研究者
J-GLOBAL ID:201501026884743570   更新日: 2024年07月14日

佐々木 悠

ササキ ユウ | Sasaki Yu
所属機関・部署:
職名: 講師
ホームページURL (2件): http://www.id.yamagata-u.ac.jp/IntMedII/index.htmlhttp://www.id.yamagata-u.ac.jp/IntMedII/Gastro-Eng2003/index-e.htm
研究分野 (5件): 腫瘍生物学 ,  ゲノム生物学 ,  代謝、内分泌学 ,  消化器内科学 ,  医療管理学、医療系社会学
研究キーワード (10件): トランスクリプトーム ,  mRNA安定性 ,  クリニカルシークエンス ,  消化器癌 ,  メタボリックシンドローム ,  肥満 ,  腫瘍学 ,  代謝学 ,  消化器内視鏡 ,  消化器病学
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2015 - 現在 消化器疾患と肥満、メタボリックシンドロームの関連性について
  • 2023 - 2026 大腸がんにおけるエピトランスクリプトミクス~肥満、代謝異常と発がんを繋ぐ新機軸
  • 2020 - 2023 肥満、代謝異常によるRNA転写後制御の変調を介した新しい大腸発がん機序の解明
  • 2020 - 肥満関連大腸癌の予防にインピーダンス法による内臓脂肪面積測定が与える影響
  • 2017 - 2020 腸内細菌叢の機能と呼応する上皮のシングルセル解析による肥満関連大腸発癌機序の解明
全件表示
論文 (89件):
  • Yu Sasaki, Yasuhiko Abe, Ken Haruma, Hidenori Sato, Makoto Yagi, Naoko Mizumoto, Yusuke Onozato, Minami Ito, Takahiro Watabe, Yoshiyuki Ueno. Multiple gastric neuroendocrine tumors in a patient with parietal cell dysfunction and adenosine triphosphatase H+/K+ transporting subunit alpha gene variant. Clinical Journal of Gastroenterology. 2024
  • Yohei Ogata, Waku Hatta, Tomoyuki Koike, So Takahashi, Tamotsu Matsuhashi, Wataru Iwai, Sho Asonuma, Hideki Okata, Motoki Ohyauchi, Hirotaka Ito, et al. Is blue light imaging without magnification satisfactory as screening for esophageal squamous cell carcinoma? Post-hoc analysis of multicenter randomized controlled trial. Digestive endoscopy : official journal of the Japan Gastroenterological Endoscopy Society. 2024
  • Takayuki Sakai, Yu Sasaki, Yasuhiko Abe, Masakuni Shoji, Shoichi Nishise, Hidenori Sato, Makoto Yagi, Naoko Mizumoto, Yusuke Onozato, Kon Takashi, et al. Decreased Abundance of Genus Slackia in Individuals with Obesity and Colorectal Adenoma. Gastro Hep Advances. 2024
  • Yosuke Toya, Waku Hatta, Tomohiro Shimada, Tamotsu Matsuhashi, Takeharu Shiroki, Yu Sasaki, Tetsuya Tatsuta, Jun Nakamura, Norihiro Hanabata, Yohei Horikawa, et al. Clinical outcomes of endoscopic submucosal dissection for esophageal squamous cell carcinoma with esophageal varices: Multicenter retrospective study. Digestive endoscopy : official journal of the Japan Gastroenterological Endoscopy Society. 2023
  • Yasuhiko Abe, Yu Sasaki, Makoto Yagi, Naoko Mizumoto, Yusuke Onozato, Takashi Kon, Masakuni Shoji, Kazuhiro Sakuta, Takayuki Sakai, Matsuki Umehara, et al. Linked color imaging improves the diagnostic accuracy of eosinophilic esophagitis. DEN open. 2023. 3. 1. e146
もっと見る
MISC (95件):
書籍 (18件):
  • 大腸がんの発生・進展と腸内細菌の関わり
    Progress in Medicine 2022
  • これだけは読んでおきたい! 消化器医のための重要論文240篇<炎症性腸疾患編> Q118. IBDの皮膚病変に関連する遺伝子は?
    株式会社シービーアール 2019
  • これだけは読んでおきたい! 消化器医のための重要論文240篇<炎症性腸疾患編> Q117. 生物学的製剤時代におけるCDの肛門部病変の自然史は?
    株式会社シービーアール 2019
  • これだけは読んでおきたい! 消化器医のための重要論文240篇<炎症性腸疾患編> Q116. CDに関連した消化管癌の日本の現状は?
    株式会社シービーアール 2019
  • これだけは読んでおきたい! 消化器医のための重要論文240篇<炎症性腸疾患編> Q115. 日本人のCD患者における長期的な腸管合併症,累積手術率は?
    株式会社シービーアール 2019
もっと見る
講演・口頭発表等 (165件):
  • 大腸ステント留置を繰り返し、高いQOLを維持できた高齢者結腸癌の1例
    (第164回日本消化器内視鏡学会東北支部例会 2020)
  • NSAIDs/アスピリンを除く薬剤性上部消化管粘膜傷害の当院における現状
    (第208回日本消化器病学会東北支部例会 2020)
  • ステロイド食道局所治療にて多発した炎症性ポリープが消退した好酸球性食道炎の1例
    (第164回日本消化器内視鏡学会東北支部例会 2020)
  • オルメサルタン関連スプルー様腸症と考えられた体重減少を伴う慢性下痢症の1例
    (第208回日本消化器病学会東北支部例会 2020)
  • Lynch症候群の一例
    (第208回日本消化器病学会東北支部例会 2020)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2006 - 2011 山形大学 医学系研究科 医学専攻
  • 1996 - 2002 山形大学 医学部 医学科
学位 (1件):
  • 博士(医学) (山形大学)
経歴 (3件):
  • 2022/04 - 現在 山形大学 医学部 医学科 内科学第二(消化器内科学)講座 講師
  • 2015/04 - 2022/03 山形大学 医学部 医学科 内科学第二(消化器内科学)講座 助教
  • 2013/06 - 2015/03 カリフォルニア大学 Davis Medical Center Postdoctoral researcher
委員歴 (5件):
  • 2019/05 - 現在 日本消化器内視鏡学会 学術評議委員
  • 2019 - 現在 日本消化管学会 代議員
  • 2019/01 - 現在 日本消化器病学会 学会評議員
  • 2015/04 - 現在 日本消化器内視鏡学会 東北支部評議員
  • 2013/01 - 現在 日本消化器病学会 東北支部評議員
受賞 (3件):
  • 2023/09 - 山形大学医学部附属病院 治験実施優良者
  • 2020/09 - 山形大学医学部附属病院 治験実施優良者
  • 2017/05 - 米国消化器病学会 A Poster of Distinction
所属学会 (11件):
日本肥満学会 ,  日本炎症性腸疾患学会 ,  米国消化器病学会 ,  日本小腸学会 ,  日本消化器がん検診学会 ,  日本ヘリコバクター学会 ,  日本カプセル内視鏡学会 ,  日本消化管学会 ,  日本消化器内視鏡学会 ,  日本内科学会 ,  日本消化器病学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る