研究者
J-GLOBAL ID:201501013677781548   更新日: 2022年03月19日

水関 健司

ミズセキ ケンジ | Mizuseki Kenji
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.med.osaka-cu.ac.jp/physiology2/
研究分野 (5件): 認知脳科学 ,  生理学 ,  神経機能学 ,  基盤脳科学 ,  神経科学一般
研究キーワード (8件): 場所細胞 ,  ドーパミン ,  前頭前野 ,  扁桃体 ,  記憶 ,  海馬 ,  睡眠 ,  オシレーション
競争的資金等の研究課題 (31件):
  • 2020 - 2023 海馬から他の脳領域への情報分配メカニズムの解明
  • 2021 - 2023 恐怖記憶の獲得・固定・想起・消去の基盤となる神経ダイナミクスの解明
  • 2019 - 2021 恐怖記憶の獲得・固定・想起・消去の基盤となる神経ダイナミクスの解明
  • 2018 - 2020 海馬台における投射先特異的な情報処理機構の解明
  • 2019 - 2020 海馬台における情報表現と他の脳領域への情報分配メカニズムの解明
全件表示
論文 (54件):
  • Hiroyuki Miyawaki, Kenji Mizuseki. De novo inter-regional coactivations of preconfigured local ensembles support memory. Nature communications. 2022. 13. 1. 1272-1272
  • Takuma Kitanishi, Mariko Tashiro, Naomi Kitanishi, Kenji Mizuseki. Intersectional, anterograde transsynaptic targeting of neurons receiving monosynaptic inputs from two upstream regions. Communications Biology. 2022. 5. 1
  • Yuichi Takeuchi, Anett J. Nagy, Lívia Barcsai, Qun Li, Masahiro Ohsawa, Kenji Mizuseki, Antal Berényi. The Medial Septum as a Potential Target for Treating Brain Disorders Associated With Oscillopathies. 2021. 15. 701080
  • Tomoki Kurikawa, Kenji Mizuseki, Tomoki Fukai. Oscillation-Driven Memory Encoding, Maintenance, and Recall in an Entorhinal-Hippocampal Circuit Model. Cerebral cortex (New York, N.Y. : 1991). 2021. 31. 4. 2038-2057
  • Takuma Kitanishi, Ryoko Umaba, Kenji Mizuseki. Robust information routing by dorsal subiculum neurons. Science advances. 2021. 7. 11
もっと見る
MISC (5件):
書籍 (1件):
  • ブレインサイエンス・レビュー 2018
    クバプロ 2018
講演・口頭発表等 (58件):
  • セル・アセンブリの領域間同期活動による恐怖記憶の全体表現
    (第99回日本生理学会大会 2022)
  • Pathway-specific information outflow from the subiculum
    (National Institute of Genetics Symposium "Circuit Construction in the Mammalian Brain" 2021)
  • 恐怖記憶を支える海馬・扁桃体・前頭前野の セル・アセンブリ同期活動
    (生理学研究所研究会 多様な視点から情動を捉え直す 2021)
  • Elucidation of information processing in the hippocampus using large-scale electrophysiology and optogenetics
    (Kyoto University Graduate School of Medicine, Neuroscience Lecture 2021)
  • 海馬台からの投射先特異的な情報分配メカニズム
    (第98回日本生理学会大会 2021)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1996 - 2000 京都大学
  • 1990 - 1996 京都大学
学位 (1件):
  • 博士(医学) (京都大学)
経歴 (7件):
  • 2015/04 - 現在 大阪市立大学大学院医学研究科 神経生理学 教授
  • 2012/09 - 2015/03 アレン脳科学研究所 神経コード解明部門 シニア研究者
  • 2012/03 - 2012/09 ニューヨーク大学医学部 リサーチアシスタントプロフェッサー
  • 2009/03 - 2012/03 ラトガース大学 分子行動神経科学センター リサーチアシスタントプロフェッサー
  • 2004/04 - 2009/02 ラトガース大学 分子行動神経科学センター 博士研究員
全件表示
委員歴 (3件):
  • 2016/04 - 現在 日本生理学会 評議員
  • 2020/01 - 2022/12 日本神経科学学会 ニュース編集委員会 委員
  • 2016/04 - 2017/03 日本生理学会 第109回 近畿生理学談話会 世話人
所属学会 (3件):
日本生理学会 ,  北米神経科学会 ,  日本神経科学学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る