研究者
J-GLOBAL ID:201501024328053782   更新日: 2020年08月21日

丹野 宏昭

タンノ ヒロアキ | Hiroaki Tanno
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (1件): 社会心理学
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2015 - 2020 対人関係ゲームによる学級集団づくりが不登校の発生抑制に及ぼす影響
  • 2008 - 2010 高齢者の適応を促進する友人関係ネットワーク形成のための社会心理学的研究-接触頻度別のアプローチによる実態把握を中心とした探索的検討-
論文 (12件):
もっと見る
MISC (2件):
  • 山影 有利佐, 落合 萌子, 丹野 宏昭. 高齢者の社会参加活性化による成長促進プログラムの検討-対人不安減少によるアプローチ-. 日本興亜福祉財団ジェロントロジー研究. 2010. 9
  • 丹野 宏昭. 高齢者の適応を促進する友人関係ネットワーク形成のための社会心理学的研究-接触頻度別のアプローチによる実態把握を中心とした探索的検討-. 日本興亜福祉財団ジェロントロジー研究助成報告. 2008. 8
書籍 (13件):
  • 授業づくりネットワーク No.26 ゲーミフィケーションでつくる!「主体的・対話的で深い学び」
    学事出版 2017 ISBN:9784761923037
  • 心理学検定 公式問題集 2017年度版
    実務教育出版 2017
  • 心理学検定 一問一答問題集[A領域編]
    実務教育出版 2016 ISBN:4788961016
  • 心理学検定 公式問題集 2016年度
    実務教育出版 2016 ISBN:4788960974
  • 心理学基礎実験を学ぶ-データ収集からレポート執筆まで
    北樹出版 2016 ISBN:4779304830
もっと見る
講演・口頭発表等 (6件):
  • 対人関係ゲームを活用した学級システムプログラムの開発 不登校の発生抑制に関する新しい視点
    (日本カウンセリング学会 第50回記念大会 2017)
  • 人狼ゲーム経験が欺瞞検知の正確性に及ぼす影響
    (日本社会心理学会 第57回大会論文集 2016)
  • 人狼ゲーム経験が批判的思考態度と二分法的思考態度に及ぼす影響
    (日本パーソナリティ心理学会 第25回大会発表論文集 2016)
  • 対人関係ゲームによる学級の人間関係づくり(79)-実用化のための“学級集団プログラム”の事前研修会の持ち方-
    (日本カウンセリング学会 第49回大会発表論文集 2016)
  • 人狼ゲームを用いたコミュニケーショントレーニングの効果測定
    (日本社会心理学会 第56回大会論文集 2015)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(心理学) (筑波大学大学院)
経歴 (1件):
  • 2012/04 - 現在 東京福祉大学 心理学部 講師
所属学会 (5件):
日本カウンセリング学会 ,  日本青年心理学会 ,  日本社会心理学会 ,  日本パーソナリティ心理学会 ,  日本心理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る