研究者
J-GLOBAL ID:201501015546477537   更新日: 2020年08月26日

佐藤 和敏

サトウ カズトシ | Sato Kazutoshi
所属機関・部署:
職名: 助教
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (1件): 大気水圏科学
研究キーワード (4件): 南極 ,  大気海洋相互作用 ,  極域 ,  北極
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2020 - 2022 南極暖湿化の原因とその影響の定量化
  • 2020 - 2022 寒冷地における気象ドローンの実験的社会実装
  • 2019 - 2021 気象災害を防止する極域観測網の構築
  • 2019 - 2019 高解像度北極圏領域モデルの比較研究
  • 2019 - 2019 若手研究者海外派遣事業
全件表示
論文 (13件):
  • Sato, K, Inoue, J, Yamazaki, A, Hirasawa, N, Sugiura, K, Yamada, K. Antarctic radiosonde observations reduce uncertainties and errors in reanalyses and forecasts over the Southern Ocean: an extreme cyclone case. Advances in Atmospheric Sciences. 2020. 37. 431-440
  • Kanaya, Y, K. Miyazaki, F. Taketani, T. Miyakawa, H. Takashima, Y. Komazaki, X. Pan, S. Kato, K. Sudo, J. Inoue, K. Sato, K. Oshima. Ozone and carbon monoxide observations over open oceans on R/V Mirai from 67° S to 75° N during 2012 to 2017: Testing global chemical reanalysis in terms of Arctic processes, low ozone levels at low latitudes, and pollution transport. Atmospheric Chemistry and Physics. 2019. 19. 11. 7233-7254
  • Sato K, J. Inoue. Relationship between transpolar flights over the Arctic and the upper atmospheric circulation. Okhotsk Sea and Polar Oceans Research. 2019. 3. 1-6
  • Sato, K, J. Inoue, A. Yamazaki, J.-H. Kim, A. Makshtas, V. Kustov, M. Maturilli, K. Dethloff. Impact on predictability of tropical and mid-latitude cyclones by extra Arctic observations. Scientific Reports. 2018. 8. 12104
  • Nose T, A. Webb, T. Waseda, J. Inoue, K. Sato. Predictability of storm wave heights in the ice-free Beaufort Sea. Ocean Dynamics. 2018
もっと見る
MISC (6件):
  • 平沢尚彦, 栗田直幸, 佐藤和敏, 林 政彦. 2019年春季「極域・寒冷域研究連絡会」の報告 -南極の広域をより高い精度で観測する-. 天気. 2020. 67. 3. 195-199
  • 大島 和裕, 堀 正岳, 佐藤 和敏, 浅井 博明, 荒木 健太郎. 2017年春季「極域・寒冷域研究連絡会」の報告 : マルチスケールで考える,都市における降雪・積雪. 天気. 2017. 64. 11. 823-826
  • 久野木梓織, 万田敦昌, 児玉安正, 飯塚聡, 佐藤和敏, FATHRIO Ibnu, 三井拓, 瀬古弘, 茂木耕作, 見延庄士郎, 立花義裕. 東シナ海が梅雨前線帯に及ぼす影響. 日本気象学会大会講演予稿集. 2015. 107. 345
  • 久野木梓織, 万田敦昌, 児玉安正, 飯塚聡, 佐藤和敏, FATHRIO Ibnu, 三井拓, 若杉春彦, 瀬古弘, 茂木耕作, 川合義美, 見延庄士郎, 立花義裕. 九州西方の暖水域が梅雨前線帯に及ぼす影響. 日本海洋学会大会講演要旨集. 2014. 2014. 47
  • 万田敦昌, 若杉春彦, 濱野五月, 三井拓, 山内晃, 河本和明, 兼原壽生, 青島隆, 清水健一, 内田淳, 下田真子, 八木光晴, 佐藤和敏, 久野木梓織, 関真理子, 佐々木実紀, 和田幸恵, FATHRIO Ibnu, 児玉安正, 飯塚聡, 松本佳華, 井上晃介, 佐藤由布子, 佐藤尚毅, 丸山拓海, 齋藤雅典, 早坂忠裕, 日高拓哉, 松永拓也, 冨田智彦, 見延庄士郎, 茂木耕作, 川合義美, 安藤雄太, 鈴木はるか, 鈴木耕二郎, 谷口佳於里, 立花義裕. 東シナ海黒潮上における風速強化-2012年5月の事例解析-. 日本気象学会大会講演予稿集. 2013. 104. 327
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2013 - 2015 総合研究大学院大学 複合科学研究科 極域科学専攻
  • 2011 - 2013 弘前大学大学院 理工学研究科 理工学専攻
  • 2007 - 2011 弘前大学 理工学部 地球環境学科
  • 2003 - 2006 尼崎東高等学校
学位 (1件):
  • 博士(理学) (総合研究大学院大学)
経歴 (6件):
  • 2019/04 - 現在 北見工業大学 助教
  • 2018/10 - 現在 海洋研究開発機構 外来研究員
  • 2018/03 - 2019/03 北見工業大学 特任助教
  • 2017/12 - 2018/02 タスマニア大学 日本学術振興会海外特別研究員
  • 2015/10 - 2017/11 国立極地研究所 特任研究員
全件表示
受賞 (8件):
  • 2016 - KOPRI Asian Polar Science Fellowship Program 2016
  • 2015 - ブルーアースシンポジウム2015 若手奨励賞
  • 2014 - Monthly highlights collection of Environmental Reserch Letters
  • 2014 - 総合研究大学院大学 第6回学長賞
  • 2013 - 弘前大学 学生表彰
全件表示
所属学会 (5件):
European Geosciences Union ,  American Geophysical Union ,  日本海洋学会 ,  日本気象学会 ,  日本地球惑星科学連合
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る