研究者
J-GLOBAL ID:201501018261217220   更新日: 2020年08月24日

宮田 昌史

ミヤタ マサフミ | Miyata Masafumi
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 胎児医学、小児成育学
研究キーワード (2件): 小児科学 ,  新生児学
論文 (11件):
  • FOXA2 gene mutation in a patient with congenital complex pituitary hormone deficiency. Eur J Med Genet. 2018. 8
  • A Family with Craniofrontonasal Syndrome: The First Report of Familial Cases of Craniofrontonasal Syndrome with Bilateral Cleft Lip and Palate. Cleft Palate Craniofac J. 2018. 55. 7. 1025-1029
  • Monitoring Shedding of Five Genotypes of RotaTeq Vaccine Viruses by Genotype-Specific Real-Time Reverse Transcription-PCR Assays. J Clin Microbiol. 2018. 56. 6
  • Maturation of the QT Variability Index is Impaired in Preterm Infants. Pediatr Cardiol. 2018. 39. 5. 902-905
  • Rotavirus Vaccination Can Be Performed Without Viral Dissemination in the Neonatal Intensive Care Unit. J Infect Dis. 2018. 217. 4. 589-596
もっと見る
MISC (5件):
書籍 (2件):
  • 【はじめてでもよくわかる!注意点別!NICUで使用する循環器用薬一覧つき 新生児の循環管理 ビジュアル大図解】
    (株)メディカ出版 2018
  • NICUスタッフ必携!正常・異常はこう見極める!早産・低出生体重児のフィジカルアセスメント】
    (株)メディカ出版 2010
講演・口頭発表等 (8件):
  • 内大脳静脈のゆらぎと内大脳静脈血流速度、右室拡張能との関係
    (第55回日本周産期・新生児医学会学術集会 2019)
  • 内大脳静脈のゆらぎと低侵襲循環機能モニター計測値との関係
    (第63回日本新生児成育医学会学術集会 2018)
  • 内大脳静脈のゆらぎからみた左室および右室の収縮能・拡張能の変化
    (第54回日本周産期・新生児医学会学術集会 2018)
  • 内大脳静脈血流のゆらぎは右房圧の上昇が脳静脈還流に影響していることを表している
    (第58回日本未熟児新生児学会学術集会 2013)
  • NO吸入療法を施行した早産児例の検討 基礎疾患・合併症について
    (第49回日本周産期・新生児医学会学術集会 2013)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2000 - 2004 藤田保健衛生大学大学院 医学研究科
  • 1992 - 1997 三重大学 医学部 医学科
学位 (1件):
  • 博士(医学)
経歴 (8件):
  • 2018/10 - 現在 藤田医科大学医学部 准教授
  • 2016/04 - 2018/09 藤田保健衛生大学医学部 准教授
  • 2010/04 - 2016/03 藤田保健衛生大学医学部 講師
  • 2009/04 - 2010/03 神奈川県立こども医療センター シニアレジデント
  • 2007/04 - 2009/03 藤田保健衛生大学医学部 講師
全件表示
所属学会 (4件):
日本人類遺伝学会 ,  日本周産期・新生児医学会 ,  日本新生児成育医学会 ,  日本小児科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る