研究者
J-GLOBAL ID:201501012489128670   更新日: 2019年09月05日

ボンジェ ペイター

Peter Bontje
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): https://kaken.nii.ac.jp/d/r/00388703.ja.html
研究分野 (1件): 応用健康科学
研究キーワード (3件): 多職種間連携の教育 ,  作業科学 ,  作業療法
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2019 - 2021 International Credit Mobility between Partner and Programme countries outside EU
  • 2018 - 2019 活動日記を用いた講座と既存の生涯学習講座の効果の比較
  • 2016 - 2019 Development and efficacy of community-based intergrated care system interprofessional program for care prevention (kaigo-yobou) based in social-innovation
  • 2017 - 2018 作業療法生に対するクリニカルリーズニング評価の予備尺度の開発ー構成概念の検討と予備尺度の作成ー
  • 2017 - 2018 活動モニタリングツールを用いた実践型講座の開催と効果の検証
論文 (28件):
  • Yeasir Arafat Alve, Peter Bontje, Salma Begum. Endeavouring sustainable participation: Post-discharge adaptation process of occupational participation among persons with spinal cord injury in Bangladesh. World Federation of Occupational Therapists Bulletin. 2019
  • Michael Palapal Sy, Peter Bontje, Nobuo Ohshima & Niki Kiepek. Articulating the form, function, and meaning of drug using in the Philippines from the lens of morality and work ethics. Journal of Occupational Science. 2019
  • Alve YA, Bontje P, Begum S. Intra- and interpersonal agency: Resuming occupational participation among persons with spinal cord injury after discharge from in-patient rehabilitation. Scandinavian journal of occupational therapy. 2019. 1-14
  • Alve YA, Bontje P. Factors Influencing Participation in Daily Activities by Persons With Spinal Cord Injury: Lessons Learned From an International Scoping Review. Topics in spinal cord injury rehabilitation. 2019. 25. 1. 41-61
  • 安齋哲也、ボンジェ・ペイター. 日本の作業療法士および作業科学者が捉える高齢者に対するまちづくり Age-Friendly Citiesの概念を用いた文献研究. 作業科学研究. 2018. 12. 1. 66-72
もっと見る
MISC (11件):
  • 葉山靖明、ボンジェ・ペイター、加茂永梨佳. オランダの作業療法を観て(オランダ研修の考察). 日本作業療法士協会誌. 2018. 73. 55-55
  • ボンジェ ペイター. インタービュー(日本OTに関する経験について). 作業療法マガジン(オランダ). 2017. 45. 5. 22-24
  • ボンジェ ペイター. 作業科学セミナー20年の振り返り. 作業科学研究. 2016. 10. 1. 17-19
  • ボンジェ ペイター. Look what you can do!: Real stories of occupational therapy in Japan (書評). 地域リハビリテーション. 2014. 9. 10. 790-790
  • ボンジェ ペイター. ヨーロッパのOTについて知る:オランダの訪問OTを紹介する. 東京作業療法. 2014. 2. 8-10
もっと見る
書籍 (4件):
  • 看護における反省的実践 (Reflective Practice in Nursing. The Growth of the Professional Practitioner (S Burns & C Bulman).
    ゆみる出版 2005
  • Becoming Interprofessional at Kobe University. In: Advanced Initiatives in Interprofessional Education in Japan: Japan Interprofessional Working and Education Network. (Eds: Watanabe H, Koizumi M).
    Springer Japan 2009
  • 頸髄損傷患者のリハビリテーションにおけるIPW.In: 田村由美(編著)新しいチーム医療
    看護の科学社 2012
  • 多職種チームでおこなうカンファレンスー退院支援・リハビリテーションの事例.In:田村由美(編著)新しいチーム医療(改善版)
    看護の科学 2018 ISBN:978-4-87804-108-2
講演・口頭発表等 (74件):
  • 国際交流とは? なぜ国際交流か.
    (第36回日本作業療法学会 2002)
  • オランダの身体障害を持っている高齢者が遂行(undertaken)した作業的適応
    (第6回作業科学セミナー 2002)
  • ヨーロッパの作業科学への誘い
    (第7回作業科学セミナー 2003)
  • ヨーロッパの作業療法活動・動向
    (第16回東北作業療法学 2004)
  • ヨーロッパにおける作業科学:私自身の博士論文を例として
    (第8回作業科学セミナー 2004)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士 (Karolinska Institutet)
経歴 (1件):
  • 2012 - 首都大学東京 准教授
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る