研究者
J-GLOBAL ID:201501017240535749   更新日: 2020年09月01日

永瀬 裕朗

ナガセ ヒロアキ | Nagase Hiroaki
所属機関・部署:
職名: 特命教授
研究分野 (1件): 胎児医学、小児成育学
論文 (64件):
  • Hiroshi Yamaguchi, Mariko Taniguchi-Ikeda, Hiroaki Nagase, Yusuke Ito, Shoichi Tokumoto, Daisaku Toyoshima, Sarantuya Enkhjargal, Masahiro Nishiyama, Hiroyuki Awano, Hiroshi Kurosawa, et al. Acute rhabdomyolysis following viral infection with coxsackie A4 in a 50-day-old infant with Fukuyama congenital muscular dystrophy. Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy. 2020. 26. 5. 516-519
  • Hiroshi Yamaguchi, Masahiro Nishiyama, Shoichi Tokumoto, Yusuke Ishida, Kazumi Tomioka, Kazunori Aoki, Yusuke Seino, Daisaku Toyoshima, Hiroki Takeda, Hiroshi Kurosawa, et al. Detailed characteristics of acute encephalopathy with biphasic seizures and late reduced diffusion: 18-year data of a single-center consecutive cohort. Journal of the neurological sciences. 2020. 411. 116684-116684
  • Shogo Minamikawa, Saori Miwa, Tetsuji Inagaki, Kei Nishiyama, Hiroshi Kaito, Takeshi Ninchoji, Tomohiko Yamamura, China Nagano, Nana Sakakibara, Shingo Ishimori, et al. Molecular mechanisms determining severity in patients with Pierson syndrome. Journal of human genetics. 2020. 65. 4. 355-362
  • China Nagano, Tomohiko Yamamura, Tomoko Horinouchi, Yuya Aoto, Shinya Ishiko, Nana Sakakibara, Yuko Shima, Koichi Nakanishi, Hiroaki Nagase, Kazumoto Iijima, et al. Comprehensive genetic diagnosis of Japanese patients with severe proteinuria. Scientific reports. 2020. 10. 1. 270-270
  • Yoshikazu Hashida, Katsuaki Takechi, Tomomi Abiru, Noriyuki Yabe, Hiroaki Nagase, Koro Hattori, Susumu Takio, Yoshikatsu Sato, Mitsuyasu Hasebe, Hirokazu Tsukaya, et al. Two ANGUSTIFOLIA genes regulate gametophore and sporophyte development in Physcomitrella patens. The Plant journal : for cell and molecular biology. 2019
もっと見る
MISC (162件):
  • 村尾 真理子, 前山 花織, 万代 ツルエ, 高木 康子, 加藤 威, 岡田 由香, 溝渕 雅巳, 北山 真次, 冨岡 和美, 永瀬 裕朗, et al. 修正18〜24ヵ月のNICU退院児における感覚特性の検討. 小児の精神と神経. 2019. 59. 3. 269-270
  • 丸山 あずさ, 永瀬 裕朗. 救急・集中治療におけるてんかん重積状態への対応 けいれん性てんかん重積治療における持続脳波モニタリング. てんかん研究. 2019. 37. 2. 377-378
  • 山口 宏, 永瀬 裕朗, 西山 将広, 徳元 翔一, 豊嶋 大作, 丸山 あずさ, 森貞 直哉, 飯島 一誠. 新規STXBP1変異を認め大田原症候群と診断したSTXBP1脳症. てんかん研究. 2019. 37. 2. 637-637
  • 冨岡 和美, 西山 将広, 山口 宏, 石田 悠介, 徳元 翔一, 豊嶋 大作, 丸山 あずさ, 永瀬 裕朗, 飯島 一誠. 小児難治てんかん重積状態における急性期の血中サイトカイン推移. てんかん研究. 2019. 37. 2. 675-675
  • 西山 将広, 永瀬 裕朗, 山口 宏, 石田 悠介, 冨岡 和美, 三品 浩基, 飯島 一誠. 在胎週数毎に層別化した熱性けいれんの発生頻度 population-based study. てんかん研究. 2019. 37. 2. 705-705
もっと見る
講演・口頭発表等 (44件):
  • 1. 三次診療施設における小児のけいれん重積治療と予後
    (第52回日本てんかん学会学術集会 2018)
  • 2. 熱性けいれん・急性脳症におけるけいれん重積の管理
    (第275回日本小児科学会兵庫県地方会 2018)
  • CGMが診断・治療に有用であったダンピング症候群の乳児例
    (第27回臨床内分泌代謝Update 2017)
  • 症候性PKDを呈した偽性副甲状腺機能低下症の8歳女児例
    (日本小児神経学会近畿地方会 2017)
  • カルニチンのみで良好な経過をたどる慢性進行型メチルマロン酸血症同胞例
    (第59回日本先天代謝異常学会 2017)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 2003 神戸大学 大学院医学系研究科博士課程内科学系専攻修了
学位 (1件):
  • 博士(医学) (神戸大学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る