研究者
J-GLOBAL ID:201501014161309211   更新日: 2020年06月03日

雲島 知恵

クモジマ トモエ | Kumojima Tomoe
所属機関・部署:
職名: 講師
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (1件): 英文学、英語圏文学
研究キーワード (4件): 旅行記 ,  ジェンダー ,  ポストコロニアリズム ,  トランスナショナル・フェミニズム
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2019 - 2022 日英米女性達による芸術・情動を媒介とした外交:日露戦争から第二次世界大戦まで
  • 2020 - 2021 日米女性の太平洋を越えた審美的外交:日露戦争から第二次世界大戦まで
  • 2016 - 2020 性差・国家の狭間の文学:英国女性科学者と英国人妻・娘による近現代日本の表象
  • 2014 - 2016 帝国主義の衝突:大英帝国女性作家達による両大戦・大戦間期の大日本帝国の表象
論文 (1件):
  • “A strange thrill”: Isabella Bird and the fugitive community of travellers. Studies in Travel Writing. 2017. 21. 1. 33-46
書籍 (1件):
  • Victorian Women's Travel Writing on Meiji Japan: Feminine Hospitable Friendship (under contract)
    Oxford University Press
講演・口頭発表等 (5件):
  • Literary Diplomacy: Transpacific Female Solidarity during the Russo-Japanese War
    (FiMA 2020: Feminist Revolutions 2021)
  • Gothic Sisterhood: Victorian Women Travellers and Transnational Empathy in Ghostly Japan
    (Gothic Spaces: Houses, Landscapes, Bodies 2019)
  • “‘A daughter of the East, a child of the West’: Yei Theodora Ozaki, Anglo-Japanese Miscegenation, and Feminine Literary Diplomacy”
    (Pacific Gateways: International Symposium on English Literature and the Pacific Ocean, 1760-1914 2017)
  • ‘the democracy of art’: Elizabeth Keith and the Representation of the Ordinary
    (East/West: Ruptures & Convergences 2016)
  • "Japan to me seemed not quite human": The Representation of the Japanese Empire in British Women's Travel Writing during the Interwar Period
    (2014 ELLAK International Conference Traveling Contexts: Cosmopolitanisms Old&New, East&West 2014)
学位 (1件):
  • 博士(英文学) (オックスフォード大学)
経歴 (3件):
  • 2020/03 - 現在 カリフォルニア大学バークレー校 客員研究員
  • 2015/04 - 現在 奈良女子大学 講師
  • 2014/04 - 2015/03 奈良女子大学 特任助教
所属学会 (1件):
日本英文学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る