研究者
J-GLOBAL ID:201501042724676529   更新日: 2021年02月09日

佐藤 正樹

サトウ マサキ | Sato Masaki
所属機関・部署:
職名: 専任講師
研究分野 (1件): ヨーロッパ史、アメリカ史
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2017 - 2019 17世紀アンデスにおける先住民共同体とインカ帝国像の変容
論文 (4件):
  • 佐藤 正樹. フェリペ四世期ペルー副王領における献金ーその実態と影響についてー. 史学雑誌. 2017. 126. 1. 1-35
  • 佐藤正樹. ウニオン・デ・アルマス下のリマ聖堂参事会、1639-1648年. Histórica. 2015. 39. 2. 89-115
  • 佐藤 正樹. 17世紀ペルー副王領におけるクリオーリョとクリオリスモ、その再検討:サリーナス師告発の分析を通じて. Historia y Cultura. 2014. 27. 83-114
  • 佐藤 正樹, Erik Gabriel, Bustamante-Tupayachi, Miguel León Gómez. 17世紀コンチューコスのコレヒミエントにおける二つの経済的局面:チュキバル鉱山と土地整理問題. Historia y Región. 2014. 2. 2. 215-222
MISC (1件):
  • 佐藤 正樹. 書評 Raquel Gil Montero, Ciudades efímeras. El ciclo minero de la plata en Lípez (Bolivia), siglos XVI-XIX (La Paz: Plural/IFEA, 2014). Colonial Latin American Review. 2017. 25. 3. 402-404
講演・口頭発表等 (11件):
  • 副王領史のプリズムとしての地方史:不正鋳造期のリペス地方を題材に(ca. 1650)
    (IX Congreso de la Asociación de Estudios Bolivianos 2017)
  • 日本における多文化と文化間交流:その歴史と幾つかの現実
    (2016)
  • フェリペ4世の財政改革期ペルー副王領における教会と国家:リマ市聖堂参事会による十分の一税運営をめぐって(1639-1648年)
    (第66回日本西洋史学会大会 2016)
  • Consolidar el orden violando el sistema: el oidor Pedro de Azaña y sus redes en Charcas (1644-1651)
    (VIII Congreso de la asociación de estudios bolivianos 2015)
  • フェリペ4世在位期スペイン帝国における官僚の移動について:ペルー副王領の事例を中心に
    (スペイン史学会 第162会定例研究会 2015)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2008 - 2014 東京大学大学院 地域文化研究専攻
  • 2012 - 2014 ペルー共和国、教皇庁カトリカ大学
  • 2010 - 2010 ペルー共和国、教皇庁カトリカ大学
経歴 (5件):
  • 2019/04 - 現在 慶應義塾大学 経済学部 専任講師
  • 2016/04 - 2019/03 学習院女子大学 国際コミュニケーション学科 非常勤講師(中南米文化論)
  • 2015/04 - 2019/03 日本大学 経済学部 非常勤講師(スペイン語)
  • 2015/04 - 2019/03 東京医科歯科大学 教養部 非常勤講師(スペイン語)
  • 2014/06 - 2015/03 セビリア大学 歴史地理学部 訪問研究員
所属学会 (3件):
Asociación de Estudios Bolivianos ,  日本ラテンアメリカ学会 ,  史学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る