研究者
J-GLOBAL ID:201501030050228535   更新日: 2022年05月09日

上原 亮太

ウエハラ リヨウタ | Uehara Ryota
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://tenure-track.cris.hokudai.ac.jp/lab/uehara/
研究分野 (1件): 細胞生物学
研究キーワード (18件): Ploidy ,  倍数性 ,  多倍体 ,  一倍体 ,  Spindle ,  Motor proteins ,  Mitosis ,  Cytokinesis ,  中心体 ,  細胞質分裂 ,  小胞体ストレス ,  微小管 ,  自己組織化 ,  細胞分裂 ,  生細胞観察 ,  紡錘体 ,  中央紡錘体 ,  分子モーター
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2019 - 2024 少数細胞の分裂異常が個体機能を喪失させる原理の解明
  • 2021 - 2023 中心体複製チェックポイントの人工合成による安定一倍体細胞の樹立
  • 2019 - 2022 染色体倍加に伴う慢性的な中心体異常の発生原理と細胞不均一性への寄与
  • 2019 - 2021 ガン形成を駆動する普遍的レアイベント「倍数性逆転」の発生原理に迫る
  • 2017 - 2019 紡錘体が極端な染色体数変動に順応する仕組みの解明
全件表示
論文 (24件):
  • Tomoko Kamasaki, Ryota Uehara, Yasuyuki Fujita. Ultrastructural Characteristics of Finger-Like Membrane Protrusions in Cell Competition. Microscopy (Oxford, England). 2022
  • Takafumi Kamada, Kohei Otomo, Takashi Murata, Kaito Nakata, Shota Hiruma, Ryota Uehara, Mitsuyasu Hasebe, Tomomi Nemoto. Low-invasive 5D visualization of mitotic progression by two-photon excitation spinning-disk confocal microscopy. Scientific reports. 2022. 12. 1. 809-809
  • Kosuke Nagata, Ken-Ichi Bajo, Hideyuki Mitomo, Ryosuke Fujita, Ryota Uehara, Kuniharu Ijiro, Hisayoshi Yurimoto. Visualization of DNA replication in single chromosome by stable isotope labeling. Cell structure and function. 2021
  • Tomoko Kamasaki, Yumi Miyazaki, Susumu Ishikawa, Kazuya Hoshiba, Keisuke Kuromiya, Nobuyuki Tanimura, Yusuke Mori, Motosuke Tsutsumi, Tomomi Nemoto, Ryota Uehara, et al. FBP17-mediated finger-like membrane protrusions in cell competition between normal and RasV12-transformed cells. iScience. 2021. 24. 9. 102994-102994
  • Guang Yang, Shota Hiruma, Akira Kitamura, Masataka Kinjo, Mithilesh Mishra, Ryota Uehara. Molecular basis of functional exchangeability between ezrin and other actin-membrane associated proteins during cytokinesis. Experimental cell research. 2021. 403. 2. 112600-112600
もっと見る
MISC (1件):
講演・口頭発表等 (9件):
  • A novel link between ploidy level and centrosome homeostasis in mammalian somatic cells
    (Department of Biological Sciences, Tata Institute of Fundamental Research, Mumbai, India 2018)
  • Molecular mechanism of the contractile ring-the plasma membrane interaction during cytokinesis in human cells
    (第69回日本細胞生物学会大会 シンポジウム 2017)
  • Novel link between ploidy level and centrosome homeostasis in mammalian somatic cells
    (Cold Spring Harber Asia Meeting “Cilia and Centrosomes” 2017)
  • 動物細胞における中央紡錘体の形成・形態制御機構
    (第66回日本細胞生物学会大会 シンポジウム 2014)
  • 細胞生物学的手法と数理モデルを用いた細胞質分裂制御の解析
    (第6回 定量生物学会年会 2013)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2003 - 2008 東京大学 大学院 生命環境科学系
  • 2006 - 2006 米国海洋生物学研究所 生理学コース
  • 2001 - 2003 東京大学 教養学部 生命・認知科学科
  • 1999 - 2001 東京大学 教養学部 理科II類
学位 (1件):
  • 博士(学術) (東京大学 大学院 総合文化研究科)
経歴 (5件):
  • 2017/11 - 現在 Hokkaido Univ. Faculty of Adv. Life Sci. Associate Prof. (PI)
  • 2017/11 - 現在 北海道大学大学院先端生命科学研究院 准教授(PI)
  • 2013/12 - 2017/10 北海道大学 特任助教(テニュアトラック・PI)
  • 2013/02 - 2013/12 東京大学 助教
  • 2008/04 - 2013/01 名古屋大学 博士研究員及び助教
受賞 (3件):
  • 2013/06 - 第65回日本細胞生物学会年会 若手優秀発表賞
  • 2012/08 - 米国実験生物学会年会(FASEB meeting)トラベルアウォード
  • 2010/12 - 名古屋大学GCOEシステム生命科学研究 若手顕彰
所属学会 (2件):
米国細胞生物学会 ,  日本細胞生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る