研究者
J-GLOBAL ID:201501013862036824   更新日: 2020年09月01日

杉浦 健一

スギウラ ケンイチ | Sugiura Ken'ichi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): https://kaken.nii.ac.jp/d/r/60252714.ja.html
研究分野 (4件): 生物有機化学 ,  構造有機化学、物理有機化学 ,  無機・錯体化学 ,  機能物性化学
研究キーワード (30件): ポルフィリン ,  光合成 ,  電子移動 ,  ナノサイエンス ,  超分子 ,  分子ワイヤー ,  オリゴマー ,  電気伝導度 ,  巨大分子 ,  マンガン ,  アセチレン ,  走査トンネル顕微鏡 ,  分子磁性 ,  光集光 ,  分子設計 ,  ナノテクノロジー ,  次元性 ,  エネルギー移動 ,  配位 ,  構造有機化学 ,  金属錯体 ,  ヘテロ原子 ,  分子性磁性体 ,  遷移金属 ,  パイ電子系 ,  集積型金属錯体 ,  光誘起電子移動 ,  集積型 ,  多量体 ,  ピレン
論文 (124件):
  • Ken-ichi Yamashita, Daisuke Hirano, Ken-ichi Sugiura. Metal complexes of 5,15-porphyrinquinones: Systematic study of crystal structure, electronic structure, and Lewis acidity. European Journal of Inorganic Chemistry. 2020. in press
  • Ken-ichi Yamashita, Daisuke Hirano, Ken-ichi Sugiura. Metal complexes of 5,15-porphyrinquinones: comparative studies of crystal structure, electronic structure, and Lewis acidity. European Journal of Inorganic Chemistry. 2020. in press
  • Md Awlad HOSSAIN, Kazunori HIRABAYASHI, Tohru NISHINAGA, Toshio SHIMIZU, Ken-ichi SUGIURA. Crystal Structure Refinement of 1,4,5,8-Tetrabromonaphthalene: A Twisted Chiral Naphthalene Induced by Steric Repulsion. X-ray Structure Analysis Online. 2020. in press
  • Sami AYARI, Kazunori HIRABAYASHI, Toshio SHIMIZU, Bassem JAMOUSSI, Mehmet F. SAGLAM, Devrim ATİLLA, and Ken-ichi SUGIURA. Crystal Structure of 3-(3-Methyl-1H-indole-1-yl)phthalonitrile. X-ray Structure Analysis Online. 2020. 36. 11-14
  • Yamashita, Ken-ichi, Kuramochi, Narumi, Pham Qui Van, Hang, Furutani, Kazuhiro, Ogawa, Takuji, Sugiura, Ken-ichi. Efficient Synthesis of Arylenedioxy-​Bridged Porphyrin Dimers through Catalyst-​Free Nucleophilic Aromatic Substitution. ChemPlusChem. 2020. 85. 1. 217-226
もっと見る
MISC (46件):
  • 渡辺理紗, 長谷川真士, 石岡すみれ, 真崎康博, 今井喜胤, 杉浦健一. 2位にアリール基を有した光学活性なビナフチルの合成とその分光学的性質. 基礎有機化学討論会要旨集. 2018. 29th. 229
  • 秋元宣人, 樋口博紀, 菊池裕嗣, 今井喜胤, 杉浦健一. ビアントラセノール誘導体の合成とキラリティによって誘起される分光学的,及び集合体の性質. 基礎有機化学討論会要旨集. 2018. 29th. 151
  • 杉浦健一, 秋元宣人, 原伸行, 今井喜胤, 樋口博紀, 菊池裕嗣. 光学活性ビアントラセノール誘導体の合成とキラリティに基づく諸性質. 有機合成シンポジウム講演要旨集. 2018. 113th. 42-43
  • 秋元宣人, 今井喜胤, 杉浦健一. ビアントラセノールの簡便な光学分割方法,及びその誘導体のキロプティカル特性. 日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM). 2018. 98th. ROMBUNNO.1F3-39
  • 杉浦健一, 藤巻圭介, 今井喜胤, 五島健太. 軸不斉ビペリレン類の合成と光学的性質. 有機合成シンポジウム講演要旨集. 2017. 111th. 46-47
もっと見る
講演・口頭発表等 (46件):
  • Synthetic study on 3-Methylindole substituted zinc phthalocyanines
    (日本化学会第100春季年会 2020)
  • D2の点群を有する光学活性分子の合成とキロプティカル特性
    (日本化学会第100春季年会 2020)
  • D2の対称性を有する環状ピレン四量体の合成とキロプティカル特性
    (日本化学会第100春季年会 2020)
  • Oxidative intramolecular multiple C-C bonds formation reactions of 1,2- diarylbenzenes
    (日本化学会第100春季年会 2020)
  • Chemical Modifications of Dinaphtofuran and Their Enhanced Physical Properties
    (Pure and Applied Chemistry International Conference 2020 (PACCON 2020) 2020)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1989 - 1992 総合研究大学院大学 機能分子科学専攻(分子科学研究所)
  • 1987 - 1989 大阪大学大学院 有機化学専攻・博士前期課程
  • - 1987 北海道大学 化学科
学位 (1件):
  • 博士(理学) (総合研究大学院大学(分子科学研究所))
経歴 (8件):
  • 2020/04 - 現在 東京都立大学 理学研究科 化学専攻 教授
  • 2018/04 - 2020/03 首都大学東京 大学院・理工学研究科(改組) 教授
  • 2005/04 - 2018/03 首都大学東京 大学院・理学研究科(改組) 教授
  • 2001/04 - 2005/03 東京都立大学大学院 理学研究科・化学専攻 助教授
  • 2002/06 - 2002/09 豪州クイーンズランド工科大学 化学科 Invited Associate Professor
全件表示
委員歴 (1件):
  • 2002/07 - 2004/03 特許庁 ナノテクノロジー技術動向調査委員会
所属学会 (5件):
日本液晶学会 ,  アメリカ化学会 ,  基礎有機化学会 ,  有機合成化学協会 ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る