研究者
J-GLOBAL ID:201501018166991458   更新日: 2020年09月26日

土井 勝美

ドイ カツミ | Doi Katsumi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): https://kaken.nii.ac.jp/d/r/40243224.ja.html
研究分野 (1件): 耳鼻咽喉科学
研究キーワード (26件): AQP ,  内耳 ,  難聴 ,  蝸牛 ,  メニエール病 ,  水チャネル ,  HGF ,  アデノウイルスベクター ,  DNAマイクロアレイ ,  内リンパ水腫 ,  血管条 ,  real time PCR法 ,  遺伝子導入 ,  サイクリックAMP ,  RT-PCR ,  ホルモンレセプター ,  マウス蝸牛 ,  基底回転 ,  KCNEカリウムチャネル ,  ミネラルコルチコイド レセプター ,  前庭系 ,  MMP-9 ,  Isk ,  C-MET ,  2G ,  周波数選択制
競争的資金等の研究課題 (23件):
  • 2018 - 2021 内リンパ水腫の分子機構-内リンパ嚢に発現する蛋白質の網羅的解析
  • 2017 - 2020 頭頸部癌におけるセツキシマブ治療の耐性機序の解明
  • 2015 - 2017 内耳に発現するRhoA/ROCK pathwayの分子構造と生理機能の解析
  • 2011 - 2013 内耳に発現するmiRNAの分子構造と生理機能の解析
  • 2009 - 2011 耳鳴動物モデルにおける耳鳴評価法の確立と耳鳴分子マーカーの検索
全件表示
論文 (126件):
  • Takeru Ota, Fumiaki Nin, Samuel Choi, Shogo Muramatsu, Seishiro Sawamura, Genki Ogata, Mitsuo P. Sato, Katsumi Doi, Kentaro Doi, Tetsuro Tsuji, et al. Characterisation of the static offset in the travelling wave in the cochlear basal turn. PFLUGERS ARCHIV-EUROPEAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY. 2020
  • Ayako Suzuki, Nobuo Kashiwagi, Hiroshi Doi, Kazunari Ishii, Katsumi Doi, Mutsukazu Kitano, Takenori Kozuka, Tomoko Hyodo, Masakatsu Tsurusaki, Yukinobu Yagyu, et al. Patterns of bone metastases from head and neck squamous cell carcinoma. Auris, nasus, larynx. 2020. 47. 2. 262-267
  • Takeru Ota, Fumiaki Nin, Samuel Choi, Shogo Muramatsu, Seishiro Sawamura, Genki Ogata, Mitsuo P. Sato, Katsumi Doi, Kentaro Doi, Tetsuro Tsuji, et al. An offset component associated with the activity of outer hair cells in the cochlear travelling wave. Pflügers Archiv - European Journal of Physiology. 2020
  • Haratani K, Yonesaka K, Takamura S, Maenishi O, Kato R, Takegawa N, Kawakami H, Tanaka K, Hayashi H, Takeda M, et al. U3-1402 sensitizes HER3-expressing tumors to PD-1 blockade by immune activation. The Journal of clinical investigation. 2019
  • Yonesaka K, Tanaka K, Kitano M, Kawakami H, Hayashi H, Takeda M, Sakai K, Nishio K, Doi K, Nakagawa K. Aberrant HER3 ligand heregulin-expressing head and neck squamous cell carcinoma is resistant to anti-EGFR antibody cetuximab, but not second-generation EGFR-TKI. Oncogenesis. 2019. 8. 10. 54
もっと見る
MISC (468件):
  • 藤田 岳, 土井 勝美. 【聴神経腫瘍診療の未来】聴神経腫瘍の基礎研究と遺伝子解析. Otology Japan. 2019. 29. 2. 137-141
  • 佐藤 豪, 伊藤 八次, 大森 孝一, 北原 糺, 肥塚 泉, 將積 日出夫, 鈴木 衞, 武田 憲昭, 土井 勝美, 松田 和徳, et al. 末梢性めまいに対する高用量ベタヒスチンの治療効果 多施設共同臨床試験. Equilibrium Research. 2018. 77. 5. 428-428
  • 太田 有美, 森鼻 哲生, 川島 貴之, 大崎 康宏, 佐藤 崇, 岡崎 鈴代, 宇野 敦彦, 西村 洋, 今井 貴夫, 北原 糺, et al. 耳硬化症に対するアブミ骨手術の術後聴力成績の検討. 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2018. 121. 10. 1266-1272
  • 北野 睦三, 田山 二朗, 西原 美沙子, 佐藤 満雄, 速水 康介, 藤原 良平, 土井 勝美. 大阪府における嚥下障害診療の現状について 大阪府耳鼻咽喉科医会アンケート調査より. 耳鼻咽喉科臨床 補冊. 2018. 補冊153. 97-97
  • 齋藤 和也, 小林 孝光, 藤田 岳, 土井 勝美. 当科における小児先天性耳小骨奇形の検討. 小児耳鼻咽喉科. 2018. 39. 2. 158-158
もっと見る
特許 (4件):
書籍 (8件):
  • 難治性外耳疾患の診断と治療
    全日本病院出版会 2013 ISBN:9784881178485
  • 異物 : 初期対応から摘出まで
    全日本病院出版会 2008 ISBN:9784881174449
  • ラット内耳に発現するKCNE/KCNQカリウムチャネルの構造・機能解析
    [土井勝美] 2008
  • マウス蝸牛における周波数弁別機構の分子生物学的解析 : 有毛細胞、ラセン神経節細胞mRNAのsubtraction法、two-hybrid法を用いて
    [土井勝美] 2006
  • 重力変化による内耳水チャネル、カリウムチャネル分子発現量変化の解析 : 宇宙空間における内耳液のイオン組成・浸透圧変化と聴覚・前庭機能への影響
    [土井勝美] 2004
もっと見る
経歴 (1件):
  • 2010/04 - 近畿大学 医学部 教授
委員歴 (10件):
  • 2018 - 現在 日本耳鼻咽喉科学会 理事
  • 2017 - 現在 日本小児耳鼻咽喉科学会 理事
  • 2016 - 現在 日本聴覚医学会 理事
  • 2015 - 現在 日本めまい平衡医学会 理事
  • 2015 - 現在 厚生労働省 医道審議会医師分科会
全件表示
所属学会 (10件):
日本小児耳鼻咽喉科学会 ,  Politzer Society ,  Barany Society ,  日本頭頸部外科学会 ,  日本めまい平衡医学会 ,  日本聴覚医学会 ,  日本耳科学会 ,  日本耳鼻咽喉科学会 ,  American Otological Society ,  Americal Neurotology Society
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る