研究者
J-GLOBAL ID:201501015729346776   更新日: 2020年12月28日

荻野 千砂子

オギノ チサコ | Chisako Ogino
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): https://kaken.nii.ac.jp/d/r/40331897.ja.html
研究分野 (1件): 言語学
研究キーワード (29件): 指示詞 ,  授受動詞 ,  八重山地方 ,  クダサル ,  テ形 ,  視点 ,  謙譲語 ,  宮良方言 ,  敬語 ,  人称詞 ,  中称 ,  日本語史 ,  沖縄方言 ,  補語尊敬 ,  疑問 ,  ヤル・クレル・モラウ ,  八重山 ,  琉球方言 ,  かたじけない ,  二方面敬語 ,  近代語授受動詞 ,  文法 ,  狂言資料 ,  モダリティ ,  ドウ ,  補助動詞 ,  タマワル(タモル) ,  狂言本 ,  お礼のことば
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2020 - 2029 一人称寄り視点が無い琉球語で生じる現象の究明と消滅の危機にある南琉球語の保存
  • 2020 - 2021 国立国語研究語共同研究プロジェクト「日本の消滅聞き言語・方言の記録とドキュメンテーションの作成
  • 2020 - 2021 令和2年度 危機的な状況にある言語・方言のアーカイブ化を想定した実地調査研究
  • 2019 - 2020 国立国語研究語共同研究プロジェクト「日本の消滅聞き言語・方言の記録とドキュメンテーションの作成
  • 2019 - 2020 令和元年度 危機的な状況にある言語・方言のアーカイブ化を想定した実地調査研究
全件表示
論文 (11件):
  • 荻野千砂子. 「八重山地方西表島船(ふな)浮(うき)方言の談話資料」. 文化庁委託事業報告書 危機的な状況にある言語・方言のアーカイブ化を想定した実地調査研究. 2020. 131-142
  • 荻野千砂子. 「八重山地方石垣島川平(かびら)方言の動詞の特徴」. 文化庁委託事業報告書 危機的な状況にある言語・方言のアーカイブ化を想定した実地調査研究. 2020. 104-130
  • 荻野千砂子. 「近世前期の授与動詞の諸相-トラス、アゲルを中心に」. 日本語語用論フォーラム. 2020. 3. 105-134
  • 荻野千砂子. 「南琉球石垣宮良方言のタボールン系語彙の主語」. 坂口至教授退職記念 日本語論集. 2020. 127-148
  • 荻野千砂子. 「八重山地方竹富町黒島方言の『桃太郎』」. 2019. 2019. 184-191
もっと見る
MISC (28件):
  • 書評 永田高志著『対称詞体系の歴史的研究』. 日本語の研究. 2018. 14. 1. 57-64
  • 荻野千砂子. 「八重山語黒島方言のテンス・アスペクト」. 『琉球諸語 記述文法』. 2016. III
  • 荻野千砂子. 「出雲方言の指示詞カ,サに関する報告」. 『消滅危機方言の調査・保存のための総合的研究 出雲方言調査報告書』. 2016
  • 原田走一郎, 荻野千砂子. 「沖縄県黒島方言の音節一覧・助詞・談話資料」. 『平成27年度危機的な状況にある言語・方言のアーカイブ化を想定した調査研究』. 2016
  • 「沖縄県竹富町黒島方言」. 『危機的な状況にある言語・方言の保存・継承に係る取組等の実態に関する調査研究』. 2015
もっと見る
書籍 (1件):
  • 『研究社日本語教育事典』
    研究社 2012
講演・口頭発表等 (23件):
  • 「沖縄県竹富町の黒島の謙譲語α「差し上げる」の機能と自敬について」
    (第49回九州方言研究会 2020)
  • 「北琉球語喜界島方言の授与動詞」
    (日本語学会2019年度秋季大会 2019)
  • 「自敬の許容範囲-南琉球八重山石垣宮良方言-」
    (第23回東アジア日本語教育・日本文化研究学会 国際学術大会 2019)
  • 「竹富町黒島方言の 尊敬語waaruNの用法 -主語尊敬からの拡張機能-」
    (2019年度(第42回)沖縄言語研究センター 総会・研究発表会・シンポジウム 2019)
  • 「「上げる」はどのようにして授受動詞化したか」
    (ベネファクティブとポライトネス研究集会 2019)
もっと見る
Works (1件):
  • 「沖縄県竹富町黒島方言」
    荻野千砂子 2015 -
経歴 (1件):
  • 2013 - 大分大学 教育福祉科学部 准教授
受賞 (3件):
  • 2013/03 - 大分大学学長表彰
  • 2012/11 - 第30回新村出研究奨励賞
  • 2011/09 - 大分大学女性枠研究者奨励賞最優秀賞
所属学会 (7件):
西日本国語国文学会 ,  福岡教育大学国語国文学会 ,  東アジア日本語教育・日本文化研究学会 ,  日本語学会(旧:国語学会) ,  日本文法学会 ,  大分大学国語国文学会 ,  九州大学国語国文学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る