研究者
J-GLOBAL ID:201501020069306095   更新日: 2024年07月17日

花 大洵

ハナ タイジュン | Hana Taijun
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (7件): システムゲノム科学 ,  腫瘍生物学 ,  腫瘍生物学 ,  ゲノム生物学 ,  腫瘍診断、治療学 ,  脳神経外科学 ,  救急医学
論文 (39件):
  • Sina Neyazi, Erika Yamazawa, Karoline Hack, Shota Tanaka, Genta Nagae, Catena Kresbach, Takayoshi Umeda, Alicia Eckhardt, Kenji Tatsuno, Lara Pohl, et al. Transcriptomic and epigenetic dissection of spinal ependymoma (SP-EPN) identifies clinically relevant subtypes enriched for tumors with and without NF2 mutation. Acta Neuropathologica. 2024. 147. 1
  • Taijun Hana, Akitake Mukasa, Masashi Nomura, Genta Nagae, Shogo Yamamoto, Kenji Tatsuno, Hiroki Ueda, Shiro Fukuda, Takayoshi Umeda, Shota Tanaka, et al. Region-specific DNA hydroxymethylation along the malignant progression of IDH-mutant gliomas. Cancer Science. 2024
  • Taijun Hana, Masaki Terabe. MAIT cells and MR1 play an immunosuppressive role in glioblastoma through the induction of neutrophils and MDSCs. https://www.biorxiv.org/content/10.1101/2022.07.17.499189v1. 2022
  • Taijun Hana, Raj S Lavadi, Ryoko Niwa, Sho Nakamura, Soichi Oya. A Case of Enigmatic Stroke Caused by Severe Systemic Sepsis: The Importance of Careful Assessment of Insidious Systemic Infection. Cureus. 2022. 14. 7. e26537
  • Skyler Kuhn, Samantha Sevilla, Emily Steffke, Vishal Koparde, Masaki Terabe, Taijun Hana. Mouse nEoanTigen pRedictOr (METRO). Zenodo: 10.5281/zenodo.6680889. 2022
もっと見る
MISC (5件):
  • Shota Tanaka, Yosuke Kitagawa, Mako Kamiya, Yugo Kuriki, Kyoko Yamamoto, Takenori Shimizu, Takahide Nejo, Taijun Hana, Tsukasa Koike, Erika Yamazawa, et al. DEVELOPMENT OF NOVEL TOPICAL FLUORESCENT PROBE FOR INTRAOPERATIVE RAPID DETECTION OF GLIOMA. NEURO-ONCOLOGY. 2021. 23. 197-197
  • Erika Yamazawa, Shota Tanaka, Genta Nagae, Takayoshi Umeda, Taijun Hana, Phyo Kim, Fumi Higuchi, Toshihiro Takami, Yuta Nakanishi, Keisuke Takai, et al. MOLECULAR PROFILING OF SPINAL CORD EPENDYMOMA. NEURO-ONCOLOGY. 2021. 23. 1-1
  • 花 大洵. 厳海に祈る~東日本大震災DMAT緊急派遣から6年を迎えて~. 脳神経外科速報. 2017. 27. 3. 301-304
  • 花 大洵. 葛根湯は万能薬!?. 市報ふちゅう-府中地区医師会健康コラム. 2014. 1194
  • 花 大洵. 変換間違いと、この星の未来. てらおか井戸端情報 第87回. 2014
講演・口頭発表等 (38件):
  • エコー検査により迅速な穿刺排膿が可能であった感染性頭血腫の一例
    (日本小児神経外科学会(宇都宮) 2023)
  • MAIT細胞・MR1は膠芽腫において好中球・MDSCへの関与を通して免疫抑制的機能を担う
    (日本脳腫瘍学会(鴨川) 2022)
  • Elucidation of the role of Mucosal-Associated Invariant T (MAIT) cells in glioma immunity
    (NIH-Center for Cancer Research Fellows and Young Investigators (CCR-FYI) Colloquium, Bethesda, Maryland, USA 2022)
  • Elucidation of the role of Mucosal-Associated Invariant T (MAIT) cells in glioma immunity
    (NIH/FDA_Immunology Interest Group Workshop , Bethesda, Maryland, USA 2021)
  • NIH_Scientific Session Chair of Session#41 (座長)
    (NIH_Summer Internship Presentation Week 2021, Bethesda, Maryland, USA 2021)
もっと見る
学歴 (8件):
  • 2020 - 2022 アメリカ国立がん研究所 神経腫瘍学研究部 基礎免疫セクション 博士研究員
  • 2016 - 2020 東京大学大学院医学系研究科 脳神経医学専攻
  • 2003 - 2009 岡山大学医学部医学科
  • 2008 - 2008 大阪府千里救命救急センター救急専従実習(岡山大学救急医学教室より学生派遣)
  • 2008 - 2008 米国ダナ・ファーバー癌研究所病院 チーム医療研修
全件表示
学位 (1件):
  • 医学博士 (東京大学)
経歴 (13件):
  • 2023/07 - 現在 埼玉医科大学総合医療センター脳神経外科 助教
  • 2022/09 - 2023/06 東京大学脳神経外科 助教
  • 2020/06 - 2022/07 アメリカ国立がん研究所 神経腫瘍学研究部基礎免疫セクション 博士研究員
  • 2017/10 - 2020/03 東京大学先端科学技術研究センター ゲノムサイエンス分野
  • 2016/04 - 2020/03 東京大学大学院医学系研究科
全件表示
委員歴 (16件):
  • 2024/04 - 現在 臨床研究「高悪性度髄膜腫の病態解明と新規治療戦略の開発へ向けた体制の構築」 分担研究者
  • 2024/04 - 現在 臨床研究「小児頭蓋内悪性脳腫瘍の遺伝子診断体制の構築」 分担施設主任研究者
  • 2024/04 - 現在 国立がん研究センター臨床研究「脳腫瘍全国統計調査と解析」 分担施設主任研究者
  • 2023/07 - 現在 JCCG「小児固形腫瘍観察研究における中央診断」 分担施設主任研究者
  • 2017/04 - 現在 東京大学臨床研究「脳腫瘍のゲノム・遺伝子解析とその臨床病理学的意義の解明」JCCG小児固形腫瘍観察研究 分担施設主任研究者
全件表示
受賞 (4件):
  • 2019/12 - 第37回日本脳腫瘍学会_Scintillating Poster選出
  • 2019/08 - 東京消防庁 救急業務協力者表彰(帰宅途中に遭遇したJR管内鉄道事故における救命救急処置に対する)
  • 2016/12 - 東京大学脳神経外科同門会賞 (World Neurosurg. 2015; 84(6):2078)
  • 2016/07 - 日本脳神経外科同時通訳団 Ken's Award (最優秀同時通訳研修者)
所属学会 (6件):
日本神経内視鏡学会 ,  日本小児神経外科学会 ,  日本脳卒中学会 ,  日本脳神経外科学会 ,  アメリカ神経腫瘍学会(SNO) ,  日本脳腫瘍学会(JSNO)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る