研究者
J-GLOBAL ID:201501029874050800   更新日: 2020年10月21日

三輪 清子

Miwa Kiyoko
所属機関・部署:
職名: 専任講師
論文 (8件):
  • 「里親の不足」の意味するもの--なぜ「里親は足りない」のか--. 福祉社会学研究. 2018. 15. 93-113
  • 2000年以降の要保護児童措置・委託の変遷とその背景--2000年~2015年の統計データから--. 社会保障研究. 2017. 2. 2・3. 187-201
  • なぜ里親委託は伸展しないのか?--里親登録者不足仮説と里親委託児童限定化仮説--. 社会福祉学. 2016. 56. 4. 1-13
  • 里親のリクルートと育成のこれから--2014年度全国里親委託等推進委員会の調査を踏まえて--. 里親と子ども. 2015. 10. 21-26
  • 里親制度の長期的動態と展望. 2014
もっと見る
MISC (2件):
  • フォスター--里親家庭・養子縁組・ファミリーホームと社会的養育--. 家族社会学研究. 2020. 32. 1. 115-115
  • 国連子どもの代替養育に関するガイドライン--SOS子どもの村福岡の取り組み--. 新しい家族. 2012. 55. 147-147
書籍 (4件):
  • 「養育里親の登録・研修・支援に関する調査」報告書
    2018
  • 「第14講 被措置児童等の被虐待防止の現状と課題」「第15講 社会的養護と地域福祉の現状と課題」
    中央法規 2017
  • 「里親への研修」「地域での里親制度の普及と委託推進--地域への働きかけ--」
    エピック 2016
  • 「第14講 被措置児童等の被虐待防止の現状と課題」「第15講 社会的養護と地域福祉の現状と課題」
    中央法規 2015
講演・口頭発表等 (2件):
  • 里親家庭の「おわかれ」に関わる3つの視角~子どもの利益をめぐって~
    (日本福祉社会学会 2019)
  • 里親支援専門相談員の調査研究結果
    (養子と里親を考える会 2016)
Works (8件):
  • 里親支援専門相談員の調査研究結果
    2017 -
  • 「児童相談所における養子縁組調査研究」『国内外における養子縁組の現状と子どものウエルビーイングを考慮した実践手続きの在り方に関する研究』
    2016 -
  • 「児童相談所における養子縁組調査研究」『国内外における養子縁組の現状と子どものウエルビーイングを考慮したその実践手続きの在り方に関する研究』
    2015 -
  • 平成26年度調査報告書
    2015 -
  • 「国内の里親支援機関事業の実施状況に関する研究」『社会的養護における児童の特性別標準的ケアパッケージ--被虐待児を養育する里親家庭の民間の治療支援機関の研究--』
    2014 -
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2010 - 2014 首都大学東京 社会行動学専攻社会福祉学分野
  • 2008 - 2010 首都大学東京 社会行動学専攻社会福祉学分野
  • 2003 - 2008 東京都立大学 社会福祉学科
  • 2003 - 2008 東京都立大学 社会福祉学科
学位 (2件):
  • 修士 (首都大学東京)
  • 博士 (首都大学東京)
経歴 (1件):
  • 2017/04/01 - 現在 明治学院大学 社会学部 社会福祉学科 専任講師
所属学会 (5件):
日本福祉社会学会 ,  日本子ども家庭福祉学会 ,  日本家族社会学会 ,  日本社会福祉学会 ,  養子と里親を考える会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る