研究者
J-GLOBAL ID:201501018384572776   更新日: 2020年09月01日

前田 理

マエダ サトシ | Satoshi Maeda
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
ホームページURL (1件): https://wwwchem.sci.hokudai.ac.jp/~theochem/
研究分野 (1件): 基礎物理化学
研究キーワード (9件): 理論化学 ,  人工力誘起反応法 ,  遷移状態 ,  量子化学計算 ,  生化学反応 ,  反応経路自動探索 ,  酵素反応 ,  自動探索 ,  反応経路
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2018 - 2026 化学反応創成研究拠点
  • 2019 - 2025 化学反応創成知能
  • 2019 - 2025 レドックスメカノケミストリーによる固体有機合成化学
  • 2014 - 2020 反応経路自動探索法を基盤とする化学反応の理論設計技術
論文 (166件):
  • Makito Takagi, Satoshi Maeda. Global Search for Crystal Structures of Carbon under High Pressure. ACS Omega. 2020
  • Hitoshi Nabata, Makito Takagi, Kenichiro Saita, Satoshi Maeda. Computational searches for crystal structures of dioxides of group 14 elements (CO2, SiO2, GeO2) under ultrahigh pressure. RSC Advances. 2020. 10. 37. 22156-22163
  • Matsuda, Yoshiyuki, Hirano, Yutaro, Mizutani, Shinichi, Sakai, Daichi, Fujii, Asuka, Maeda, Satoshi, Ohno, Koichi. Migrations and Catalytic Action of Water Molecules in the Ionized Formamide-(H2O)(2) Cluster. The Journal of Physical Chemistry A. 2020
  • Ikemoto, Koki, Tokuhira, Toshiki, Uetani, Akari, Harabuchi, Yu, Sato, Sota, Maeda, Satoshi, Isobe, Hiroyuki. Fluorescence Enhancement of Aromatic Macrocycles by Lowering Excited Singlet State Energies. The Journal of Organic Chemistry. 2020
  • Sumiya, Yosuke, Maeda, Satoshi. Rate Constant Matrix Contraction Method for Systematic Analysis of Reaction Path Networks. Chemistry Letters. 2020
もっと見る
MISC (43件):
  • 前田理, 原渕祐, 斉田謙一郎. 反応経路自動探索法の触媒反応への展開. 触媒学会会誌「触媒」. 2017. 59. 4. 201-206
  • KINOSHITA Sin-nosuke, MIYAZAKI Yasunori, INOKUCHI Yoshiya, EBATA Takayuki, SUMIDA Masataka, ONITSUKA Yuuki, KOHGUCHI Hiroshi, AKAI Nobuyuki, EHARA Masahiro, EHARA Masahiro, et al. Nonradiative decay process and trans→cis isomerization of p-, m-, o-hydroxy methylcinnamate. 化学反応討論会講演要旨集. 2017. 33rd. 71
  • 住谷陽輔, 武次徹也, 前田理. 速度定数行列縮約法を用いた反応経路自動探索の効率化:多成分連結反応への応用. 日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM). 2017. 97th. ROMBUNNO.1A7-47
  • 杉山佳奈美, 高木牧人, 斉田謙一郎, 前田理, 武次徹也. Pt(111)表面によるCO酸化に対する反応経路ネットワークとその解析. 日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM). 2017. 97th. ROMBUNNO.4A8-06
  • 三瓶匡史, 住谷陽輔, 前田理, 武次徹也. 塩化アルミニウムを用いるFriedel-Craftsアルキル化反応の触媒機構及び速度論に関する理論的研究. 日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM). 2017. 97th. ROMBUNNO.1F5-47
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(理学) (東北大学)
経歴 (6件):
  • 2017/07 - 現在 物質・材料研究機構 招聘主席研究員
  • 2017/04 - 現在 北海道大学 理学(系)研究科(研究院) 教授
  • 2014/01 - 2017/03 北海道大学 理学(系)研究科(研究院) 准教授
  • 2012/02 - 2013/12 北海道大学 理学(系)研究科(研究院) 助教
  • 2010/04 - 2012/01 京都大学 白眉プロジェクト 特定助教
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る