研究者
J-GLOBAL ID:201501013677781548   更新日: 2020年08月31日

水関 健司

ミズセキ ケンジ | Mizuseki Kenji
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://www.med.osaka-cu.ac.jp/physiology2/http://www.med.osaka-cu.ac.jp/physiology2/
研究分野 (4件): 神経科学一般 ,  神経科学一般 ,  基盤脳科学 ,  基盤脳科学
研究キーワード (5件): 扁桃体 ,  オシレーション ,  記憶 ,  海馬 ,  睡眠
競争的資金等の研究課題 (27件):
  • 2019 - 2021 恐怖記憶の獲得・固定・想起・消去の基盤となる神経ダイナミクスの解明
  • 2019 - 2020 海馬台における情報表現と他の脳領域への情報分配メカニズムの解明
  • 2018 - 2020 海馬台における投射先特異的な情報処理機構の解明
  • 2018 - 2019 海馬から他の脳領域への情報分配メカニズムの解明
  • 2017 - 2019 多点同時記録と光操作の融合による単一神経細胞の入出力解析法の開発
全件表示
論文 (48件):
  • Cell type, sub-region, and layer-specific speed representation in the hippocampal-entorhinal circuit. 2020. 10. 1407. 1-23
  • Ryota Kobayashi, Shuhei Kurita, Anno Kurth, Katsunori Kitano, Kenji Mizuseki, Markus Diesmann, Barry J Richmond, Shigeru Shinomoto. Reconstructing neuronal circuitry from parallel spike trains. Nature communications. 2019. 10. 1. 4468-4468
  • T Kurikawa, K Mizuseki, T Fukai. Oscillation-driven memory encoding, maintenance and recall in an entorhinal-hippocampal circuit model. bioRxiv. 2019. 804062
  • Mizuseki K, Miyawaki H. Hippocampal Information Processing and Homeostatic Regulation During REM and Non-REM Sleep. Handbook of Behavioral Neuroscience. 2019. 30. 49-62
  • Watanabe K, Sasaki AT, Tajima K, Mizuseki K, Mizuno K, Watanabe Y. Mental fatigue is linked with attentional bias for sad stimuli. Scientific reports. 2019. 9. 8789. 1-8
もっと見る
MISC (6件):
  • Synthetic spike data generated by a network of 1,000 Hodgkin-Huxley type neurons. figshare. 2019
  • Mizuseki K, Sirota, Pastalkova E, Diba K, Buzsáki G. Multiple single unit recordings from different rat hippocampal and entorhinal regions while the animals were performing multiple behavioral tasks. http://crcns.org/data-sets/hc/hc-3. 2014
  • Kenji Mizuseki, Gyoergy Buzsaki. Theta oscillations provide temporal windows for local circuit computation in the entorhinal-hippocampal loop. NEUROSCIENCE RESEARCH. 2009. 65. S60-S60
  • H. Ikeda, F. Osakada, K. Watanabe, K. Mizuseki, H. Miyoshi, Y. Honda, N. Yoshimura, M. Takahashi, Y. Sasai. Generation of Rx(+)/Pax6(+) neural retinal precursors from embryonic stem cells. MECHANISMS OF DEVELOPMENT. 2005. 122. S130-S130
  • 水関健司, 笹井芳樹. 胚性幹細胞から神経細胞への試験管内分化誘導. 臨床神経学. 2002. 42. 11
もっと見る
書籍 (1件):
  • ブレインサイエンス・レビュー 2018
    クバプロ 2018
講演・口頭発表等 (49件):
  • 大規模計測と光遺伝学を用いた海馬の領域間情報伝達の解明
    (第18回 関西バイオ創薬研究会 2019)
  • 大規模電気生理学と光遺伝学を用いた海馬の情報処理機構の解明
    (理化学研究所 生命機能科学研究センター 生体イメージングサイエンスセミナー 2019)
  • 恐怖記憶の獲得・固定・想起・消去の基盤となる神経ダイナミクス
    (大阪大学蛋白質研究所セミナー 精神疾患の分子・回路病態研究の最前線 2019)
  • Pathway-specific information outflow from the subiculum
    (New York University 2019)
  • Pathway-specific information processing in the subiculum across sleep/wake cycles.
    (第42回 日本神経科学学会 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1996 - 2000 京都大学
  • 1990 - 1996 京都大学
学位 (1件):
  • 博士(医学) (京都大学)
経歴 (7件):
  • 2015/04 - 現在 大阪市立大学大学院医学研究科 神経生理学 教授
  • 2012/09 - 2015/03 アレン脳科学研究所 神経コード解明部門 シニア研究者
  • 2012/03 - 2012/09 ニューヨーク大学医学部 リサーチアシスタントプロフェッサー
  • 2009/03 - 2012/03 ラトガース大学 分子行動神経科学センター リサーチアシスタントプロフェッサー
  • 2004/04 - 2009/02 ラトガース大学 分子行動神経科学センター 博士研究員
全件表示
委員歴 (3件):
  • 2016/04 - 現在 日本生理学会 評議員
  • 2020/01 - 2022/12 日本神経科学学会 ニュース編集委員会 委員
  • 2016/04 - 2017/03 日本生理学会 第109回 近畿生理学談話会 世話人
所属学会 (3件):
日本生理学会 ,  北米神経科学会 ,  日本神経科学学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る