研究者
J-GLOBAL ID:201501025404731279   更新日: 2020年09月01日

橘 省吾

タチバナ シヨウゴ | Tachibana Shogo
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): https://shogo-tachibana.webnode.com/
研究分野 (4件): 固体地球科学 ,  宇宙惑星科学 ,  天文学 ,  固体地球科学
研究キーワード (9件): 宇宙地球化学 ,  宇宙鉱物学 ,  地球惑星システム ,  地球外物質 ,  太陽系探査 ,  サンプルリターン ,  反応速度論 ,  原始惑星系円盤 ,  分子雲
競争的資金等の研究課題 (26件):
  • 2019 - 2023 太陽型から地球型への星間ダストの変身
  • 2016 - 2021 隕石中の難揮発性包有物の形成速度論に基づく太陽系最初期の物理化学環境解析
  • 2018 - 2019 宇宙における分子進化:星間雲から原始惑星系へ
  • 2016 - 2019 地球とコンドライトの化学組成:初期太陽系円盤での主要元素分別
  • 2015 - 2018 宇宙における分子進化研究の国際連携・分野間融合への展開
全件表示
論文 (97件):
  • Yoshinori Takano, Keita Yamada, Chisato Okamoto, Hirotaka Sawada, Ryuji Okazaki, Kanako Sakamoto, Yoko Kebukawa, Kento Kiryu, Takazo Shibuya, Motoko Igisu, et al. Chemical assessment of the explosive chamber in the projector system of Hayabusa2 for asteroid sampling. Earth, Planets and Space. 2020. 72. 1
  • Hideyuki Nakano, Naoki Hirakawa, Yasuhiro Matsubara, Shigeru Yamashita, Takuo Okuchi, Kenta Asahina, Ryo Tanaka, Noriyuki Suzuki, Hiroshi Naraoka, Yoshinori Takano, et al. Precometary organic matter: A hidden reservoir of water inside the snow line. Scientific Reports. 2020. 10. 7755
  • Usui T., Bajo K., Fujiya, W., Furukawa Y., Koike M., Miura Y. N., Sugahara H., Tachibana S., Takano Y., et al. The importance of Phobos sample return for understanding the Mars-moon system. Space Sci Rev. 2020. 216. 49
  • Arakawa M., Saiki T., Wada K., Ogawa K., Kadono T., Shirai K., Sawada H., Ishibashi K., Honda R., Sakatani N., et al. An artificial impact on the asteroid (162173) Ryugu formed a crater in the gravity-dominated regime. 2020. 368. 67-71
  • Okada T., Fukuhara T., Tanaka S., Taguchi M., Arai T., Senshu H., Sakatani N., Shimaki Y., Demura H., Ogawa Y., et al. Highly porous nature of a primitive asteroid revealed by thermal imaging. 2020. 579. 7800. 518-522
もっと見る
MISC (90件):
  • 橘 省吾. 紫外線照射を受けた模擬星間氷の液体的ふるまいとその惑星科学・天文学的意義. 低温科学. 2020. 78. 1-10
  • 橘 省吾. 「はやぶさ2」のリュウグウ探査と太陽系科学. 表面と真空. 2020. 63. 189-194
  • 橘 省吾. リュウグウの声を聴くために. ISASニュース. 2018
  • 橘 省吾. 街中の砂ぼこりの中に見つけた自然科学の出発点(書評「微隕石探索図鑑 あなたの身近の美しい宇宙のかけら」). 日経サイエンス. 2018
  • 荒井朋子, 小林正規, 石橋高, 亀田真吾, 千秋博紀, 和田浩二, 渡部潤一, 伊藤孝士, 石黒正晃, 大塚勝仁, et al. DESTINY+ミッション:小型衛星による流星群母天体フライバイ. 日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web). 2017. 2017. ROMBUNNO.PPS02-32 (WEB ONLY)
もっと見る
書籍 (11件):
  • 地球・惑星・生命 = The earth, planets, and life
    東京大学出版会 2020 ISBN:9784130637152
  • 星くずたちの記憶--銀河から太陽系への物語 (岩波科学ライブラリー)
    岩波書店 2016 ISBN:4000296523
  • 宇宙と生命の起源2--素粒子から細胞へ (岩波ジュニア新書)
    岩波書店 2014 ISBN:4005007775
  • 火星 : ウソカラデタマコト = Why is Mars red?
    東京大学総合研究博物館 2010
  • 鉄学 137億年の宇宙誌 (岩波科学ライブラリー)
    岩波書店 2009 ISBN:4000295616
もっと見る
講演・口頭発表等 (37件):
  • 小惑星の物質科学と太陽系の進化
    (平山族発見から100年-太陽系における天体衝突・進化過程の理解の現状 2018)
  • Initial analysis plan of JAXA Hayabusa2 returned Ryugu regolith
    (The Geological Society of America 130th Annual Meeting 2018)
  • Hayabusa2 at Ryugu
    (Reading Terrestrial Planet Evolution in Isotopes and Element Measurements 2018)
  • 「はやぶさ2」- 小惑星リュウグウからのサンプルリターン
    (2018日本放射化学会年会・第62回放射化学討論会 2018)
  • 太陽系科学の将来と光赤外天文学
    (2018年度光赤天連シンポジウム 2018)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 1997 - 2000 大阪大学 宇宙地球科学専攻
学位 (1件):
  • 博士(理学) (大阪大学)
経歴 (7件):
  • 2019/04 - 現在 JAXA宇宙科学研究所 特任教授
  • 2017/10 - 現在 東京大学 大学院理学系研究科宇宙惑星科学機構 教授
  • 2013/01 - 2017/10 北海道大学 大学院理学研究院自然史科学部門 准教授
  • 2013/04 - 2016/03 宇宙科学研究所 太陽系科学研究系 客員准教授
  • 2012/04 - 2013/01 北海道大学 大学院理学研究院自然史科学部門 講師
全件表示
委員歴 (19件):
  • 2020 - 現在 日本地球惑星科学連合 理事
  • 2020 - 現在 日本地球惑星科学連合 代議員
  • 2017 - 現在 Meteoritical Society Nominating Committee
  • 2016 - 現在 日本地球惑星科学連合 宇宙惑星科学セクション サイエンスボード
  • 2015 - 現在 日本地球惑星科学連合 JGL編集幹事
全件表示
受賞 (9件):
  • 2020/06 - Geochemical Journal Award
  • 2016/08 - 日本学術振興会 特別研究員等審査会専門委員(書面担当) 表彰
  • 2016/06 - Geochemical Society / European Association of Geochemistry The Paul W. Gast Lectureship
  • 2012/02 - 地球化学研究協会 2011年度 奨励賞
  • 2008/08 - Meteoritical Society Nier Prize
全件表示
所属学会 (7件):
American Geophysical Union ,  Geochemical Society ,  Meteoritical Society ,  日本天文学会 ,  日本惑星科学会 ,  日本鉱物科学会 ,  日本地球化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る