研究者
J-GLOBAL ID:201501021011924746   更新日: 2021年10月24日

太田 明伸

オオタ アキノブ | Ota Akinobu
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (3件): 血液、腫瘍内科学 ,  病態医化学 ,  ゲノム生物学
研究キーワード (6件): 自然免疫 ,  ゲノム編集 ,  多発性骨髄腫 ,  がん ,  ゲノム異常 ,  トランスクリプトーム
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2021 - 2024 PBKを標的とする抗骨髄腫薬導出に向けた創薬プラットフォームの構築と分子機能解析
  • 2019 - 2022 骨格筋再生による疼痛性瘢痕治療法の研究:間葉系幹細胞の選択と細胞外環境の解析
  • 2019 - 2022 胸膜中皮腫の予後改善を目指した診断マーカーと阻害化合物の探索
  • 2019 - 2022 ゲノム編集によるFLT3変異改変ヒト白血病細胞の作製と新規治療法の探索
  • 2018 - 2021 癌特異的代謝を介し増悪化に寄与するGPCR OR7C1の作用機序解明と治療応用
全件表示
論文 (70件):
  • Fumiaki Kanamori, Kinya Yokoyama, Akinobu Ota, Kazuhiro Yoshikawa, Sivasundaram Karnan, Mikio Maruwaka, Kenzo Shimizu, Shinji Ota, Kenji Uda, Yoshio Araki, et al. Transcriptome-wide analysis of intracranial artery in patients with moyamoya disease showing upregulation of immune response, and downregulation of oxidative phosphorylation and DNA repair. Neurosurgical focus. 2021. 51. 3. E3
  • Ichiro Hanamura, Susumu Suzuki, Akinobu Ota, Satsuki Murakami, Akira Satou, Taishi Takahara, Sivasundaram Karnan, Vu Quang Lam, Ayano Nakamura, Souichi Takasugi, et al. The Clinical and Biological Effects of PD-1 Expression on Tumor Cells in Diffuse Large B-Cell Lymphoma. Hemato. 2021. 2. 2. 368-381
  • Sivasundaram Karnan, Ichiro Hanamura, Akinobu Ota, Souichi Takasugi, Ayano Nakamura, Miyuki Takahashi, Kaori Uchino, Satsuki Murakami, Md Wahiduzzaman, Lam Quang Vu, et al. CD52 is a novel target for the treatment of FLT3-ITD-mutated myeloid leukemia. Cell death discovery. 2021. 7. 1. 121-121
  • Yusuke Azami, Naohiro Tsuyama, Yu Abe, Misaki Sugai-Takahashi, Ken-Ichi Kudo, Akinobu Ota, Karnan Sivasundaram, Moe Muramatsu, Tomonari Shigemura, Megumi Sasatani, et al. Chromosomal translocation t(11;14) and p53 deletion induced by the CRISPR/Cas9 system in normal B cell-derived iPS cells. Scientific reports. 2021. 11. 1. 5216-5216
  • Aya Nagano-Matsuo, Satoshi Inoue, Akira Koshino, Akinobu Ota, Kenju Nakao, Masayuki Komura, Hiroyuki Kato, Aya Naiki-Ito, Kawori Watanabe, Yuko Nagayasu, et al. PBK expression predicts favorable survival in colorectal cancer patients. Virchows Archiv : an international journal of pathology. 2021
もっと見る
MISC (70件):
書籍 (6件):
  • CRISPR-Casシステムを用いた骨髄腫の悪性化に 関わる分子機構の解明
    Precision Medicine 2020
  • 多発性骨髄腫におけるPBK発現の意義と治療標的としての可能性
    BIO Clinica 2019
  • ゲノム編集法を用いた骨髄腫の悪性化に関わる分子機構の解析
    Medical Science Digest 2019
  • 多発性骨髄腫の進展に関わる分子機構とPBKの関与
    BIO Clinica 2019
  • Arsenic-Based Anticancer-Combined Therapy: Novel Mechanism Inducing Apoptosis of Cancer Cells
    IntechOpen 2018
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2006 - 2010 札幌医科大学
  • 1998 - 2002 名古屋大学 保健学科
学位 (1件):
  • 医学博士 (札幌医科大学大学院医学研究科)
経歴 (5件):
  • 2017/04 - 現在 金城学院大学 生活環境学部 非常勤講師
  • 2014/04 - 現在 愛知医科大学 生化学講座 講師
  • 2020/08 - 2021/01 ワシントン大学医学部 免疫学講座 客員助教授
  • 2011/01 - 2013/03 愛知医科大学 生化学講座 助教
  • 2002/04 - 2010/12 免疫生物研究所
受賞 (1件):
  • 2018/05 - 日本骨髄腫学会 平成30年度日本骨髄腫学会奨励賞
所属学会 (4件):
日本骨髄腫学会 ,  日本生化学会 ,  日本癌学会 ,  日本血液学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る