研究者
J-GLOBAL ID:201501020069306095   更新日: 2019年12月29日

花 大洵

Hana Taijun
所属機関・部署:
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 埼玉医科大学総合医療センター  脳神経外科   非常勤医師
研究分野 (4件): ゲノム生物学 ,  腫瘍診断、治療学 ,  脳神経外科学 ,  救急医学
論文 (15件):
  • Kitagawa Y, Tanaka S, Kuriki Y, Yamamoto K, Ogasawara A, Nejo T, Matsuura R, Koike T, Hana T, et al.Spray Fluorescent Probes for Fluorescence-Guided Neurosurgery. Frontiers in oncology. 2019;9:727. 2019
  • Takahashi S, Takahashi W, Tanaka S, Haga A, Nakamoto T, Suzuki Y, Mukasa A, Takayanagi S, Kitagawa Y, Hana T, et al. Radiomics analysis for glioma malignancy evaluation using diffusion kurtosis and tensor imaging. Int J Radiat Oncol Biol Phys. 2019. pii:. 2019
  • Nejo T, Matsushita H, Karasaki T, Nomura M, Saito K, Tanaka S, Takayanagi S, Hana T, et al. Reduced Neoantigen Expression Revealed by Longitudinal Multiomics as a Possible Immune Evasion Mechanism in Glioma. Cancer Immunology Research. 2019; doi: 10.1158. 2019
  • Nomura M,Saito K,Aihara K,Nagae G,Yamamoto S,Tatsuno K,Ueda H,Fukuda S,Umeda T,Tanaka S,Takayanagi S,Otani R,Nejo T, Hana T, et al. DNA demethylation is associated with malignant progression of lower-grade gliomas. Sci Rep. 2019 Feb 13;9(1):1903. 2019
  • Hana T, Tanaka S, et al. Mining-Guided Machine Learning Analyses Revealed the Latest Trends in Neuro-Oncology. Cancers. 2019; (11):178. 2019
もっと見る
MISC (3件):
  • 花 大洵. 厳海に祈る~東日本大震災DMAT緊急派遣から6年を迎えて~. 脳神経外科速報. 2017. 27. 3. 301-304
  • 花 大洵. 葛根湯は万能薬!?. 市報ふちゅう-府中地区医師会健康コラム. 2014. 1194
  • 花 大洵. 変換間違いと、この星の未来. てらおか井戸端情報 第87回. 2014
講演・口頭発表等 (32件):
  • 特定遺伝子群の能動的脱メチル化がglioma悪性転化の一因となる(Scintillating Poster, 追加口演)
    (日本脳腫瘍学会(七尾) 2019)
  • 特定遺伝子群の能動的脱メチル化がglioma悪性転化の一因となる
    (日本脳腫瘍学会(七尾) 2019)
  • Mining-Guided Machine Learning Analyses Supports Grasping the Latest Trends on Neuro-Oncology
    (SNO_24th Annual Meeting of the Society for Neuro-Oncology (Phoenix, USA) 2019)
  • 領域特異的な5-hydroxymethylcytosine (5hmC)の変動がGlioma悪性転化に関与する
    (日本脳神経外科学会学術総会 2019)
  • Region-specific 5-hydroxymethylcytosine(5hmC) alteration affects the glioma malignant transformation
    (日本癌学会(大阪) 2019)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2008 - 2008 大阪府千里救命救急センター救急専従実習(岡山大学救急医学教室より学生派遣)
  • 2008 - 2008 米国ダナ・ファーバー癌研究所病院 チーム医療研修
  • 2005 - 2005 米国国立癌研究所(NIH-NCI)短期留学
  • 1999 - 2002 東京学芸大学附属高校
経歴 (10件):
  • 2017/10 - 現在 東京大学先端科学技術研究センター
  • 2016/04 - 現在 東京大学大学院医学系研究科
  • 2015/04 - 2017/03 埼玉医科大学総合医療センター 脳神経外科
  • 2014/05 - 2015/03 陽正会 寺岡記念病院 脳神経外科
  • 2013/10 - 2014/04 東京大学医学部附属病院 脳神経外科
全件表示
委員歴 (5件):
  • 2018/12 - 現在 埼玉医科大学臨床研究「小児頭部外傷の受傷部位に関する、位置情報データの蓄積と解析」 研究実施者
  • 2017/04 - 現在 東京大学臨床研究「脳腫瘍のゲノム・遺伝子解析とその臨床病理学的意義の解明」分担研究者
  • 2016/10 - 2018/11 埼玉医科大学臨床研究「小児頭部外傷の受傷部位に関する、位置情報データの蓄積と解析」 主任研究者
  • 2015/12 - 2017/03 埼玉医科大学総合医療センター脳神経外科 医療安全実務者(Safety Manager)
  • 2014/12 - 2015/03 寺岡記念病院クリニカルデータベース(TCD)統括管理者
受賞 (4件):
  • 2019/12 - 第37回日本脳腫瘍学会_Scintillating Poster選出
  • 2019/08 - 東京消防庁 救急業務協力者表彰(帰宅途中に遭遇したJR管内鉄道事故における救命救急処置に対する)
  • 2016/12 - 東京大学脳神経外科同門会賞 (World Neurosurg. 2015; 84(6):2078)
  • 2016/07 - 日本脳神経外科同時通訳団 Ken's Award (最優秀同時通訳研修者)
所属学会 (7件):
日本神経内視鏡学会 ,  日本救急医学会 ,  日本小児神経外科学会 ,  日本脳神経外科救急学会 ,  日本脳神経外科漢方医学会 ,  日本脳卒中学会 ,  日本脳神経外科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る