研究者
J-GLOBAL ID:201501034782955605   更新日: 2020年09月16日

久保 倫子

クボ トモコ | Kubo Tomoko
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (1件): https://kaken.nii.ac.jp/d/r/00706947.ja.html
研究分野 (3件): 地理学 ,  人文地理学 ,  人文地理学
研究キーワード (2件): 都市地理学、ハウジング研究、都市空間の空虚化、都心居住、郊外の衰退 ,  都市地理学 居住・住宅 コミュニティ
競争的資金等の研究課題 (29件):
  • 2020 - 2022 国際共同研究による持続可能な都市発展モデルの構築-都市発展と縮退受容を両立する都市像の実現を目指して-
  • 2018 - 2022 都市空間の空虚化と居住環境における不平等の拡大に関する国際比較研究
  • 2018 - 2022 都市空間の空虚化と居住環境における不平等の拡大に関する国際比較研究
  • 2018 - 2019 A comparative study on the growth of uneven residential environment in Chicago and Japanese cities
  • 2018 - 2019 A comparative study on the expansion of decline in residential environment in Chicago and Japanese cities
全件表示
論文 (38件):
  • 久保, 倫子, 駒木伸比古, 田中健作. 岐阜市郊外住宅地における高齢者の居住実態からみた住み続けられる居住環境実現への課題-岐阜市K地区の事例-. 都市地理学. 2020. 15. 76-90
  • 久保, 倫子, 小野澤泰子, 橋本 操, 菱沼雄介, 松井圭介. 茨城県鹿嶋市における商業地域構造の変容プロセスとそのメカニズムに関する研究. 地域研究年報. 2020. 1-29
  • 久保, 倫子, 小野澤泰子, 橋本 操, 菱沼雄介, 松井圭介. 茨城県鹿嶋市における商業地域構造の変容プロセスとそのメカニズムに関する研究. 地域研究年報. 2020. 42. 1-29
  • 久保, 倫子, 大塚俊幸. 名古屋大都市圏郊外における住宅供給と新設戸建住宅居住世帯の居住選好-岐阜県可児市周辺を事例として-. 日本都市学会年報. 2019. 52. 131-140
  • 久保 倫子. 空き家問題の背景と発生要因. 統計. 2019. 2019年. 2月号. 36-41
もっと見る
MISC (3件):
  • 久保倫子, 由井義通, 阪上弘彬. 大都市圏郊外における空き家増加の実態とその対策. 日本都市学会大会発表要旨集. 2013. 60th. 77-78
  • 由井義通, 阪上弘彬, 杉谷真理子, 森玲薫, 久保倫子. 地方都市の郊外住宅団地における空き家の発生. 日本地理学会発表要旨集. 2012. 82. 72
  • 久保 倫子. 1990年代後半以降の都心回帰と郊外の衰退に対する住宅研究の動向(2月例会,中部支部,例会記録(2014年1月〜3月)). 経済地理学年報. 60. 2
書籍 (27件):
  • Divided Tokyo- Disparities in Living Conditions in the City Center and the Shrinking Suburbs.
    Springer 2020 ISBN:9789811542015
  • 地図でみる世界の地域格差 OECD地域指標2018年版 都市集中と地域発展の国際比較
    2019 ISBN:9784750349008
  • The Rise in Vacant Housing in Post-Growth Japan: Housing Market, Urban Policy, and Revitalizing Aging Cities.
    Springer 2019
  • The Rise in Vacant Housing in Post-Growth Japan: Housing Market, Urban Policy, and Revitalizing Aging Cities.
    Springer 2019
  • 越境地域政策研究論文集
    愛知大学三遠南信地域連携研究センター 2019 ISBN:9784903130309
もっと見る
講演・口頭発表等 (14件):
  • Tokyo’s Shrinking Suburbs: Uneven Distribution of Aging Population and Urban Development
    (Urban Affairs Association 50th Annual Meeting 2020)
  • Divided Tokyo-Uneven urban development and shrinking suburbs-.
    (The 14th Japan-Korea-Chica Joint Conference on Geography 2019)
  • Divided Tokyo-Uneven urban developmeny and shrinking suburbs-.
    (The 14th Japan-Korea-Chica Joint Conference on Geography 2019)
  • Housing challenges in shrinking and aging Japanese cities
    (International Cartgraphic Conference 2019)
  • Gap expansion in terms of living conditions in Tokyo
    (Urban Affairs Association 49th Annual Meeting 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2004 - 2010 筑波大学 地球環境科学専攻
  • 2000 - 2004 筑波大学 比較文化学類
学位 (2件):
  • 修士(理学) (筑波大学)
  • 博士(理学) (筑波大学)
経歴 (7件):
  • 2018/04 - 現在 筑波大学 生命環境系 助教
  • 2018/10 - 2019/09 フルブライトジャパン奨学生(研究者) イリノイ大学シカゴ校 Fulbright Faculty
  • 2017/04 - 2018/03 岐阜大学 教育学部 准教授
  • 2013/04 - 2017/03 岐阜大学 教育学部 助教
  • 2011/04 - 2013/03 日本学術振興会 明治大学 博士特別研究員
全件表示
委員歴 (9件):
  • 2017/06 - 現在 岐阜市 岐阜市空家等対策協議会委員
  • 2017/06 - 現在 岐阜市空家等対策協議会 岐阜市空家等対策協議会
  • 2016/01 - 現在 IGU Urban Geography Commission Young Scholar Committee, Chair
  • 2014/01 - 現在 ISA RC43 Housing and the Built Environment ISA RC43 Housing and the Built Environment Board
  • 2016/08 - 2018/03 岐阜県 岐阜県大規模小売店舗立地審議会 委員
全件表示
受賞 (6件):
  • 2016/06/18 - 地理空間学会 地理空間学会 学術賞 「東京大都市圏におけるハウジング研究 都心居住と郊外住宅地の衰退(古今書院)」を評価したため
  • 2016/06 - 地理空間学会 学会賞 東京大都市圏におけるハウジング研究 都心居住と郊外住宅地の衰退
  • 2012/08/25 - IGU Urban Geography Commission 国際地理学連合都市地理学コミッション若手論文コンペティション優勝 論文の構成、普遍性、国際性などを評価したため
  • 2012/08 - IGU Urbn Commission IGU Urban Commission Young Scholar Paper Competition winner
  • 2011/06/18 - 地理空間学会 地理空間学会 奨励賞 顕著な業績をもつ若手研究者に対する表彰
全件表示
所属学会 (10件):
地理空間学会 ,  日本都市地理学会 ,  経済地理学会 ,  人文地理学会 ,  日本地理学会 ,  公益社団法人日本地理学会 ,  日本都市学会 ,  国際社会学会 ,  Association of American Geographers ,  日本計画行政学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る