研究者
J-GLOBAL ID:201501049293570455   更新日: 2022年06月27日

峰晴 陽平

Mineharu Yohei
所属機関・部署:
職名: 特定准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (1件): https://kyouindb.iimc.kyoto-u.ac.jp/j/mU6qD
研究分野 (4件): ゲノム生物学 ,  医療管理学、医療系社会学 ,  腫瘍診断、治療学 ,  脳神経外科学
研究キーワード (8件): 髄芽腫 ,  遺伝疫学 ,  膠芽腫 ,  悪性脳腫瘍 ,  もやもや病 ,  脳腫瘍 ,  遺伝学 ,  免疫治療
論文 (112件):
  • Yasuhisa Nakamura, Yohei Mineharu, Takahiko Kamata, Takeshi Funaki, Susumu Miyamoto, Akio Koizumi, Kouji H. Harada. Lack of Association between Seropositivity of Vasculopathy-Related Viruses and Moyamoya Disease. Journal of Stroke and Cerebrovascular Diseases. 2022. 31. 7. 106509-106509
  • Kangrui Huang, Hiroki Matsumura, Yaqi Zhao, Maik Herbig, Dan Yuan, Yohei Mineharu, Jeffrey Harmon, Justin Findinier, Mai Yamagishi, Shinsuke Ohnuki, et al. Deep imaging flow cytometry. Lab on a chip. 2022
  • Chinatsu Umaba, Yohei Mineharu, Nan Liang, Toshiyuki Mizota, Rie Yamawaki, Masaya Ueda, Yukihiro Yamao, Manabu Nankaku, Susumu Miyamoto, Shuichi Matsuda, et al. Intraoperative hand strength as an indicator of consciousness during awake craniotomy: a prospective, observational study. Scientific reports. 2022. 12. 1. 216-216
  • Masahiro Tanji, Yohei Mineharu, Masahiro Kikuchi, Takayuki Nakagawa, Tatsunori Sakamoto, Masaru Yamashita, Mami Matsunaga, Fumihiko Kuwata, Yuji Kitada, Yukinori Terada, et al. Intraoperative Cerebrospinal Fluid Leak Graded by Esposito Grade Is a Predictor for Diabetes Insipidus After Endoscopic Endonasal Pituitary Adenoma Resection. World neurosurgery. 2021
  • Hideo Nakamura, Hirokazu Takami, Takaaki Yanagisawa, Toshihiro Kumabe, Takamitsu Fujimaki, Yoshiki Arakawa, Katsuyuki Karasawa, Keita Terashima, Hideaki Yokoo, Kohei Fukuoka, et al. The Japan Society for Neuro-Oncology Guideline on the Diagnosis and Treatment of Central Nervous System Germ Cell Tumors. Neuro-oncology. 2021
もっと見る
MISC (225件):
  • 鎌田 真由美, 芦根 怜, 峰晴 陽平, 奥野 恭史. 【ゲノム医療におけるデータベース-使い方とコツ】遺伝疾患ゲノム医療関連のデータベース 日本人疾患バリアントデータベースMGeND. 遺伝子医学. 2022. 12. 1. 65-69
  • 溝田 敏幸, 濱田 美帆, 菊池 隆幸, 峰晴 陽平, 山尾 幸広, 服部 悦子[山本], 川内 豪, 米澤 淳, 福井 彩香, 松井 馨大, et al. 覚醒下開頭術麻酔管理の現況 全国アンケート調査. 麻酔. 2021. 70. 11. 1244-1248
  • 荒川 芳輝, 大石 正博, 寺田 行範, 山尾 幸広, 丹治 正大, 峰晴 陽平, 宮本 享. 脳神経外科領域におけるPDTの現状と問題点 脳腫瘍に対する光線力学的治療の治療成績から見た課題. 日本レーザー医学会誌. 2021. 42. 3. 162-162
  • 峰晴 陽平, 松井 恭澄, 鎌田 貴彦, 尾市 雄輝, 森本 貴昭, 寺田 行範, 藤原 敏孝, 丹治 正大, 荒川 芳輝, 宮本 享. 脂質制御因子miR-33a欠損は髄芽腫の発生と転移を促進する. Brain Tumor Pathology. 2021. 38. Suppl. 087-087
  • 荒川 芳輝, 南口 早智子, 阪口 真希, 牧野 恭秀, 丹治 正大, 峰晴 陽平, 羽賀 博典, 宮本 享. 若年成人男性に発症した多発大脳・脳脊髄腫瘍を示す小型未分化細胞腫瘍のDNAメチル化アレイ解析. Brain Tumor Pathology. 2021. 38. Suppl. 087-087
もっと見る
特許 (1件):
書籍 (4件):
  • Moyamoya Disease Explored Through RNF213: Genetics, Molecular Pathology, and Clinical Sciences.
    Springer 2017
  • 脳神経外科プラクティス6「脳神経外科医が知っておくべきニューロサイエンスの知識」
    文光堂 2015
  • 脳神経外科プラクティス5「無症候性脳血管障害を解く」
    文光堂 2015
  • TUMORS OF THE CENTRAL NERVOUS SYSTEM, Volume 13
    Springer 2014
講演・口頭発表等 (7件):
  • 脳動脈瘤の遺伝子解析は血管障害の臨床と研究に如何に貢献するか
    (第49回日本動脈硬化学会学術集会 2017)
  • Synergistic Effects of Regulatory and Memory T Cell Modulation in Dendritic Cell-Based Immunotherapy: Impact of mTOR and NFkB Pathway
    (ICBTRT 2016)
  • Genetics of moyamoya disease: paradigm shift and future prospects.
    (World Federation of Neurosurgical Society 15th World Congress of Neurosurgery 2013)
  • Genetics of Stroke
    (San Fransisco Bay Area Seminar 2010)
  • Genetic background of intracranial aneurysm and moyamoya disease
    (UCSF Center for Cerebrovascular Research Seminar 2010)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2004 - 2008 京都大学大学院 医学研究科
  • 1995 - 2001 京都大学 医学科
学位 (1件):
  • 医学博士 (京都大学大学院)
経歴 (3件):
  • 2021/06 - 現在 京都大学 健康医療AI講座 特定准教授
  • 2015/04 - 2021/05 京都大学 医学部 脳神経外科 助教
  • 2008/09 - 2011/08 シーダスサイナイ医療センター 遺伝子治療研究所 博士研究員
委員歴 (2件):
  • 2015 - 現在 もやもや病(ウィリス動脈輪閉塞症)の診断・治療に関する研究班 研究協力者
  • 2016/04 - 2018/03 京都大学 学融合フェロー
受賞 (1件):
  • 2011/05 - Cedars-Sinai Medical Center Maleniak賞(最優秀ポスドク賞)
所属学会 (8件):
The Mt. Fuji Workshop on CVD ,  日本脳腫瘍病理学会 ,  日本脳腫瘍の外科学会 ,  日本脳腫瘍学会 ,  日本脳卒中の外科学会 ,  日本脳神経血管内治療学会 ,  日本脳卒中学会 ,  日本脳神経外科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る