研究者
J-GLOBAL ID:201501049907265832   更新日: 2022年06月28日

中矢 正

ナカヤ タダシ | Nakaya Tadashi
所属機関・部署:
職名: 講師
ホームページURL (1件): https://kaken.nii.ac.jp/d/r/50374559.ja.html
研究分野 (1件): 神経科学一般
研究キーワード (21件): RNA ,  FUS ,  ALS ,  アルツハイマー病 ,  APP ,  FE65 ,  リン酸化 ,  細胞死 ,  DNA損傷 ,  核内移行 ,  細胞内情報伝達機構 ,  ストレス応答 ,  AICD ,  βアミロイド ,  X11L ,  神経変性疾患 ,  セクリターゼ ,  神経変性 ,  神経 ,  タンパク質相互作用 ,  認知症
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2022 - 2026 ALS原因因子FUSの細胞外分泌分子機構の解明
  • 2018 - 2021 FUSR495X変異体による結合RNAを介したALS発症分子機構の解明
  • 2015 - 2018 大規模シーケンシングを用いたALS原因因子FUSによる疾患発症機構の解明
  • 2008 - 2009 FE65による細胞内情報伝達機構の解明
  • 2005 - 2006 APP細胞内領域断片のリン酸化による細胞内情報伝達経路の制御機構解明
全件表示
論文 (43件):
  • Tadashi Nakaya. A specific gene-splicing alteration in the SNRNP70 gene as a hallmark of an ALS subtype. Gene. 2022. 818. 146203
  • Daiki Kawahara, Toshiharu Suzuki, Tadashi Nakaya. Cytoplasmic granule formation by FUS-R495X is attributable to arginine methylation in all Gly-rich, RGG1 and RGG2 domains. Genes to Cells. 2021. 26. 3. 190-197
  • Tadashi Nakaya. Dissection of FUS domains involved in regulation of SnRNP70 gene expression. FEBS Letters. 2020. 594. 21. 3518-3529
  • Saori Hata, Anqi Hu, Yi Piao, Tadashi Nakaya, Hidenori Taru, Maho Morishima-Kawashima, Shigeo Murayama, Masaki Nishimura, Toshiharu Suzuki. Enhanced amyloid-β generation by γ-secretase complex in DRM microdomains with reduced cholesterol levels. Human molecular genetics. 2020. 29. 3. 382-393
  • Shiraishi T, Sakaitani M, Otsuguro S, Maenaka K, Suzuki T, Nakaya T. Novel Notch signaling inhibitor NSI-1 suppresses nuclear translocation of the Notch intracellular domain. International journal of molecular medicine. 2019. 44. 4. 1574-1584
もっと見る
MISC (32件):
学位 (1件):
  • 博士(薬学) (東京大学)
経歴 (2件):
  • 2020/04 - 現在 国際医療福祉大学 福岡薬学部 講師
  • 2013/10 - 2020/03 北海道大学 薬学研究科(研究院) 助教
所属学会 (2件):
日本神経化学会 ,  日本RNA学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る