研究者
J-GLOBAL ID:201501012638987940   更新日: 2019年09月26日

有持旭

アリモチ アキラ | Akira Arimochi
所属機関・部署:
職名: 専任講師
研究分野 (2件): 美術史 ,  芸術一般
研究キーワード (5件): アニメーション ,  シュルレアリスム ,  エストニア ,  比較美術史 ,  風刺画
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2019 - 2022 国営アニメーションスタジオの風刺画受容に関する比較研究-エストニアを中心に
  • 2017 - 2020 独立以前のエストニアにおける風刺画と文芸新聞及び雑誌の相関
  • 2018 - 2019 エストニア・アニメーション史の解釈による民族学的シュルレアリスム思考
  • 2016 - 2019 エストニア・アニメーションにおけるシュルレアリスム受容の調査研究
論文 (2件):
  • 『ホテルE』の不条理ー変革期エストニアで制作されたアニメーションに関する分析ー. 近畿大学文芸学部論集『文学・芸術・文化』. 2019. 31. 1. 1-27
  • 独立以前のエストニア・アニメーションに関する民族誌的解釈:プリート・パルンの〈不条理〉を視座にして. 東京藝術大学大学院映像研究科. 2019
書籍 (1件):
  • Surrealism Narratology drawn by Contemporary Japanese Manga
    Rocio 2016
講演・口頭発表等 (5件):
  • Variation and Rhythm for Animation
    (インド国立デザイン大学院 (NID) 2015)
  • いま観る『AKIRA』とは何か
    (広島市文化映像ライブラリー 2015)
  • プリート・パルンの風刺画から読み解く〈不条理〉
    (日本アニメーション学会第19回大会 2017)
  • 《タリンフィルム》シュルレアリスト・グループの活動
    (日本アニメーション学会 秋季研究集会 2017)
  • 『Hotell E』によるパルン分析
    (日本アニメーション学会第20回大会 2018)
学位 (1件):
  • 博士 (学術/東京藝術大学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る