研究者
J-GLOBAL ID:201501048008834332   更新日: 2022年01月09日

安部 恵

アベ メグミ | ABE Megumi
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 医療薬学
研究キーワード (10件): 薬剤師職能 ,  地域包括ケアシステム ,  地域医療 ,  薬学実務実習 ,  くすりの適正使用 ,  スポーツファーマシスト ,  アンチ・ドーピング ,  薬物乱用防止教育 ,  くすり教育 ,  学校薬剤師
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2021 - 2022 演出家的発想法を導入した「小学生向けくすりの適正使用啓発教材」による啓発活動の実施と教材活用促進ツールの作成
  • 2020 - 2021 行動変容を高確率で引き起こす演出家的発想法を導入した小学生向け「くすりの適正使用啓発教材」の開発
  • 2020 - 2021 演出家的発想法を導入し開発した「小学生向けくすりの適正使用啓発教材」を用いた茨城県内3地域における参加・体験型「くすり教育実践研修会」の開催
  • 2019 - 2020 行動変容を高確率で引き起こす演出家的発想法を導入した小学生向け「くすりの適正使用啓発教材」の開発
  • 2018 - 2019 学校薬剤師対象「体験型くすり教育実践研修会」の実施と効果的なあり方の検討
全件表示
論文 (2件):
  • Naoko Onuma, Rie Nakajima Megumi Abe, Shigeru Matsubara, Eriko Matsuo, Daisuke Shindo. Attitudes toward anti-doping education among coaches of youth athletes. Journal of Sports Medicine & Doping Studies. 2019. J Sports Med Doping stud9. 211
  • Rie Nakajima, Naoko Onuma, Megumi Abe and Miwako Kamei. Involving Pharmacists in Japanese Athletes’ Self-Medication. Journal of Sports Medicine & Doping Studies. 2018. J Sports Med Dop Stud, Vol 8. 3
書籍 (2件):
  • 図解 医薬品情報学 改訂4版
    株式会社南山堂 2019
  • 8大疾患・35症例から臨床を考える 実践事前実習テキスト
    京都廣川書店 2018 ISBN:9784909197290
講演・口頭発表等 (21件):
  • 健康学習支援ツール「日本大学健康かるた」の健康学習への興味・関心を高める効果の検討~付属功での調査~
    (第54回日本薬剤師会学術大会 2021)
  • 薬局薬剤師による薬物治療管理プロトコルに基づく電話サポートがSNRI・SSRI服用患者に与える影響
    (第116回日本精神神経学会学術大会 2020)
  • 「健康かるた(仮称)」制作の進捗報告と今後の展望
    (日本大学学長特別研究シンポジウム 2019)
  • 直接監視下服薬支援が高齢者のフレイルおよび服薬アドヒアランスに与える影響
    (日本医療薬学会第3回フレッシャーズカンファランス 2019)
  • 薬局薬剤師の電話サポートがSNRI・SSRI服用患者の通院継続率に与える影響
    (日本医療薬学会第3回フレッシャーズカンファランス 2019)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1994 日本大学 薬学科
経歴 (2件):
  • 2014/04 - 2015/03 有限会社 薬友
  • 1994/04 - 2014/03 ライフエンタープライズ(株)
委員歴 (12件):
  • 2017/06 - 現在 一般社団法人松戸市薬剤師会 在宅医療連携委員
  • 2017/06 - 現在 一般社団法人松戸市薬剤師会 スポーツファーマシスト委員
  • 2017/04 - 現在 松戸市 松戸市介護認定審査会委員
  • 2016/07 - 現在 一般社団法人 くすりの適正使用協議会 教育啓発委員会委員
  • 2012/09 - 現在 一般社団法人松戸市薬剤師会 企画委員
全件表示
所属学会 (6件):
日本保険薬局学会 ,  日本薬学会 ,  日本薬剤師会 ,  日本薬局学会 ,  日本学校保健学会 ,  日本社会薬学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る