研究者
J-GLOBAL ID:201501026306671787   更新日: 2020年12月09日

福田 節也

フクダ セツヤ | Fukuda Setsuya
所属機関・部署:
職名: 第2室長
ホームページURL (2件): http://www.ipss.go.jp/pr-ad/j/soshiki/kozin/fukudas.htmlhttp://www.ipss.go.jp/pr-ad/e/Self/kozin/fukudas_e.html
研究分野 (3件): 経済統計 ,  ジェンダー ,  社会学
研究キーワード (12件): 世代間関係 ,  高齢化 ,  国際比較 ,  統計解析 ,  ライフコース ,  人口学 ,  ジェンダー ,  人口 ,  少子化 ,  性別役割分業 ,  出生 ,  結婚
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2019 - 2023 AI等テクノロジーと世帯における無償労働の未来:日英比較から
  • 2019 - 2022 両性出生モデルを用いた学歴ペア別出生力の分析:センサスデータによる大規模国際比較
  • 2015 - 2019 ジェンダー不公平社会からの脱却:性別役割分業と出生についての日独蘭国際比較研究
  • 2013 - 2018 結婚・離婚・再婚の動向と日本社会の変容に関する包括的研究
  • 2014 - 2015 結婚タイミングと配偶者選択に関する日米比較:婚姻率における学歴差逆転の検証
論文 (20件):
  • Setsuya Fukuda. Marriage will (continue to) be the key to the future of fertility in Japan and East Asia. Vienna Yearbook of Population Research. 2020. 18. 1-9
  • Albert Esteve, Ridhi Kashyap, Joan Garcia Roman, Yen-Hsin Alice Cheng, Setsuya Fukuda, Wanli Nie, Hyun-ok Lee. Demographic change and increasing late singlehood in East Asia, 2010-2050. Demographic Research. 2020. 43. 1367-1398
  • Fukuda, Setsuya, Raymo, James M., Yoda, Shohei. Revisiting the Educational Gradient in Marriage in Japan. JOURNAL OF MARRIAGE AND FAMILY. 2019
  • 福田 節也. 無償労働に関するジェンダー・世代間の移転:国民時間移転勘定を用いた国際比較と時系列比較. 社会保障研究. 2019. 4. 2. 197-216
  • Setsuya Fukuda, Shohei Yoda, Ryohei Mogi. Educational Assortative Mating in Japan: Evidence from the 1980-2010 Census. IPSS Working Paper Series (E). 2019. 29. 1-30
もっと見る
MISC (14件):
  • 福田 節也. 書評:James M. Raymo and Miho Iwasawa, “Diverging Destinies: The Japanese Case,” Springer, Springer Briefs in Population Studies, Population Association of Japan, 2017, 62p. 人口学研究. 2017. 53. 81-83
  • 福田 節也. 書評:中谷文美著『オランダ流ワーク・ライフ・バランス』「人生のラッシュアワー」を生き抜く人々の技法. 人口問題研究. 2016. 72. 3. 276-277
  • 福田 節也. 書評:早瀬保子・小島宏編著, 『世界の宗教と人口』(人口学ライブラリー13), 原書房, 2014年, A5判, 237p. 人口学研究. 2014. 50. 111-114
  • 福田 節也. 書評:フランツ・グザファー・カウフマン著, 原俊彦・魚住明代訳, 『縮減する社会-人口減少とその帰結』, [原書:Kaufmann, Franz Xaver, Schrumpfende Gesellschaft : vom Bevolkerungsruckgang und seinen Folgen], 原書房, 2011年, A5判, 285p. 人口学研究. 2012. 48. 59-62
  • 福田 節也, Fukuda Setsuya. パネル論文 イベントヒストリー分析におけるパネル脱落の影響について--「消費生活に関するパネル調査」における結婚の分析事例より. 家計経済研究. 2009. 84. 69-79
もっと見る
講演・口頭発表等 (21件):
  • THE FUTURE OF UNPAID WORK: How would automation transform time spent on domestic and care work in the UK and Japan?
    (Online seminar talk at at CEDAR, Umeå University in Sweden 2020)
  • 女性就業と出生率における「ウィメノミクス」の遺産
    (2020年度 安倍フェローシップ・グローバルフォーラム「コロナ時代のワーク・ライフ・バランス:日米はこの困難に立ち向かうことができるのか?」 2020)
  • A Decade of Change? Trends and Determinants of Domestic Chores among Japanese Fathers in 2001 and 2010
    (Workshop on “Time Use and Life Course Transitions in Multigenerational Households in East Asia" 2020)
  • The Recent Trends in Marriage and Marital Fertility in Japan
    (International Seminar: Long-Term Trends of Lowest-Low Fertility in East Asia: Transition in Marital and Fertility Behavior 2019)
  • Japan
    (Workshop on Family Change in East Asia and Southern Europe 2019)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 2003 - 2007 明治大学大学院博士後期課程 経済学専攻
学位 (1件):
  • 博士(経済学) (明治大学)
経歴 (7件):
  • 2017/04 - 現在 国立社会保障・人口問題研究所 企画部 第2室長
  • 2015/04 - 2017/03 国立社会保障・人口問題研究所 企画部 主任研究官
  • 2013/07 - 2015/03 国立社会保障・人口問題研究所 人口動向研究部 主任研究官
  • 2011/10 - 2013/06 厚生労働省 大臣官房統計情報部 コーホート分析専門官
  • 2008/04 - 2011/09 マックスプランク人口研究所(ドイツ) 経済・社会人口学研究室 研究員
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2019/01 - 現在 国際人口学会 学術パネル:東アジアと南欧の家族行動、運営委員
  • 2019/01 - 現在 IUSSP Scientific panel: Family Behaviour in East Asia and Southern Europe, Steering committee member
  • 2012/06 - 2014/05 Population Association of Japan International Relation Committee、member
  • 2012/06 - 2014/05 日本人口学会 国際交流委員会委員
受賞 (4件):
  • 2012/06 - 日本人口学会 優秀論文賞
  • 2008/06 - 東京大学社会科学研究所附属社会調査・データアーカイブ研究センター SSJデータアーカイブ優秀論文賞 佳作
  • 2006/09 - マックスプランク人口研究所 International Max Planck Research School for Demography奨学フェローシップ
  • 2005/09 - マックスプランク人口研究所 International Max Planck Research School for Demography奨学フェローシップ
所属学会 (5件):
ヨーロッパ人口学会 ,  アメリカ人口学会 ,  日本家族社会学会 ,  日本人口学会 ,  国際人口学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る