研究者
J-GLOBAL ID:201501049293570455   更新日: 2020年09月01日

峰晴 陽平

Mineharu Yohei
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (4件): ゲノム生物学 ,  医療管理学、医療系社会学 ,  腫瘍診断、治療学 ,  脳神経外科学
研究キーワード (4件): もやもや病 ,  脳腫瘍 ,  遺伝学 ,  免疫治療
論文 (80件):
  • Atsuko Shiraki, Wataru Goto, Hiroshi Fukagawa, Yoshiki Arakawa, Takayuki Kikuchi, Yohei Mineharu, Yukihiro Yamao, Takayuki Yasuda, Etsuko Hattori, Ayaka Fukui, et al. Effects of low-dose remifentanil infusion on analgesic or antiemetic requirement during brain function mapping: A retrospective cohort study. Acta anaesthesiologica Scandinavica. 2020. 64. 6. 735-741
  • Yukihiro Yamao, Jun C Takahashi, Takeshi Funaki, Yohei Mineharu, Takyuki Kikuchi, Tomohisa Okada, Kaori Togashi, Susumu Miyamoto. Revascularization Surgery in Childhood Associated with a Low Incidence of Microbleeds in Adult Patients with Moyamoya. World neurosurgery. 2020. 133. e716-e721
  • Takeshi Funaki, Hiroharu Kataoka, Kazumichi Yoshida, Takayuki Kikuchi, Yohei Mineharu, Masakazu Okawa, Yukihiro Yamao, Susumu Miyamoto. The Targeted Bypass Strategy for Preventing Hemorrhage in Moyamoya Disease: Technical Note. Neurologia medico-chirurgica. 2019. 59. 12. 517-522
  • 牧野 恭秀, 荒川 芳輝, 丹治 正大, 峰晴 陽平, 吉田 和道, 片岡 大治, 宮本 享. 脳腫瘍のPDT アップデート 悪性脳腫瘍に対する光線力学的治療(PDT)の治療成績と課題. 日本レーザー医学会誌. 2019. 40. Suppl. S76-S76
  • Akinori Miyakoshi, Takeshi Funaki, Jun C Takahashi, Yasushi Takagi, Takayuki Kikuchi, Kazumichi Yoshida, Hiroharu Kataoka, Yohei Mineharu, Masakazu Okawa, Yukihiro Yamao, et al. Restoration of periventricular vasculature after direct bypass for moyamoya disease: intra-individual comparison. Acta neurochirurgica. 2019. 161. 5. 947-954
もっと見る
MISC (159件):
  • 牧野 恭秀, 荒川 芳輝, 丹治 正大, 峰晴 陽平, 吉田 和道, 片岡 大治, 宮本 享. 脳腫瘍のPDT アップデート 悪性脳腫瘍に対する光線力学的治療(PDT)の治療成績と課題. 日本レーザー医学会誌. 2019. 40. Suppl. S76-S76
  • 寺田 行範, 城 憲秀, 荒川 芳輝, 峰晴 陽平, 宮本 享, 山田 泰広. 多能性ネットワークがAT/RTの形成と腫瘍の悪性度を促進している(Embryonic stem cell signature drives atypical teratoid/rhabdoid tumor development and poor prognosis). 日本癌学会総会記事. 2019. 78回. E-1086
  • 山田 大輔, 丹治 正大, 桑田 文彦, 南口 早智子, 峰晴 陽平, 荒川 芳輝, 宮本 享. 非機能性下垂体腺腫に対し放射線治療を行った20年後に発症したradiation-induced chondrosarcomaの一例. Brain Tumor Pathology. 2019. 36. Suppl. 100-100
  • 松井 恭澄, 峰晴 陽平, 荒川 芳輝, 丹治 正大, 牧野 恭秀, 服部 悦子, 住吉 壮介, 安田 崇之, 宮本 享. Tumefactive multiple sclerosisと診断されていたdiffuse midline gliomaの1例. Brain Tumor Pathology. 2019. 36. Suppl. 109-109
  • 住吉 壮介, 荒川 芳輝, 南口 早智子, 丹治 正大, 峰晴 陽平, 宮本 享. 頭蓋外転移を来した膠芽腫の1例. Brain Tumor Pathology. 2019. 36. Suppl. 118-118
もっと見る
特許 (1件):
書籍 (4件):
  • Moyamoya Disease Explored Through RNF213: Genetics, Molecular Pathology, and Clinical Sciences.
    Springer 2017
  • 脳神経外科プラクティス6「脳神経外科医が知っておくべきニューロサイエンスの知識」
    文光堂 2015
  • 脳神経外科プラクティス5「無症候性脳血管障害を解く」
    文光堂 2015
  • TUMORS OF THE CENTRAL NERVOUS SYSTEM, Volume 13
    Springer 2014
講演・口頭発表等 (7件):
  • 脳動脈瘤の遺伝子解析は血管障害の臨床と研究に如何に貢献するか
    (第49回日本動脈硬化学会学術集会 2017)
  • Synergistic Effects of Regulatory and Memory T Cell Modulation in Dendritic Cell-Based Immunotherapy: Impact of mTOR and NFkB Pathway
    (ICBTRT 2016)
  • Genetics of moyamoya disease: paradigm shift and future prospects.
    (World Federation of Neurosurgical Society 15th World Congress of Neurosurgery 2013)
  • Genetics of Stroke
    (San Fransisco Bay Area Seminar 2010)
  • Genetic background of intracranial aneurysm and moyamoya disease
    (UCSF Center for Cerebrovascular Research Seminar 2010)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2004 - 2008 京都大学大学院 医学研究科
  • 1995 - 2001 京都大学 医学科
学位 (1件):
  • 医学博士 (京都大学大学院)
経歴 (2件):
  • 2015/04 - 現在 京都大学 医学部 脳神経外科 助教
  • 2008/09 - 2011/08 シーダスサイナイ医療センター 遺伝子治療研究所 博士研究員
委員歴 (2件):
  • 2015 - 現在 もやもや病(ウィリス動脈輪閉塞症)の診断・治療に関する研究班 研究協力者
  • 2016/04 - 2018/03 京都大学 学融合フェロー
受賞 (1件):
  • 2011/05 - Cedars-Sinai Medical Center Maleniak賞(最優秀ポスドク賞)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る