研究者
J-GLOBAL ID:201501029872287578   更新日: 2019年04月10日

藍澤 光晴

アイザワ ミツハル | Aizawa Mitsuharu
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 経済史
研究キーワード (4件): シーア派 ,  マダガスカル ,  インド洋 ,  経済史
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2015 - インド系マダガスカル人の経済活動
論文 (14件):
  • 藍澤 光晴. 「東アフリカ沿岸地域経済圏」とグジャラート商人. 奈良工業高等専門学校研究紀要. 2019. 54. 29-38
  • 藍澤 光晴. フランス植民地における移民政策ーマダガスカルを事例としてー. 九州経済学会年報. 2018. 56. 1-6
  • 藍澤 光晴. [調査報告]十二イマームシーア派コージャの経済活動の変化について-中国人商人との棲み分けとマダガスカル経済の変動の可能性-. 久留米工業高等専門学校紀要. 2017. 32
  • 藍澤 光晴. マダガスカルの植民地化と十二イマームシーア派コージャの経済活動. 日本オーラル・ヒストリー学会. 2016. 12
  • 藍澤 光晴. マダガスカルにおける奴隷貿易と奴隷制. 久留米工業高等専門学校紀要. 2016. 31. 2
もっと見る
書籍 (2件):
  • 「マダガスカルの植民地化と十二イマームシーア派コージャの経済活動」『日本オーラル・ヒストリー研究第』12号(再掲)
    株式会社インターブックス 2016 ISBN:4924914568
  • 『インド洋の十字路-マダガスカル』
    言叢社 2006 ISBN:4862090109
講演・口頭発表等 (11件):
  • マダガスカルにおける奴隷制度と奴隷貿易
    (九州経済学会 2018)
  • フランス植民地における移民政策-マダガスカルを事例として-
    (九州経済学会 2017)
  • アフリカに渡った“日本人”-近代国家の形成とアフリカ-
    (社会経済史学会近畿部会 2014)
  • マダガスカルにおけるインド人排斥運動
    (日本移民学会第20回年次大会 2010)
  • マダガスカルにおけるラティラカ政権による反カラナ運動の展開
    (日本アフリカ学会第47回全国大会 2010)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(経済学)
所属学会 (7件):
九州経済学会 ,  日本文化人類学会 ,  日本オーラル・ヒストリー学会 ,  歴史学研究会 ,  日本イスラム協会 ,  日本移民学会 ,  日本アフリカ学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る