoring and Speech Accuracy: Implications from Log Data on Speech-Training Courseware. Proceedings of Society for Information Technology & Teacher Education International Conference. 2019. 1086-1091
  • Sato, T, Ogura, M, Aota, S, Burden, T. Examining the Impact of an Automated Translation Chatbot on Online Collaborative Dialog for Incidental L2 Learning. Future-proof CALL: language learning as exploration and encounters - short papers from EUROCALL. 2018. 284-289
もっと見る
書籍 (7件):
  • 英語教育の歴史に学び・現在を問い・未来を拓く : 江利川春雄教授退職記念論集
    溪水社 2021 ISBN:9784863275553
  • 英語教育の歴史に学び・現在を問い・未来を拓く : 江利川春雄教授退職記念論集
    溪水社 2021 ISBN:9784863275553
  • Message Delivered <Lower Intermediate>
    Nan'un-do 2020 ISBN:9784523179016
  • Exploring globalisation from the perspective of comparative cultural studies
    Eikosha 2019
  • Collected Essays on Comparative Studies
    Eikosha 2018
もっと見る
講演・口頭発表等 (29件):
  • 自治体における小学校英語教育の波及:全国質問紙調査による必修化以前の施策の検討
    (日本教育学会第77回大会 2018)
  • 外国語教育の成果指標にみる教育振興基本計画の「参酌」:都道府県・市区町村に対する全国質問紙調査の結果をもとに
    (外国語教育メディア学会第58回全国大会 2018)
  • 市区町村における外国語教育の成果指標:全国質問紙調査の結果をもとに
    (日本比較文化学会 関西支部3月例会 2018)
  • 機械翻訳を使用したEFL学習者のライティングプロセス
    (科学英語教育研究会 第9回 2018)
  • 日本における外国語教育の政治力学:戦後の自治体政策過程を中心として
    (日本英語教育史学会第266回研究例会 2018)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2015 - 2018 東京大学 博士課程
  • 2013 - 2015 東京大学 修士課程
  • 2009 - 2013 和歌山大学
学位 (1件):
  • 修士(教育学) (東京大学)
経歴 (10件):
  • 2021/04 - 現在 東京農工大学 非常勤講師
  • 2020/04 - 現在 東京医療保健大学 医療保健学研究科 講師
  • 2017/04 - 現在 早稲田大学 社会科学部 非常勤講師
  • 2020/04 - 2021/03 筑波大学 非常勤講師
  • 2018/04 - 2020/03 筑波大学 人文社会系 助教
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2018/04 - 現在 関東甲信越英語教育学会 研究推進委員会 委員
  • 2013/04 - 現在 外国語教育メディア学会 関東支部運営委員
  • 2013/04 - 現在 日本英語教育史学会 幹事
  • 2017/04 - 2019/03 大学英語教育学会 関東支部運営委員
受賞 (1件):
  • 2017/11 - 外国語教育メディア学会 外国語教育メディア学会 関東支部賞
所属学会 (7件):
日本教育学会 ,  日本情報ディレクトリ学会 ,  日本比較文化学会 ,  関東甲信越英語教育学会 ,  外国語教育メディア学会 ,  日本英語教育史学会 ,  全国英語教育学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る