研究者
J-GLOBAL ID:201501015800439209   更新日: 2021年03月05日

西山 将広

ニシヤマ マサヒロ | Nishiyama Masahiro
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (1件): 胎児医学、小児成育学
研究キーワード (4件): 神経免疫 ,  てんかん ,  けいれん重積 ,  急性脳症
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2021 - 2023 痙攣重積型(二相性)急性脳症の発病予測と後遺症軽減のためのレジストリ構築
  • 2020 - 2021 臨床データベースと患者検体を活用した経時的かつ包括的解析による急性脳症のバイオマーカーの開発
  • 2018 - 2021 臨床データベースと患者検体を活用したサイトカインストーム型急性脳症の病態解明
  • 2015 - 2018 てんかん重積状態の脳傷害に対する間葉系幹細胞を用いた新規治療法の開発
論文 (64件):
  • Azusa Maruyama, Shoichi Tokumoto, Hiroshi Yamaguchi, Yusuke Ishida, Tsukasa Tanaka, Kazumi Tomioka, Masahiro Nishiyama, Kyoko Fujita, Daisaku Toyoshima, Hiroaki Nagase. Early non-convulsive seizures are associated with the development of acute encephalopathy with biphasic seizures and late reduced diffusion. Brain and Development. 2021. 43. 4. 548-555
  • Hiroshi Yamaguchi, Masahiro Nishiyama, Shoichi Tokumoto, Yusuke Ishida, Kazumi Tomioka, Kazunori Aoki, Yusuke Seino, Daisaku Toyoshima, Hiroki Takeda, Hiroshi Kurosawa, et al. Elevated cytokine, chemokine, and growth and differentiation factor-15 levels in hemorrhagic shock and encephalopathy syndrome: A retrospective observational study. Cytokine. 2021. 137. 155324-155324
  • Hiroshi Yamaguchi, Hiroaki Nagase, Shoichi Tokumoto, Kazumi Tomioka, Masahiro Nishiyama, Hiroki Takeda, Takeshi Ninchoji, China Nagano, Kazumoto Iijima, Kandai Nozu. Prevalence of Wilson Disease Based on Genome Databases in Japan. Pediatrics International. 2020
  • Yukio Tsuji, Takehiro Ueda, Kenji Sekiguchi, Masahiro Nishiyama, Fumio Kanda, Chikako Nishigori, Tatsushi Toda, Riki Matsumoto. Progressive length-dependent polyneuropathy in xeroderma pigmentosum group A. Muscle & Nerve. 2020. 62. 4. 534-540
  • Masahiro Nishiyama, Hiroshi Yamaguchi, Yusuke Ishida, Kazumi Tomioka, Hiroki Takeda, Noriyuki Nishimura, Kandai Nozu, Hiroki Mishina, Kazumoto Iijima, Hiroaki Nagase. Seizure prevalence in children aged up to 3 years: a longitudinal population-based cohort study in Japan. BMJ Open. 2020. 10. 9. e035977-e035977
もっと見る
MISC (60件):
  • 山口 宏, 永瀬 裕朗, 西山 将広, 徳元 翔一, 豊嶋 大作, 丸山 あずさ, 森貞 直哉, 飯島 一誠. 新規STXBP1変異を認め大田原症候群と診断したSTXBP1脳症. てんかん研究. 2019. 37. 2. 637-637
  • 冨岡 和美, 西山 将広, 山口 宏, 石田 悠介, 徳元 翔一, 豊嶋 大作, 丸山 あずさ, 永瀬 裕朗, 飯島 一誠. 小児難治てんかん重積状態における急性期の血中サイトカイン推移. てんかん研究. 2019. 37. 2. 675-675
  • 西山 将広, 永瀬 裕朗, 山口 宏, 石田 悠介, 冨岡 和美, 三品 浩基, 飯島 一誠. 在胎週数毎に層別化した熱性けいれんの発生頻度 population-based study. てんかん研究. 2019. 37. 2. 705-705
  • 石田 悠介, 冨岡 和美, 田中 司, 西山 将広, 永瀬 裕朗, 徳元 翔一, 山口 宏, 豊嶋 大作, 丸山 あずさ, 黒澤 寛史, et al. 小児けいれん重積に対する脳波モニタリング下ミダゾラム昏睡療法の有効性と安全性. 脳と発達. 2019. 51. Suppl. S239-S239
  • 徳元 翔一, 山口 宏, 豊嶋 大作, 丸山 あずさ, 石田 悠介, 富岡 和美, 田中 司, 西山 将広, 永瀬 裕朗, 飯島 一誠. 有熱性難治性けいれん重積の治療プロトコル変遷による短期的予後の検討. 脳と発達. 2019. 51. Suppl. S239-S239
もっと見る
書籍 (1件):
  • 最新ガイドライン準拠 小児科診断・治療指針 改訂第2版 / けいれん重積、意識障害
    中山書店 2017
講演・口頭発表等 (83件):
  • 7歳時に診断した若年/成人型ガラクトシアリドーシスの臨床経過
    (第60回日本先天代謝異常学会総会 2018)
  • 有熱性けいれん重積状態の小児における非けいれん性発作
    (第52回日本てんかん学会学術集会 2018)
  • 発作性運動誘発性ジスキネジアを呈した偽性副甲状腺機能低下症の一例
    (第52回日本小児内分泌学会学術集会 2018)
  • 小児におけるカルバマゼピンとレベチラセタムによる血清脂質および甲状腺ホルモンの変化
    (第52回日本てんかん学会学術集会 2018)
  • 急性硬膜下血腫を発症し、脳動静脈瘻が指摘されたMELASの1例
    (第64回日本小児神経学会近畿地方会 2018)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 2018 神戸大学 大学院医学研究科博士課程修了
  • - 2006 広島大学医学部医学科 卒業
学位 (1件):
  • 医学博士 (神戸大学)
所属学会 (6件):
American Epilepsy Society ,  American Clinical Neurophysiology Society ,  American Academy of Neurology ,  日本てんかん学会 ,  日本小児神経学会 ,  日本小児科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る